全日本卓球2021 準決勝

 全日本卓球も終了しましたが、17日午前に行われた準決勝戦を取り上げます。
 男子は及川瑞基は吉田雅己に4-2で勝利、森薗政崇は4-1で田中佑汰に勝利した。
 女子は伊藤美誠が前回大会優勝の早田ひなに4-3で、石川佳純は木原未悠に4-2で勝利した。

採点はスポーツブル
実況:山崎雄樹(及川戦、伊藤戦)、小笠原聖(森薗戦)、槙島範彦(石川戦)。山崎が一番良かったかなぁ。 6.0
解説:下川寛子(伊藤戦)、森本文江(石川戦、森薗戦)、伊藤誠(及川戦)。下川ってと思ったら藤井寛子かぁ。伊藤はシチズン卓球部監督、森本は旧姓・河野で全日本はダブルスで3度優勝している選手だという。藤井以外は初めて知った。特になし。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント