富士スーパーゼロックスカップ2021

 2021年のJリーグも開幕しましたが、その前に行われたスーパーカップを取り上げます。
 2月20日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレがガンバ大阪に3-2で勝利して2年ぶりの優勝を獲得した。
 試合は前半29分と32分に川崎の三苫がゴールを決めて前半は2-0で川崎リードで折り返す。
 後半はガンバが2点を返したものの6分間という長い長いアディショナルタイム中に小林悠が決めて川崎が戴冠した。
 リーグ戦を睨んで両チームともベンチ入りした選手はGKを除いてほぼ出場していた。
 また4月からスポンサーの富士ゼロックスが富士ビジネスイノベーションに名称が変わることにより、この大会名で行われる最後の大会にもなった。

採点は日本テレビ
実況:田中毅。特になし。 6.0
解説:北沢豪。特になし。 5.5
ゲスト:中村憲剛、播戸竜二。播戸は天皇杯決勝の方が良かったかなぁ。 5.5
リポート&インタビュー:平松修造。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 2月20日午後1時半から3時40分までの生放送

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント