3月のラジオを振り返る その2と改変期

 3月のラジオを振り返りつつ、改変期のラジオを取り上げます。
 3月最後のゆうゆうワイドでは昨年3月をもって降板したさこみちよがゲスト出演。お色気大賞の特選販売による出演であった。降板後1年ぶりとなる出演であった。この1年TBSラジオでさこがナレーションをするCMは放送されていたので不気味であったが解消かなぁ。41年も大沢悠里と組んでいたというのも驚きである。
 TBSラジオで言えば、日曜朝のプレシャスサンデーの後番組はいくつかに分けられ、そのうちの一つは3月でテレビのレギュラーが終了した石橋貴明が7時台の1時間担当。とんねるずは木梨がすでに土曜日に番組担当でとんねるずが週末午前中に声が聴ける形となる。
 そのほか日曜午前には8時から2時間本仮屋ユイカと有村昆という異色のコンビによる地方創生番組が始まった。
 新番組ではないが、4月4日に東京都小平市の市長選が行われ、小林洋子という新人が初当選し、与野党対決と言われた選挙を制したが、この新市長はかつてTBSラジオキャスターをしていたという。年齢からいって90年代後半に担当していたのかなぁ?
 負けた候補者に対しては丸川珠代や河野太郎も応援演説をし、ラジオでもコメントすることのある東京医師会の尾崎会長も負けた候補の応援演説をしていたと日刊ゲンダイに書かれていた。
 またたまむすびでは通販のコーナーがジャパネットたかたから快適生活に変更。金曜日はすでに変更していたが、赤江珠緒の曜日も変更となった。ジャパネットは00年代中盤から後半も2・3度降板しその都度復活していたが、今度はどうなるのか?ということでジャパネットたかたのコーナーは文化放送のみになるのかなぁ?首都圏では。
 文化放送はこの改変からワイドFM導入時から無くなっていたQRソングが復活した。
 またナイターオフに放送されていた卒アルラジオが日曜午後7時台に移動。週一で火曜日担当の乃木坂46の秋元真夏が担当し、前番組の岡副麻希のほくほくみゅーじっくでアシスタントをしていた坂口アナが引き続きこの時間帯でアシスタントをする。
 ライオンズナイターは今季も午後5時55分からの中継開始のため、5時45分からの試合開始時にはニッポン放送と異なり放送開始とはならない。
 ニッポン放送は平日夕方の辛坊治郎はテレビと異なり降板せずお休みという形で代わりにスペシャルコメンテーターが曜日ごとにいて担当している。ANNは1部から2部降格が出たりと変動がいくつかあった。
 TBSで伊集院光とラジオとでは3月24日にゲストに元NHKの刈屋富士夫が出演していたが、昨年定年となってNHKを退職し、民間企業に就職してスポーツ支援の活動をしているコメントをしていた。NHK退職後は初めてのラジオ出演になるのかなぁ?
 森本毅郎のテレビ番組の宣伝がBSに移動ということでラジオでやたらされていた。
 生島の6000回やカンニング竹山の広告費騒動は後者はまだ続きそうなので4月の時に取り上げます。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント