テーマ:大相撲

令和3年春場所終盤戦

 春場所パート3終盤戦です。  11日目が行われた24日に鶴竜が引退を表明した。ようやく引退横審の動きについに観念したのかなぁ。引退しても親方になれないという不安がよぎったか?  高安が2差をつけてトップを快走していたが、11日目に苦手の正代に敗れると、12日目は白星であったが、13日目以降は黒星で、千秋楽は隆の勝という予想を裏切り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和3年春場所中盤戦

 大相撲春場所中盤戦を取り上げます。  照ノ富士が結局優勝しましたが、中盤戦10日目を終えた時点では高安が1敗で、2敗がいなく、照ノ富士は中日で高安との直接対決で敗れ、10日目は志摩の海に敗れた際に痛めた箇所が出たらしい。そして序盤戦で盛り上げた妙義龍が6日目から連敗。  序盤1勝4敗スタートだった初場所優勝の大栄翔は中盤は6日目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和3年春場所 序盤戦

 春場所もすでに中日を迎えました。コロナの影響で大阪での開催ではなく国技館での開催となりました。  白鵬は出場しましたが、3日目から休場。鶴竜は初日から休場で引退勧告が出されそうな状態になりました。  5日目終了時点で全勝が妙義龍一人、1敗沢山という状況になりましたが、その後崩れました。  大関が全員かったという日がなく、揃ってど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和3年初場所終盤戦

 大栄翔の初優勝、埼玉県出身力士としても初めて、ついでに埼玉県に部屋のある力士の優勝も初めてとなった。   大栄翔は11日目に阿武咲に敗れて2敗目になり、正代と並ばれた。朝乃山は11日目にカド番を脱出したが、12日目に照ノ富士にいいところなく敗戦となり11勝挙げたとはいえ終了となった。  大栄翔と正代の二人が並走していたが、14日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和3年初場所中盤戦

 大相撲初場所も大栄翔の優勝で幕を閉じましたが、中盤戦(6日目から10日目)を取り上げます。  中日八日目を終えた時点で大栄翔が勝ちっぱなしで勝ち越し第1号となり、1敗がいなく、明瀬山は6連勝のあと5連敗を喫する。  2敗がいろいろといた。大栄翔は9日目に分が悪いうえにその前の取り組みで同じ町出身の阿武咲が勝ったことで気合が入った模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和3年初場所序盤戦

 10日から大相撲初場所が始まりました。コロナの影響もあり多くの休場者が出ましたが、コロナに関係のない十両以上の休場者は鶴竜だけでした。ただし10日目から貴景勝も休場しました。  両横綱に厳重注意が横綱審議員から出されましたが、白鵬はコロナ感染により休場、鶴竜もコロナに関係なく休場。鶴竜はに日本国籍所得下から出てくるかともったら出てこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和2年11月場所 中盤戦

 大相撲国技館での11月場所も10日目まで終わり中盤戦が終わりました。  トップは大関の貴景勝と幕尻の志摩の海の1敗、2敗は照ノ富士、宝富士、竜電と続く。  中盤は北の富士が7日目は白熱しなかったような発言があったが、大栄翔と妙義龍の一戦は熱戦であった。年齢の差が勝敗を分けた感じであったが、翌中日での妙義龍は年齢を感じさせない相撲ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和2年11月場所 序盤戦

 本来ならば九州場所ですが、コロナ感染の影響で国技館開催となった11月場所の初日から5日目までを取り上げます。  両横綱がまたもや休場で始まりましたが、大関も朝乃山が初日に痛めたとかで2日目に照ノ富士に敗れて、3日目から休場した。師匠高砂(元大関・朝潮)最後の本場所なのに...  ついでに新大関の正代も3日目に高安に勝った際に足を痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和2年7月場所終盤戦

 大相撲令和2年7月場所最終回、終盤戦取り上げます。  白鵬が連続優勝するかに見えたが、11日目に大栄翔に敗れて1敗になり面白くなった。貴景勝がカド番脱出したが、12日目から休場。  12日目は白鵬が御嶽海に敗れて連敗し13日目から休場。横綱大関は朝乃山ただ一人となった。  13日目は朝乃山と照ノ富士の1敗対決が行われ、元大関が新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和2年7月場所中盤戦

 大相撲令和2年7月場所、6日目から10日目までの中盤戦を振り返ります。  6日目は貴景勝が霧馬山に負け。霧馬山は成績自体は良くなかったが、意外なところで白星がついていた。新入幕の琴勝峰は優勝した照ノ富士に負けて初黒星となった。  7日目は白鵬が霧馬山と初対戦したが、張り刺しから一気に決めてあっけなく決着がついた。この日は阿炎が休場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲令和2年7月場所序盤戦

