ベイスターズ対ジャイアンツ1回戦 澤村今季初完封

 ベイスターズ対ジャイアンツ1回戦が横浜スタジアムで行なわれ6-0でジャイアンツが勝利した。
 ベイスターズ・ジオ、ジャイアンツ・澤村の先発で始まり、ジャイアンツは序盤はランナーを出しながら得点が出来なかったが、4回に小笠原のタイムリー、寺内の犠牲フライ、坂本のタイムリーで3点を入れて、6回には坂本、阿部の一発で追加点、8回にも阿部が2打席連続のホームランで追加して、投げては澤村が1イニング4奪三振というタイ記録(何故か投手の小林太に振り逃げされる)や6連続奪三振(1イニング4奪三振はこの間に作られた)といったことがあった。
 また最終回にはベイスターズの菊地が寺内に対しての投球が危険球となり退場する一コマがあった。この危険球は佐々木主浩ですら考えられないものであったようである。
 この試合は中畑と原という80年代ジャイアンツの内野で活躍したもの同士が監督という事でしかも公式戦初対決という事で盛り上げたらしいが...だが雨が降っていたためなのかスタジアムは結構スッカスカ、お互い連勝できているのに...ベイスターズは本拠地では未だに勝ち星がないとは...

採点は4回までと9回表途中以降はTBSラジオ、間はTBSテレビ
ラジオ編
実況:椎野茂。相変わらずのテンパリ具合といい間違いが微妙な多さであったなぁ(イニングを間違えている等)。 5.5
解説:牛島和彦。特になし。 6.0
リポート:ベイスターズ・中村秀昭、ジャイアンツ・戸崎貴広。特になし。 5.5
インタビュー:ヒロインのアーは新タ悦男、勝利監督のアーは戸崎貴広。特になし。 5.5

テレビ編
実況:初田啓介。特になしというかご愁傷様というか。 5.5
解説:野村克也、佐々木主浩。佐々木はやっぱり出番少なし。野村は相変わらずと言ったところかなぁ。 5.0
ゲスト:中居正広。今日は朝からテレビ&ラジオに出て番宣していたなぁ。そのうえ野村には巨人ファンは横浜に来るなとか言われるし。中居も後ろめたいところもコメントしていたなぁ。自分が野球というか巨人ファンというのもアルンだろうけれど。 4.5
リポート:ベイスターズ・失念、ジャイアンツ・新タ悦男。テレビとラジオで異なるのかぁ。通常だと一緒のケースが多かったのに。
カメラワーク:特に斉藤と田中の対決があったファイターズ対イーグルス戦のテロップがウザい。 5.0
 しかし今日の試合にTBSは一体何人のアナウンサーを使っているんだか?ラジオのスタジオ担当は伊藤隆佑だったし。裏送りがなかったこともあるから人が掛けられるという事情もあると思うが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

夜だるま昆布長
2012年04月14日 01:15
BSでは解説槙原、実況清水大輔で、もう片方のリポーターは小笠原アナウンサーでした。
BSでは地上波とちがい、各地の途中経過映像がなく、試合中たえず左上に『侍プロ野球』の字幕が出て邪魔でした。

この記事へのトラックバック