テーマ:テレビ

女子ゴルフ デサントレディース東海クラシック

 9月18日から20日まで愛知県の新南愛知カントリークラブ、美浜コース、6456ヤード、パー72で行われ古江彩佳がトータル201、11アンダーで、プレーオフの末に東浩子を下してプロ初優勝をした。アマチュアとしてはツアー優勝があるものの、プロとしてはツアー初優勝。東は東軍団なんて記事が踊っていたが、初優勝はこちらはならなかった。笹生優花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第53回日本女子ゴルフ選手権コニカミノルタカップ

 9月10日から13日まで岡山県のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で国内女子ツアーの今季初メジャー大会となる日本女子ゴルフ選手権コニカミノルタカップが6640ヤード、パー72で行われ、永峰咲希が276、12アンダーで大会初優勝を飾った。永峰は25歳であるが中堅と言われてしまうのか…男性だとまだ若手と言われる年齢であるが。  昨年優勝の畑岡奈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第48回フジサンケイクラシック

 8か月ぶりの男子ゴルフツアー国内開幕戦となるフジサンケイクラシックが富士桜カントリー倶楽部7566ヤード、パー71で行われ、星野陸也が4日間トータル275、9アンダーで最終日64で猛チャージをかけてきた堀川未来夢をプレーオフの末に下して優勝した。  3日目にトップに立った星野は最終日は70であったが、順調にスコアを伸ばした感じかなぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニトリレディスゴルフトーナメント2020

 8月27日から30日まで北海道小樽市の小樽カントリー倶楽部、6695ヤード、パー72で行われ、笹生優花が275の13アンダーで2週連続優勝を果たした。  笹生は2日目からトップに立ち、最終日は小祝との一騎打ちを制した。小祝さくらは2打差の11アンダーの2位。  笹生は初優勝から2戦連続の優勝は史上3人目、10代での2週連続優勝は宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIG全英女子オープンゴルフ2020

 女子ゴルフのコロナ後初めてとなるメジャー大会がスコットランドで行われ、優勝経験のないソフィア・ポポフが4日間トータル277、7アンダーで初優勝を果たした。   アメリカの下部ツアーを主戦場とする選手で、そのツアーでも優勝経験がないという。ドイツ人でドイツ人女性として初めてのメジャー大会制覇だという。ポポフは初日から2位につけ、3日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント2020

 8月14日から16日まで6月24日から27日まで行われたアースモンダミンカップ以来となる女子国内ツアーとなるNEC軽井沢72ゴルフトーナメントが行われ、笹生優花が3日間トータル200、16アンダーでプロ2戦目で初優勝を果たした。 2日目終了時点で2打差の3位につけていた笹生は最終日63のコースレコードタイで回り逆転で優勝。飛距離とジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第92回箱根駅伝予選会

 本番前に10月17日に陸上自衛隊立川駐屯地から国立昭和公園の20キロで行われ、日本大学、帝京大学、日本体育大学、順天堂大学、神奈川大学、拓殖大学、法政大学、中央大学、東京国際大学、上武大学が本選出場権を得た。  11位に国士舘大学、12位に東京農業大学、13位に國學院大学、前回本選初出場を果たした創価大学といったところは本選出場はな…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

第35回クイーンズ駅伝

 12月13日、全日本実業団女子駅伝が松島から仙台市陸上競技場までの全6区間、42.195キロで行われ、デンソーが大会新記録となる2時間14分22秒のタイムで史上3チーム目の3連覇を達成した。  レース前はデンソー、ダイハツ、ユニバーサルエンタテイメントの三つ巴とTBSでは予想していたらしいが...  1区ではダイハツが先頭に立った…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第69回福岡国際マラソン

 12月6日、リオ五輪男子マラソン代表の選考レースのひとつである福岡国際マラソンが行われた。  レースは波乱含みで世界記録保持者のデニス・キメット(ケニア)が5キロ過ぎで棄権、川内優輝が10キロ過ぎで先頭集団から脱落するなどしたが、昨年優勝のパトリック・マカウ(ケニア)が2時間08分18秒のタイムで連覇を達成した。  日本人の最高位…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

KEIRINグランプリ2015

 12月28日から30日まで京王閣競輪場で行われ、30日のメインのKEIRINグランプリは浅井康太(三重)が初優勝した。  優勝賞金1億160万円を加え1億8963万3600円を獲得して初めての賞金王にも輝いた。2位は新田祐大(福島)、3位は平原康太(埼玉)となった。  28日のガールズグランプリ(小林優香・福岡)、29日のヤンググ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山女子駅伝2015

 3週間ぶりですが、既に大晦日、一気に大掃除?ではありませんが、まずは昨日行われた全日本大学女子選抜駅伝競走こと富士山女子駅伝を取り上げます。  立命館大学をどこが止めるかというよりも杜の都駅伝に続いて全区間区間賞を獲得して優勝するかというところに興味が行くレースであった。  立命館大学は大森が欠場したが、代わりに全日本に出場しなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK杯フィギュア2015 男子シングル

 羽生結弦のとんでもない世界最高点が出たNHK杯フィギュア男子シングルを取り上げます。  羽生はSPで106.33というSPでも世界最高点をマークし、フリーでも216.07点出してフリーも世界最高点、合計で初の300点超え(322.40点)であったが、余裕で300点を超える合計って意味不明で織田信成と鈴木明子はあごが外れたといっただけ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

NHK杯フィギュア2015 ペア

 NHK杯フィギュア、ペアを取り上げます。  ペアは昨シーズンのGPファイナル&世界選手権の金メダリストであるメーガン・デュアメル&エリック・ラフォード組(カナダ)が2位に11.7点差をつけて貫禄の優勝を果たした。  2位は中国のペア、3位はアメリカのペア。2位と3位は0.36点差、4~6位は1.5点差しかないが、3位と4位は8.9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK杯フィギュア2015 アイスダンス

 11月28・29日に行われたNHK杯フィギュアのアイスダンスを取り上げます。  アイスダンスはアメリカのシブタニ兄妹がショートダンス1位になり、フリーダンスも得点を伸ばして2度目の優勝を果たした。ショートダンスはアメリカ、アメリカ、ロシア、ロシアの順であったが、最後は2位と3位がひっくり返った。  シブタニのアニキは優勝インタビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK杯フィギュア2015 女子シングル

 11月27、28日に長野のビックハットで行われたNHK杯の女子シングルを取り上げます。  浅田真央はSPで精彩を欠いて4位でスタートすると、フリーでも挽回できず3位に終った。一方宮原知子はSPでトップに立つとフリーでも順調に得点を伸ばし、SP、フリーとも1位で2位に19.99点、約20点離しての余裕の優勝であった。ちなみに宮原の得点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ATPツアーファイナル グループリーグ

 11月15日から22日までロンドンのO2アリーナで男子テニスツアーの最終戦であるツアーファイナルのグループリーグ戦を取り上げます。  男子の年間ポイント獲得上位8名しか出場できず、2グループに分かれ、各組上位2名ずつが準決勝に勝ち上がり決勝で優勝者を決めるという大会である。  錦織圭が昨年に続いて出場したが、初戦でジョコビッチに事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第69回全日本体操選手権団体

 11月28・29日に国立代々木第一体育館で体操の団体ナンバーワンを決める大会が行われた、結果からいうと男女とも日本体育大学が5年ぶり2度目のアベック優勝を果たした。  内村航平らがいるコナミスポーツはゆか、あん馬、吊り輪で優勝した日本体育大学に水をあけられたのが大きく、優勝はおろか表彰台も逃す4位と意外な成績であった。  男子の2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第47回全日本大学駅伝

 学生3大駅伝の2つ目である全日本大学駅伝が11月1日、熱田神宮から伊勢神宮を結ぶ全8区間、全長108.6キロのコースで行われ、東洋大学が5時間13分4秒のタイムで初優勝を果たした。3冠を狙った青山学院大学は1分4秒差の2位、3位に駒澤大学が入った。以下早稲田、東海、明治がシード権を獲得した。  関東以外の大学での最高位は京都産業大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第25回日本シニアオープンゴルフ選手権大会

 10月29日から11月1日まで三重県のCOCOPA REZORT CLUB白山ヴィレッジゴルフコースQUEENコースで行われ、平石武則が4日間トータル279、通算9アンダーで初優勝を果たした。12人目のチャンピオンである。  大会は初日は加瀬秀樹が65でトップに立つが、その後スコアを下げる。その後平石が出たりするが、最終日15番で室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第63回全日本剣道選手権大会

 11月3日文化の日に日本武道館では恒例の剣道日本一を決める全日本剣道選手権が行われ、熊本の西村英久が初優勝を果たした。  昨年優勝の竹ノ内佑也が3回戦で敗退、複数回優勝の内村良一は2回戦で敗退するなどあった。  決勝は竹ノ内を破った勝見洋介(神奈川県)の戦いで西村が制した。  今回は九州勢の健闘が目立ち、ベスト4に勝見を除く3名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回さいたま国際マラソン

 昨年で終了した横浜国際女子マラソンやハーフマラソン主体のさいたまシティマラソンの後継大会として11月15日にさいたまスーパーアリーナを発着点とするさいたま国際マラソンが行われた。  女子の五輪選考レースを兼ねただけでなく、ロシアの資格停止が決まったことでも注目を浴びた。  エリートコースは女子だけで、男子は一般ランナーとして出場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィギュアスケートGPシリーズ’15 中国杯

 11月6・7日に中国・北京でフィギュアスケートのグランプリシリーズンの第3戦である中国杯が行われた。  注目はなんといっても浅田真央の競技者としての復帰であった。  浅田はSPで71.73点をたたき出して、2位の本郷理華に6点近くの差をつけてトップに立つと、フリーではミスも目立ったが、SPの貯金もあったのか逃げ切って復帰戦優勝(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第34回フジサンケイレディスクラシック

 4月24日から26日まで静岡県の川奈ホテルゴルフコース富士コース6367ヤード、パー72で女子国内ゴルフのフジサンケイレディスクラシックが行われ、藤田光里がトータル209、7アンダーでプロ初優勝を果たした。  一ノ瀬優希の復活優勝なるかと思われたが、最終日に稀に見る混戦となり、2打差以内に11人もいた。藤田の最終18Hでバーディがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第69回全日本体操選手権

 4月24日から26日まで代々木第一体育館で世界選手権等の代表選考会を兼ねた体操の全日本選手権が行われた。  男子は内村航平が182.700点で8連覇を達成し、史上最多の8度目の優勝を果たした。2位は田中佑典、3位は加藤凌平、4位は早坂尚人、5位は野々村笙吾、6位に山室光史と萱和磨、8位に田中和仁が入った。白井健三は11位、兄でアジア…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

全日本フィギュア2014

 12月26日から28日まで長野・ビックハットで全日本フィギュアが行われた。  男子シングルは羽生結弦がSP、フリーともに1位で合計も286.86点で3連覇を達成した。2位は高校生でジュニアグランプリファイナルを制した宇野昌磨、3位は今季精彩を欠いていた小塚崇彦となった。  羽生が町田に約4点差をつけると、フリーでは一人旅状態となっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメフト Xジャパンボウル&甲子園ボウル

 1月3日にライスボウルが行われますが、その出場権を懸けた戦いである学生日本一決定戦である第69回甲子園ボウルが14日甲子園球場で、社会人日本一を決める第28回ジャパンXボウルが15日東京ドームでそれぞれ行われた。  甲子園ボウルは関西学院大学と日本大学という昨年と同じカードで行われ、55-10(14-0、17-10、14-0、10-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KEIRINグランプリ2014

 12月30日に初めて関西に舞台を移して岸和田競輪場でKEIRINグランプリが行われ、武田豊樹が初Vとなった。  レースは打鐘後に平原康太が出ていたが、武田がトップを奪い逃げ切った。2着は村上博幸、3着は村上義弘で村上兄弟が2・3着で博幸は弟、義弘は兄である。弟は兄と異なり先攻ではないレース振りであった。  出場9名は1枠1番・村上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ATPツアーファイナル2014

 2014年を振り返るというわけではありませんが、今年は何といっても錦織圭の全米OPでの準優勝でのブレーク振りが話題となった。この勢いを生かしたのか、ツアーのファイナルに初出場をはたした。ということで11月に行われたツアーファイナルの準決勝を取り上げます。  錦織圭はグループリーグでアンディ・マレーに勝利すると、ロジャー・フェデラーに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014大学女子駅伝

 10月26日に宮城県で行われた第32回全国大学女子駅伝と12月23日に静岡県で行われた富士山女子駅伝を取り上げます。  第32回全国大学女子駅伝は1区で今年も転倒があったが、立命館の大森菜月が今年も区間賞を獲得した。1区でトップに立った立命館は2区から4区まで2位以下を引き離した。最長の5区で津田真衣が久しぶりのレースということもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年度高校駅伝

 12月21日に京都西京極陸上競技場を発着する高校駅伝が行われ、男子は世羅(広島)が3年ぶり8回目、女子は薫英女学院(大阪)が初優勝を果たした。  男子は1区では伊賀白鳳がトップに立ったが、2区で市立船橋がトップになる。3区で世羅のポール・カマイシが区間賞の走りでトップに立つと、4区以降も後続を引き離して独走となり、大会記録の更新はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more