 幕尻の照ノ富士が13勝2敗で2度目の優勝をしましたが、異例尽くしの7月場所のその1である序盤戦を取り上げます。  普通ならば名古屋で開催されるが、両国国技館で2500名の上限で観客を入れる。初日は7月19日で千秋楽は8月2日であった。  初日は鶴竜が遠藤に負けて、翌日から休場。佐渡ヶ嶽部屋の力士が幕内5番連続で取り組みが組まれた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年秋場所4日目から6日目

 14日から大相撲秋場所が始まりました。ということで3日目までは後日記事にするということで、4日目から6日目まで取り上げます。  4日目は日馬富士が嘉風にちょんまげをつかんで反則負け、髷をつかんでの反則負けは夏場所14日目に行って以来2度目ということで色々言われていた。日馬富士は右目の下から出血していてこちらのほうが不安視されていたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年名古屋場所4日目から6日目

 大相撲名古屋場所、4日目から6日目まで取り上げます。なんといっても大砂嵐だなぁ。  3日目に初めての大関戦の稀勢の里相手に敗れたが、5日目に鶴竜、6日目に日馬富士という横綱を連日撃破した。初対決初金星、初金星から2日続けて金星というのは30年前の小錦以来だという。  日馬富士は4日目にも嘉風に敗れていて、嘉風は初金星最年長記録を打…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成26年名古屋場所初日から3日目

 大相撲名古屋場所が13日に初日を迎えた。貴乃花親方が体調不良で休場というネタがあった。  3日目まで横綱・大関陣では2日目に稀勢の里が安美錦に敗れた以外は黒星がつくことない。ちなみに3日目は稀勢の里は大砂嵐と対戦して勝ったが鼻血を出したらしい。  初日はしょっぱい取組が多かったが、2・3日目は多少改善され、横綱戦は対戦力士の健闘も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成26年夏場所7日目から9日目

 大相撲夏場所7日目から9日目までを取り上げます。  7日目は鶴竜が千代鳳に敗れ2敗目を喫し、千代鳳は琴奨菊に続いて鶴竜からも白星を奪ったことで場所前の公約を達成したことになる。  琴奨菊は碧山に破れ4勝3敗、関脇同士の対戦は栃煌山が豪栄道を下した。  中日は前日敗れた鶴竜がここまで白星のない宝富士相手に変化をして白星となったこと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平成26年夏場所4日目から6日目

 大相撲夏場所パート2は4日目から6日目まで取り上げます。  4日目は稀勢の里が初場所に続いて碧山に敗れる一番があり、これは横審に悪印象を抱かせ、場所後にこの一番はといわれていた。  鶴竜も遠藤に敗れて横綱として初黒星となり、初の金星供給となった。  また前半最後には豊真将と栃乃若の一番が物言いがつき結局栃乃若が勝ったが、審判長の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年夏場所初日から3日目

 大相撲夏場所も白鵬が2場所ぶり29度目の優勝を飾り、優勝一夜明け会見を拒否するということでまだ騒がしいようですが、初日から3日目までを振り返ります。  3横綱の幕開けとなりましたが、初日にいきなり新小結の嘉風に日馬富士が敗れる波乱が起きた。日馬富士はなめてかかったといいますか。  鶴竜は碧山を下して横綱初白星となった。  2日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年春場所初日から3日目

 平成26年の春場所が9日に初日を迎えた。遠藤の本格的な上位挑戦、鶴竜の綱とり、白鵬の29歳で29回目の優勝なるか、稀勢の里のカド番脱出等が挙げられるのかなぁ?  初日は上位陣に波乱がなく、遠藤は鶴竜を苦しめたが足がついていけず負けたうえに流血、日馬富士は豊ノ島にあわやになる寸前で白星を拾った。  個人的に驚いたのは照ノ富士が妙義龍…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

第38回大相撲トーナメント

 ソチ五輪のさなかの9日に両国国技館で恒例の大相撲トーナメントが行われ、碧山が決勝戦で琴欧洲とのブルガリア対決を制して初優勝を果たした。平幕での優勝は4年前の豪栄道以来だという。  初場所を沸かせた白鵬は佐田の富士に、鶴竜は高安に初戦で敗れて早々と姿を消した。  遠藤は3回戦で琴欧洲に敗れた。  日馬富士と稀勢の里は参加せず、土俵…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平成26年初場所13日目から千秋楽

 大相撲トーナメントが9日行われ碧山が優勝したそうであるが、ここでは本場所の13日目・14日目・千秋楽を取り上げます。  13日目は白鵬が本来は千秋楽で当るはずであった稀勢の里と対戦し下す、しかし稀勢の里は前回も千秋楽で白鵬と当る時が2年前の名古屋場所であったがこのときも日馬富士が全勝で来た為差し替えとなったが、今回もそれ以来に予定さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年初場所10日目から12日目

 大相撲初場所プレイバック今回は10日目・11日目・12日目を取り上げます。  10日目は琴欧洲が松鳳山に敗れた。松鳳山は好調な上に対琴欧洲に連勝中であった。琴欧洲は対戦成績どおりの結果となってしまい結果復帰がかなわかった。  この日、把瑠都が文化放送の吉田照美飛べサルバドールに出演していたが、本場所中しかも幕内取り組み中に出演とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年初場所7日目から9日目

 大相撲初場所プレイバック、今回は7日目・中日・9日目を取り上げます。  7日目は勢が琴奨菊に勝って大関戦初勝利を収めた。今場所は元大関に勝利を収めてもいる。  中日は稀勢の里が栃煌山に敗れて3敗となり完全に綱とりの目が消えた。しかも完敗でいうことなし。  この日の大相撲中継で関取訪問のコーナーで豪風を取り上げていたが、リポートは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年初場所4日目から6日目&理事候補選挙

 大相撲初場所プレイバック、4日目から6日目を取り上げます。  4日目に話題となったのは佐田の富士が時天空との対戦で回しが外れそうになったことであり、次の対戦で控えていた嘉風が土俵に上がるというハプニングがあった。  見ると時天空の手が深く入り佐田の富士の絞める所まで触れていた状態でアレではゆるくなるのも仕方ないのかなぁ?普通に絞め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年初場所初日から3日目

 大相撲初場所も白鵬の28回目の優勝で幕を閉じましたが、初日から3日目までを取り上げます。  本当は稀勢の里の綱とりが話題であったはずであったが、初日から豊ノ島に敗れたため暗雲立ち込めたが、場所前の連合稽古で足を捻った報道があったことや白鵬にやられっぱなしにあったり、夜逃げ同然に部屋を移動するということがあったためハナからどうかと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年九州場所13日目&14日目&千秋楽

 大相撲九州場所、13日目から千秋楽を取り上げます。  13・14日目は横綱対大関戦が結び2番行われた。両日とも稀勢の里が13日目は日馬富士、14日目は白鵬をそれぞれ下して全勝を止める形となった。13日目は日馬富士は何を思ったか、張り手をし上手くいかずこれが墓穴を掘る形で敗れた。場所前に稀勢の里が伊勢ヶ濱部屋への出稽古をすっぽかしたこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

平成25年九州場所10日目&11日目&12日目

 大相撲九州場所の10日目から12日目まで取り上げます。  10日目は千代大龍が平幕勝ち越し第1号となった。遠藤と高安の取り組みがあり、遠藤が勝ったが、翌日の新聞にはこの取組が大きく取り上げられていた。  結びで日馬富士が碧山と対戦して勝ったが、この日の横綱は先場所負けた相手だからなのか、いつもの鋭い立会いでなくすぐ上手を取って投げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年九州場所7日目&中日&9日目

 大相撲九州場所もとっくに終わりましたが、記事は6日目までしか書いていなかったので、ここでは7日目から9日目まで書いておきます。  7日目は大きな出来事といえば旭天鵬は通算860勝を達成し、寺尾の記録に並んだということであった。6日目に豪栄道に勝って初日を出したが、この日は高安を下した。勝った後にインタビューをされていたが、インタビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年九州場所5・6日目

 大相撲九州場所の5日目と6日目を取り上げます。  なんといっても大関獲りへのステップ場所となる豪栄道が5日目は安美錦、6日目は旭天鵬に敗れて連敗するということが起きた。ラジオの放送席ではしまなみ親方(吉田賢)とF1相撲の琴錦(秀ノ山親方)の二人が旭天鵬に負けるわけがないと合唱し、取組後は揃って謝る一幕があった。安美錦は6日目に栃乃若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年九州場所3・4日目

 大相撲九州場所の3・4日目を取り上げます。  3日目は稀勢の里が安美錦に敗れて、早くも期待?を裏切っていた。この日は大関陣が総崩れで鶴竜は豪栄道に敗れ、琴欧洲は松鳳山に敗れた。琴奨菊はこの日から休場となった。  松鳳山は2日連続で大関を病院送りにしたことで翌日二人の大関は休場となった。松鳳山は以前把瑠都が大関から陥落した時も絡んで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平成25年九州場所初日&2日目

 大相撲の九州場所が福岡国際センターで10日に開幕した。  白鵬の5連覇&九州場所7連覇がかかっているほかは、大砂嵐の新入幕といったところが話題となっている。大砂嵐と遠藤は初日、2日目とも負けて協会の思惑は今のところ外れている。  初日の上位陣は佐渡ヶ嶽部屋の大関が揃って黒星スタートとなった。安美錦は先場所怪我をさせられた琴奨菊相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more