テーマ:卓球

全日本卓球選手権2021 女子準々決勝戦

 1月17日まで行われていた全日本卓球選手権、最後は16日に行われた女子シングルスの準々決勝戦です。  早田ひなは佐藤瞳に4-1で完勝、伊藤美誠は長崎美袖に4-1で勝利。こちらは最終セットは差が開いたが、それ以外は競って長崎が落とす形となっていた。木原美悠は平佑里香をストレートで下したが、こちらも伊藤美誠戦同様最終セットは差がついたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日本卓球選手権 男子シングル準々決勝戦

 1月16日に行われた全日本卓球選手権の男子シングル準々決勝4試合を取り上げます。  Tリーグでも対戦している森薗政崇と英田理志は森薗が4-1で勝利。まるでTリーグの試合を見ているような感じだったなぁ。  田中佑汰と丹羽孝希は4-2で田中の勝利。丹羽が固いと思ったが、田中が飲み込んだ形になったなぁ。  吉田雅己と龍崎東寅は吉田が4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tリーグ TT彩たまの激闘

 卓球のTリーグも3シーズン目に入りましたが、12月11日に墨田区総合体育館で行われた木下マイスター東京戦、1月20日、21日に朝霞市総合体育館で行われた試合を取り上げます。  いずれもTT彩たまは敗れた。  木下マイスター戦は初戦のダブルスは落とすが、英田のシングルは中国のホウエイチョウを下す、ジオニスが水谷を下し、神巧也が及川瑞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日本卓球2021 準決勝

 全日本卓球も終了しましたが、17日午前に行われた準決勝戦を取り上げます。  男子は及川瑞基は吉田雅己に4-2で勝利、森薗政崇は4-1で田中佑汰に勝利した。  女子は伊藤美誠が前回大会優勝の早田ひなに4-3で、石川佳純は木原未悠に4-2で勝利した。 採点はスポーツブル 実況:山崎雄樹(及川戦、伊藤戦)、小笠原聖(森薗戦)、槙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日本卓球選手権2021

 1月11日から17日まで卓球の日本一を決める大会が行われた。  コロナの影響でシングルのみが行われ、女子は石川佳純が伊藤美誠を下し、5年ぶり5度目の優勝を果たした。  男子は及川瑞基が森園政崇を下して初優勝を果たした。男女とも決勝はフルセット、しかも相手側が先に3セットを取ってからの逆転劇であった。 採点はNHK総合テレビ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年全日本卓球選手権大会

 1月14日から19日まで東京体育館で卓球の全日本選手権が行われた。  男子シングルスでは水谷隼が高校(青森山田)、大学(明治)の後輩の町飛鳥に4-1(11-9、11-4、11-4、4-11、11-6)で破り3年ぶり6度目の優勝を飾った。  シード選手が予想通りに勝ち上がらない展開であったが、水谷は予想通り勝ち上がりこの2年後輩のチ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

卓球 荻村杯ジャパンオープン

 卓球も世界選手権が終わって1ヵ月後の6月19日から23日まで横浜でITTFワールドツアー 荻村杯ジャパンオープンが行われた。  女子シングルスでは決勝で福原愛が韓国のムン・ヒョンジュンを4-0(11-7、11-5、13-11、11-8)で下し優勝、ツアー初優勝らしい。福原は試合に集中し、途中でコーチが声援を送る行為がアドバイスをした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2013 5月19・20日

 世界卓球2013パリ大会、今回が最終回となります。最終回は大会6日目の19日と最終日の20日の模様を取り上げます。  19日は松平健太の準々決勝は既に取り上げましたのでここでは割愛させていただきます。19日は男子シングルスは準々決勝と準決勝、女子シングルスと男子ダブルスは決勝、女子ダブルスは準決勝が行われた。  女子シングルス決勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2013 5月18日

 世界卓球2013パリ大会、大会5日目は男子シングルス4回戦、女子シングルス準々決勝・準決勝、男子ダブルス準決勝、ミックスダブルス準決勝・決勝が行われた。  男子シングルス4回戦は松平健太はベラルーシのサムソノフに4-3(3-11、15-13、12-14、11-8、11-9、3-11、11-8)で勝利した。欧州の強豪らしい強さを見せた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2013 5月17日

 世界卓球の記事もあまり進みませんが、今回は5月17日に行われた試合を取り上げます。  この日は男子シングルス3回戦、女子シングルス4回戦、男子&女子のダブルス3回戦と準々決勝、ミックスダブルス準々決勝が行われた。  女子ダブルス3回戦は福原愛&平野早矢香組は北朝鮮のキム・ジョン&キム・へソン組に4-0(11-4、11-9、11-8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2013 5月16日

 世界卓球2013の記事アップが遅れていますが、今回は大会4日目である5月16日の分を取り上げます。  男子シングルスの2回戦、女子シングルスの3回戦、男子ダブルス1・2回戦、女子ダブルス2回戦、混合ダブルス3・4回戦が行われた。  女子シングルスの3回戦は石川佳純が北朝鮮のリ・ミョンスンに0-4(10-12、8-11、9-11、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2013 5月15日

 卓球の世界選手権が5月13日から20日までフランスのパリで行われた。当ブログでは松平健太のシングルスの準々決勝は取り上げましたが、ほかは予告をしておきながら取り上げるのが遅れてしまいました。  ということで今回は大会3日目の5月15日に行われた分を取り上げます。  この日は男子シングルスの1回戦、女子シングルスの1・2回戦、男子・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2013 松平健太メダルならず

 卓球の世界選手権大会7日目は19日現地パリで行われ、男子シングル準々決勝で日本勢で1979年の大会で優勝した小野誠治以来となる男子シングルでのメダル獲得を目指した松平健太が世界ランク1位の許昕と対戦して2-4(8-11、11-9、11-6、12-14、5-11、8-11)で敗れて34年ぶりのこの種目でのメダル獲得はならなかった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卓球ワールドカップ2013

 3月28日から31日まで中国の広州で卓球の国別対抗戦で行われるワールドカップが行われ、日本は女子が決勝で中国に敗れて準優勝、男子は準決勝で中国に敗れて3位に終わった。  女子は準々決勝で五輪からメンバーを入れ替えたという韓国相手に福原愛がシングルスで2戦とも落とすという事態が起きたが、ダブルス(平野&石川ペア)と石川と平野のシングル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成24年度天皇杯・皇后杯卓球全日本選手権

 1月15日から20日まで、代々木第一体育館で卓球の天皇杯・皇后杯全日本選手権が行われた。  男子シングルスは丹羽孝希が2年ぶりの優勝を狙った水谷隼を4-3で破り初優勝を果たした。女子シングルス決勝は昨年と同じカードとなり福原愛が石川佳純を下して2年連続2度目の優勝を果たした。  男子ダブルスは丹羽孝希&松平健太が2年ぶり2度目の優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン五輪 女子卓球シングルス準決勝(石川佳純)戦

 ロンドン五輪大会5日目 卓球女子シングルス準決勝、石川佳純はリ・ギョウカ(中国)と対戦し1-4(5-11、4-11、13-11、6-11、7-11)で敗れて決勝進出を逃した。  石川は序盤から圧倒されたわけではないが、終盤連続失点を繰り返してセットを失うという状況であった。終盤粘れればなぁ、ネットにかからなければなぁという感じに見え…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ロンドン五輪 卓球女子団体決勝 日本は銀メダル

 ロンドン五輪大会12日目の8月7日に行われた、卓球女子団体決勝戦を取り上げます。  決勝は中国との間で行われ0-3で敗れたものの、日本は初めての卓球でのメダル獲得となった。  1人目の福原愛は李暁霞に1-3(6-11、11-9、2-11、5-11)で敗れ、2人目の石川佳純は丁寧に0-3(4-11、10-12、4-11)で敗れ、第3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン五輪 卓球女子団体 日本対シンガポール戦

 ロンドン五輪の卓球女子団体が五輪で初めてメダルを確定させましたが、その確定した準決勝のシンガポール戦を取り上げます。  第1試合は福原愛がシングルスで石川を破り銅メダルを獲得したティアンウェイ・フェンを3-1(11-9、11-6、5-11、11-9)で破り、第2試合は石川佳純はユエグ・ワンを3-0(11-5、11-6、11-2)で破…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ロンドン五輪 卓球女子団体 1回戦 日本対アメリカ戦 

 ロンドン五輪の卓球女子団体はベスト4進出を果たしましたが、1回戦を取り上げます。  1回戦はアメリカと対戦して3-0で勝利。  1人目のシングルス、福原愛はエーリアル・シンと対戦して11-4、11-7、11-7のストレートで勝利した。  2人目の平野早矢香はリリー・チャンに11-9、11-5、11-3で下した。平野は個人戦に出場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン五輪 石川佳純メダル獲得ならず

 ロンドン五輪大会6日目、卓球女子シングルス3位決定戦が行われ、石川佳純はシンガポールのティアンウェイ・フェンに0-4(9-11、6-11、6-11、5-11)で敗れて日本卓球初となる五輪でのメダル獲得はならなかった。  試合は第1ゲームで最後で連続失点してゲームを失うと、第2ゲーム以降も自分の展開に持っていけなかった。それでも自身の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界卓球2012 決勝トーナメント編

 3月25日から4月1日までドイツのドルトムントで卓球の世界選手権が行なわれ、男女とも中国が優勝した。日本は男子は銅メダル、女子は5位に終わった。ということ今回の記事は決勝トーナメントを取り上げます。  日本男子は準々決勝でシンガポールに3-1で勝利してメダルを獲得、準決勝戦では地元の声援を受けたドイツに1-3で敗れた。水谷、丹羽が敗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2012 グループリーグ編

 3月25日から4月1日までドイツのドルトムントで卓球の世界選手権が行なわれた。偶数年ということで団体戦でメダルを争った。今大会は香川真司がゲスト出演していた女子の対ポーランド戦の記事した書いていませんでしたが、今回は女子のポーランド戦を除くグループリーグを取り上げます。  男子代表メンバーは水谷隼、岸川聖也、吉村真晴、丹羽孝希、松平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2012 女子 日本対ポーランド戦

 25日からドイツのドルトムントで卓球の世界選手権が始まり、大会2日目の26日は女子はポーランドと対戦して3-0で勝利して、3連勝を果たした。  先鋒の福原愛はシュチェルコフスカを3-0のストレートで下し、2人目の平野早矢香はグルジボウスカに苦戦したが3-2で下し、3人目の石川佳純はパルティカにこちらもフルセットの末に下して勝ったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成23年度全日本卓球選手権

 1月17日から22日まで東京体育館で卓球の天皇杯・皇后杯 平成23年度全日本選手権が行なわれた。  22日に行なわれた男子シングルスは6連覇を狙った水谷隼が野田学園高校の吉村真晴に3-4で敗れる波乱があった。吉村はもちろん初優勝。吉村が2ゲーム先取で、水谷がひっくり返したが、フルセットとなりあと1ポイントというところで追いつかれて逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2011 男女シングルス決勝

 世界卓球2011、ロッテルダム大会シリーズも今回で最終回となります。最終回は男女のシングルス決勝戦です。  男女ともというか全ての種目中国勢同士の決勝戦でした。  男子シングルス決勝は世界ランク3位の張継科が世界ランク1位で前回大会金メダルの王皓を4-2(12-10、11-7、6-11、9-11、11-5、14-12)で破り初優勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2011 アーカイブその2

 世界卓球2011、ロッテルダム大会を振り返ります。2回目は現地時間5月12日と13日に行なわれたものを取り上げます。  12日は今大会唯一の日本勢のメダルとなった混合ダブルスの準決勝戦では岸川聖也&福原愛組が郭帥&木子組(中国)と対戦して0-4(4-11、9-11、4-11、5-11)のストレート負けで銅メダルに終わったがこの種目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2011 アーカイブその1

 世界卓球2011も残るところわずかとなりましたが、採点していない深夜放送分について取り上げます。その1回目は5月10日と11日深夜放送分について取り上げます。  10日というか11日未明分はシングルとダブルス1回戦の放送で、女子ダブルスは福原愛&石川佳純組がシブリー&パーカー組(イングランド)を4-0(11-5、11-8、11-7、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2011 水谷隼、準々決勝で敗退

 世界卓球2011、ロッテルダム大会、日本選手最後の試合が行われた。  男子シングル準々決勝、水谷隼は前回大会シングル金メダルの王皓と対戦して0-4(5-11、7-11、5-11、6-11)のストレート負け。  王皓は世界ランク1位であるが調子は良くないと見られ、4回戦までで6ゲームを失ったといい、4回戦ではアテネ五輪金メダリストで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界卓球2011 藤井・若宮ペアはメダル獲得ならず

 世界卓球2011、ロッテルダム大会、日本勢残りは男子単の水谷隼と女子複の藤井寛子、若宮三紗子だけになりました。  ということで女子ダブルス準々決勝、藤井寛子&若宮三紗子組の対戦相手は香港の姜華君&帖雅ナ組で、1-4(11-13、11-13、11-8、8-11、7-11)で敗れて10年ぶりの同種目でのメダル獲得はならなかった。これによ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界卓球2011 岸川、福原組混合ダブルスでメダル確定

 世界卓球2011、ロッテルダム大会が行なわれています。  女子のダブルスでは3回戦で石川佳純&福原愛組が北朝鮮のキム・へソン&キム・ジョング組に2-4(9-11、10-12、11-9、11-8、10-12、4-11)で破れ、石垣・山梨組も中国ペアに破れた。しかし全日本卓球の優勝ペアである藤井・若宮組はスペインペアを下して準々決勝に進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more