平成26年全日本柔道選手権大会

 4月29日柔道日本一を決める全日本柔道が日本武道館で行われ、王子谷剛志が決勝で上川大樹を大外刈り一本勝ちで勝利して初優勝を果たした。
 上川とともに優勝候補だった七戸龍は準々決勝で西潟健太に押さえ込まれて一本負けした。
 しかし上川は体重別でもそうであったがエンジンのかかりが遅いなぁ。
 王子谷は東海大学の現役の学生であり優勝後ガッツポーズを決めていたが、ネット上では批判の声が上がっていた。
 注目された重量級の代表は100キロ超級は国際大会の成績を考慮して上川と七戸、100キロ以下級は熊代がこの大会1回負けであったことなどから史上初の派遣見送りとなった。荒療治は成功するのか?

採点はNHK総合テレビ
実況:豊原謙二郎。準決勝を中心に技のいい間違いがあったかなぁ。 5.5
解説:金野潤。微妙な面なかった訳ではないが... 6.0
リポート&インタビュー:厚井大樹(優勝インタビュー兼任)、戸部真輔(井上監督インタビュー兼任)。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 総合テレビの準々決勝から決勝までの採点で、3回戦まではBS1で午後1時から4時まで放送されていた。しかし金野が解説するとは予想外だったなぁ、しかも金野の全日本制覇のVTR(あの吉田秀彦との決勝)が流れたり、石井慧までVTRが流れるとは思わなかった。金野の指導する日大4年で昨年準優勝の原沢久喜は準々決勝で王子谷に敗れた。もし原沢が優勝していたら金野はどういうリアクションをしていたのか?金野以降日大出身の全日本優勝者はいない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック