2021年1月の首都圏ラジオを振り返る

 2月になりましたということで1月のラジオを振り返ります。
 一般的に話題となっていたのは文化放送の上田まりえのなな→きゅう(金曜日は鈴木あきえ。鈴木は産休中のため、TOKYOFMの午後の番組を昨年9月まで4年間メインパーソナリティを担当していた高橋みなみが務めている)3月一杯での終了の発表だな。当初は3時間に拡大することが検討されていたというが、午前5時から7時までのおはよう寺ちゃんが4時間に拡大することになるという。
 ということで、フジテレビが坂上忍のバイキングが安藤優子のグッディを吸収する形という形式をとったということに絡めてネット記事をにぎわすこととなった。だがラジオ界では四半世紀前にTBSラジオで大沢悠里のゆうゆうワイドが昼の番組を吸収して3時間半から4時間半に放送時間が拡大したことがある。文化放送上層部にこのことが頭にあったかは不明。
 1月11日に森本毅郎スタンバイが放送8000回を達成、ゆうゆうワイドも昨年に平日版・土曜日版通算8000回を達成した。だが腰の手術で2月1週目はお休み。代わりに今日は土井がやっていた。
 昨年12月の聴取率調査はTBSがまたもやトップ、2位はJ-WAVEだったという。
 久米宏の後釜のバービーの番組は開始半年でテコ入れがあり、アシスタントにTBSアナウンサーが交代で行うこととなった。
 また映画秘宝編集長の問題も準レギュラーンのように出演していたTBSラジオのアフター6ジャンクションでオープニングトークで扱っていたようだ。
 文化放送では斉藤一美SAKIDRIで石田純一が木曜レギュラーから隔週に降格、また2月2日に放送1000回を迎える。そして町山智浩がバイデンの話題で登場して小西克哉と共演したことが話題となった。そういえば元サブキャスターの竹田有里が出産してリポーターとしていつのまにか復帰していた。同じくサブキャスターをしていた加納有沙は番組に復帰していない。
 遅刻は光浦靖子は大晦日に続いて1月最終木曜日にやらかし、北村まあさも1月30日にTBSラジオの蓮見の番組で1時間以上遅刻していた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント