第49回全日本実業団ハーフマラソン&クロスカントリー日本選手権

 2月14日に山口市で行われた全日本実業団ハーフマラソンは男子はワンヴイが1時間0分12秒のタイムで優勝、最後まで争った市田孝は7秒差の2位に終わる。3位はキマニであった。
 序盤村山謙太が出たが、後退し終わってみれば1時間01分58秒の26位に終わる。ここまで順位を下げてしまっていたのか。ちなみに双子の弟の紘太は最近所属を旭化成からGMOアスリーツに変更した。
 女子は安藤友香が1時間09分54秒で優勝、2位は筒井咲帆、3位は原田紋里であったが、10分を切れたのは安藤のみ。

 2月27日に福岡市で行われたクロスカントリー日本選手権は男子のシニア10キロで順大の三浦龍司が優勝したが、最後までレースはわからず富士通の松枝博輝よりわずかに先行でゴールした。全般的に学生の健闘が目立ち、8位まで見ると社会人5名、大学生3名という内訳でした。
 女子のシニア8キロは萩谷楓が25分54秒のタイムで優勝、2位は高校生の酒井美玖が名城大の和田有菜より1秒先行してゴール。和田は3位。高校生の酒井の健闘が目立ったレースであった。

採点はTBSテレビ(製作はハーフマラソンはテレビ山口、クロスカントリーはRKB毎日放送)
ハーフマラソン
実況:スタート&ゴール・南波雅俊、男子中継車・熊崎風斗、女子中継車・新夕悦男。特になしというか随分若返った感がある。 6.0
解説:男子・河野匡、女子・増田明美。特になし。 6.0
リポート&インタビュー:折り返し・五十川裕明、優勝インタビュー・木村那津美。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0

クロスカントリー
実況:宮脇憲一。特になし。 6.0
解説:両角速。特になし。 5.5
スタジオ:上村彩子、瀬古利彦、原晋、増田明美。三浦に対するトレード発言などが出た。 5.0
インタビュー:本田奈也加。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント