平成26年初場所10日目から12日目

 大相撲初場所プレイバック今回は10日目・11日目・12日目を取り上げます。
 10日目は琴欧洲が松鳳山に敗れた。松鳳山は好調な上に対琴欧洲に連勝中であった。琴欧洲は対戦成績どおりの結果となってしまい結果復帰がかなわかった。
 この日、把瑠都が文化放送の吉田照美飛べサルバドールに出演していたが、本場所中しかも幕内取り組み中に出演とはどうなんだろう?2月8日に一般公開型の引退相撲を行う。後日出張餅つきは100万円出せばしてくれるとの事であるが応募者いるのかなぁ?
 11日目は稀勢の里は3連敗中の豪栄道に完勝であったが、結局この白星がこの場所最後の白星となった。栃煌山は3連敗のあと7連勝していたが、苦手の旭天鵬に敗れて連勝が止まった。
 12日目は遠藤が対大関戦初挑戦となった。相手は琴奨菊であったが何も出来ずに完敗。琴奨菊はこの一番で勝ち越しカド番を脱出した。
 稀勢の里は琴欧洲と対戦して敗れたが、投げられた時に足の親指を負傷し、その後は勝つことが出来ず綱とりがカド番となる結果に終った。

採点はNHKラジオ第一(後半戦のみ)
10日目
実況:吉田賢。前半戦で北海道の話をしていたようで間違いがあったようであったが、後半実況自体は特に言う事はなかったなぁ。 6.0
解説:北の富士勝昭。特になし。 6.0
リポート:向正面・戸部真輔、花道・沢田石和樹。特になし。 5.5

11日目
実況:佐藤洋之。特になし。 6.0
解説:舞の海秀平。特になし。 6.0
リポート:向正面・高山大吾、花道・白崎義彦。特になし。 5.5
インタビュー:アーは藤井康生、沢田石和樹。特になし。 5.5

12日目
実況:白崎義彦。特になし。 6.0
解説:千賀の浦親方(元関脇・舛田山)。特になし。 6.0
リポート:向正面・戸部真輔、花道・三瓶宏志。特になし。 5.5
インタビュー:アーは佐藤洋之、船岡久嗣。特になし。 5.5

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック