ハンドボール世界選手権2021 メインリーグ

 ハンドボールの男子世界選手権、2次リーグのメインリーグは日本は1次リーグの成績を持ち越し臨み、グループ5位となり、最終的に19位で大会を終えた。  21日のアルゼンチン戦は24-28で敗れる。1次リーグは前半リードして後半落ちるという展開であったが、この試合は前半リードされ、後半持ち直す結果。この試合敗れたことが決勝トーナメント進出…
コメント:0

続きを読むread more