サッカーキリンチャレンジカップ 日本対ウルグアイ戦&ベネズエラ戦

 9月5日札幌ドームでウルグアイ、9日横浜国際総合競技場でベネズエラと対戦して、ウルグアイとは0-2、ベネズエラとは2-2の引き分けに終わった。
 ワールドカップブラジル大会で予選リーグ敗退に終った日本であったが、2戦を見る限り、負けた元凶のひとつである守備に関しては相変わらずであった。南アフリカ大会での余りの守備的な戦いに懲りて攻撃的なサッカーへの転換を果たしたが、上手くいかなかったが、選手はそこまで頭を回そうというう感じもあるように思えなかった風に俺は感じた。
 アギーレの評価云々以前の問題だからなぁ。欧州がユーロの予選があるため国際Aマッチが組まれたと思われるがセルジオ越後言うところの興行の域は脱出していないなぁ。まぁ協会自体がワールドカップの反省よりも次の監督ばかりに頭が行っていたからなぁ。
 武藤はベネズエラ戦でゴールを決めてアギーレ監督体制下での初ゴールを生んだ。武藤は浦和との4-4の試合で2ゴールを決めて話題となり、しかも慶大生ということも話題となった。いきなりのビックチャンス到来であるがこのまま突っ走ってほしい。つまらないところでつまずかないでほしい。

採点はウルグアイ戦はフジテレビ、ベネズエラ戦はテレビ朝日
ウルグアイ戦
実況:西岡孝洋。特になし。 6.0
解説:宮本恒靖。このスタイルがテレビ局的に貫き通してくれるかが心配である。地上波よりもBSやCSっぽいなぁ。 6.5
リポート:青嶋達也。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
OP等:ジョン・カビラ、宮本恒靖、永島優美。永島は永島昭浩の娘でフジの新人アナ。宮澤を通り越して本田のポジションにつくのか、それともこの日はボクシングもあったから単に呼ばれただけなのか? 5.5

ベネズエラ戦
実況:進藤潤耶。特になし。 6.0
解説:松木安太郎、中山雅之、名波浩(ピッチ解説)。監督が代わっても態度変わらず。松木はPKだろうを連発したがPKにはならなかったし。 4.0
リポート&インタビュー:吉野真治。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
スタジオ:川平慈英、竹内由恵、セルジオ越後。特になしというか竹内はパンパシよりかはチョットはマシ。 5.5

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック