プロ野球2021 4月第2週の週末の試合

 4月9日から11日の試合をいくつか取り上げます。  広島は本拠地で巨人を迎え打ち2勝1敗でカード勝ち越しを決めた。  9日の1回戦は広島・大瀬良、巨人・菅野の先発で始まり、1回に菊池の先頭打者ホームランで先制、鈴木誠也の一発も出た。その後は点が動くことなく2-0で広島が勝利したが、巨人は残塁が多くなんだかなぁ。  翌10日の2回…
コメント:0

続きを読むread more

全豪OPテニス 準決勝&準々決勝

 全豪OPテニス、大会9日目から12日までを取り上げます。  9・10日目は準々決勝が行われ、4回戦で苦戦した大坂なおみは台湾の謝と対戦して6-2,6-2のストレートで勝利。4回戦に続いて苦戦するのではないかという見方もあったが、意外とあっさりと片付けた。  11・12日目は準決勝が行われ、この日から大会途中から無観客にになっていた…
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球2021 田中将大、日本復帰登板

 田中将大の日本復帰試合となるファイターズ対イーグルス5回戦が東京ドームで行われ、ファイターズが4-1で勝利した。  ファイターズ・上沢、イーグルス・田中の先発で始まり、初回に中田の2ランでファイターズが先制、2回に石井にも一発が出る。田中の降板後の6回に中田はまた一発を放つ。イーグルスは2回に1点を入れたのみであった。上沢は7回1失…
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球2021 開幕3連戦 ジャイアンツ対ベイスターズ

 プロ野球も2巡目に入り、ハマスタでベイスターズとジャイアンツ戦が行われていましたが、開幕もこの両チームで行われてました。  ということで取り上げ忘れた開幕3連戦を取り上げます。  3月26日の開幕戦はジャイアンツ・菅野、ベイスターズ・濱口の先発で始まり、ジャイアンツが1回に3点を入れたが、大城・松原が凡退して濱口をKO出来ず、ベイ…
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球2021 ジャイアンツ対ドラゴンズ4~6回戦

 4月13日から15日まで東京ドームでジャイアンツとドラゴンズの3連戦が行われ、ジャイアンツが今季初の3タテをした。  13日の4回戦はジャイアンツ・サンチェス、ドラゴンズ・大野の先発で始まり、1回にジャイアンツが3番に入った梶谷のタイムリーで先制、2回にドラゴンズは四死球で2人ランナーが出て、内野ゴロ、ゲッツー崩れで同点にする。7回…
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球2021 4月第1週の週末

 4月2日から4日のプロ野球の一部を取り上げます。  この週末はジャイアンツがスワローズと東京ドームで3連戦を行い、1勝1敗1分けに終わったが、2日の1回戦は菅野が1回飛ばしもあり、野上が先発、スワローズは小川の先発で、6回に村上の2ランによる得点だけで、スワローズが2-0で勝利。  この余韻を受けたのか、翌3日の2回戦で村上は第1…
コメント:0

続きを読むread more

バレーボール男子V1リーグ2020ー21シーズンファイナル

 4月4日に船橋アリーナでバレーボールのリーグファイナルが行われ、サントリーサンバーズがパナソニックパンサーズを3-0(25-21、25-23、25-20)で下して14シーズンぶり8度目の優勝を果たした。  レギュラーラウンドの1位と2位による対決であったが、1位のサントリーが勝利。サントリーは4季ぶりに復帰した柳田らの活躍によってパ…
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球2021 タイガース対ジャイアンツ1~3回戦

 4月6日から8日まで甲子園球場で伝統の3連戦が行われ、タイガースが2勝1敗で勝ち越した。  1回戦はタイガース・西、ジャイアンツ・サンチェスの先発で始まり、2回にタイガースが2点を先制すると、3回にも得点して、サンチェスをKOする。代わった大江からも得点をする。ジャイアンツは5回に香月の2ランのみであり、7回終了時に突如として試合終…
コメント:0

続きを読むread more

世界フィギュア2021

 3月22日から28日までスウェーデンのストックホルムでフィギュアスケートの世界選手権が行われた。今回の世界選手権は次回の出場枠だけでなく五輪の出場枠がかかっているため、いつもの年よりも重要となる。  男子シングルはSP3位のネイサン・チェンが320.88点で逆転金メダル。2位はSP2位の鍵山優真、3位はSP1位であった羽生結弦、4位…
コメント:0

続きを読むread more

3月のラジオを振り返る その2と改変期

 3月のラジオを振り返りつつ、改変期のラジオを取り上げます。  3月最後のゆうゆうワイドでは昨年3月をもって降板したさこみちよがゲスト出演。お色気大賞の特選販売による出演であった。降板後1年ぶりとなる出演であった。この1年TBSラジオでさこがナレーションをするCMは放送されていたので不気味であったが解消かなぁ。41年も大沢悠里と組んで…
コメント:0

続きを読むread more

令和3年春場所終盤戦

 春場所パート3終盤戦です。  11日目が行われた24日に鶴竜が引退を表明した。ようやく引退横審の動きについに観念したのかなぁ。引退しても親方になれないという不安がよぎったか?  高安が2差をつけてトップを快走していたが、11日目に苦手の正代に敗れると、12日目は白星であったが、13日目以降は黒星で、千秋楽は隆の勝という予想を裏切り…
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和3年春場所中盤戦

 大相撲春場所中盤戦を取り上げます。  照ノ富士が結局優勝しましたが、中盤戦10日目を終えた時点では高安が1敗で、2敗がいなく、照ノ富士は中日で高安との直接対決で敗れ、10日目は志摩の海に敗れた際に痛めた箇所が出たらしい。そして序盤戦で盛り上げた妙義龍が6日目から連敗。  序盤1勝4敗スタートだった初場所優勝の大栄翔は中盤は6日目に…
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球2021 ドラゴンズ対ジャイアンツ1~3回戦

 3月30日から4月1日までネーミングライツでナゴヤドームからバンテリンドームに改称した球場で行われたドラゴンズの本拠地開幕カード3連戦を取り上げます。  30日の初戦はドラゴンズ・大野、ジャイアンツ・サンチェスの先発で始まり、ジャイアンツは2回に先制、裏に逆転されるも、3回に同点にする。8回にお互い点を入れて結局3-3の引き分け。 …
コメント:0

続きを読むread more

2021年3月の首都圏ラジオを振り返る

 4月も2日になりましたので3月のラジオを振り返ります。  3月は番組終了、中島信也、伊集院光かなぁ。  番組終了はいろいろありまして、文化放送では上田まりえ(月~木)と鈴木あきえ(金)のなな→きゅうが終了。2年間であった。鈴木あきえの産休中は高橋みなみが代理を務めた。高橋みなみは昨年9月までTOKYOFMでの平日午後の帯が終了して…
コメント:0

続きを読むread more

第93回選抜高校野球選手権 大会2日目

 選抜甲子園も東海大相模の優勝で幕を閉じましたが、記事にしていなかった大会2日目を取り上げます。  3月20日に1回戦3試合が行われた。  第1試合は天理が宮崎商を7-1で下した。  天理は2回に2点を取ると、中盤は点が入らなかったが、7回に4点、8回に1点を加える。宮崎の反撃は8回の1点のみで、達は完投勝利。準決勝では投げなかっ…
コメント:0

続きを読むread more

第93回選抜高校野球選手権決勝戦

 選抜甲子園大会最終日は決勝戦が行われ、東海大相模が明豊に3-2、9回サヨナラ勝ちで、10年ぶり3度目の選抜制覇を果たした。  相模は石田ではなく石川、明豊は太田の先発で始まり、明豊が先に点を取り、相模が追いつく形となったが、9回に1死満塁からコジマのタイムリーで相模が今大会を象徴するようなゲームで最後を締めた。  相模は5試合で失…
コメント:0

続きを読むread more

第93回選抜高校野球選手権 大会10日目

 選抜甲子園大会10日目は準決勝2試合が行われた。  第1試合は東海大相模が2-0で天理を下す。  相模はエース・石田が先発であったが、天理は達ではなく、仲川の先発であった。1回に相模が先制すると以降は点が入らず、9回にバッテリーエラーの間に2点目が入る。石田は完封した。  第2試合は明豊が中京大中京を5-4で下す。  明豊・太…
コメント:0

続きを読むread more

大阪国際女子マラソン&名古屋ウィメンズマラソン2021

 1月31日に行われた大阪国際女子マラソンと3月14日に行われた名古屋ウィメンズマラソンを取り上げます。  前者はコロナ下での密防止のためなのか長居公園の周回コースとなった。  一山麻緒が2時間21分11秒のタイムで優勝した。前田穂南が2時間23分30秒の自己新記録で2位に入った。  このレースは周回コースと、ペースメーカーに男性…
コメント:0

続きを読むread more

第93回選抜高校野球選手権 大会9日目

 選抜甲子園大会9日目は準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出そろった。  第1試合は天理が仙台育英を10-3で下す。  天理が1回に2点を先制、3回に仙台育英が追いつき競った展開になると思ったが、天理は4回に4点、5・6回にも2点ずつ入り天理が差をつける。天理・達は8回まで投げる。仙台育英は8回に1点を返すのみ。  第2試合は東海…
コメント:0

続きを読むread more

全豪OPテニス2021 3・4回戦

 全豪オープンテニス、3・4回戦を取り上げます。  大坂なおみは大会5日目の3回戦でジャバーに6-3、6-2のストレートで下す。その前の謝とエラーニの試合が長引く長引く(謝が6-4、2-6、7-5で下す。ベテラン同士の趣のアル一戦であった。)  大坂の準々決勝は大会7日目、4-6、6-4、7-5でムグルサをなんとかかんとか下す。この…
コメント:0

続きを読むread more