ロンドン五輪 女子サッカー決勝 日本対アメリカ戦

 ロンドン五輪大会15日目に行われた女子サッカー決勝を取り上げます。なでしこジャパンはアメリカと戦い1-2で敗れて銀メダルに終わった。
 日本は前半8分に飛び出してきたロイドにゴールを決められ先制され、前半を0-1で折り返した。後半も9分にロイドに長い距離を突破されて強烈なミドルで決められる。日本は18分に大儀見の3試合連続ゴールで1点を返したがそれまでであった。
 ワールドカップ優勝国が次の年の五輪の優勝という史上初の偉業を狙ったなでしこジャパンの戦いは偉業を達成することなく終わった。しかし初めての五輪でのメダル獲得は達成できた。
 試合直後は宮間は大泣き状態であったが、表彰式では一転してにこやかであった。しかし表彰式でホリプロ丸山はパフォーマンスが早すぎて泥を縫う行為をしてしまった。

採点はNHKオンデマンド
実況:内山俊哉(NHK)。元解説委員はシュート実況がビューティフルではないなぁ。 5.5
解説:川上直子。川上の解説がネット上でいろいろ言われていたが、確かに内山アナの実況に被せたり、喋り倒したりした時間帯はあったが、終始そうだった訳ではなかったなぁ。はっきり言って自分の想像よりかは大したことはなかった。昨年のワールドカップのほうが応援モード丸出しで酷かった。よって川上はロンドン五輪編の最悪解説者は免れる状態となります。ということで最悪解説者は男子フルーレ団体での斎田守と競泳の高橋繁浩との争いとなりそうだなぁ。 5.0
インタビュー:アーは山岸彩舞。特になし。 5.5
カメラワーク:川上の解説はどうでも言いと思えるくらい問題があったのがカメラワークで基本的にプレーに集中していない。ベンチや観客席をやたら映し、VTRも必要のないところで出ていたりしていた。これが決勝ゲームとは思えないほどのものであった。 4.0
 オンデマンドではスタジオ部分がカットされて表彰式はあった。表彰式の後に山岸のインタビューがあったが、時間つなぎに工藤三郎がツイッターでの応援メッセージを読み上げていた。
 日本対フランス戦での川上直子の点数は低すぎたので4.5から5.0に変更します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック