2020年末レジャースポーツ

 2020年年末の競輪・ボートレース・オートレースのビックタイトル戦を取り上げます。
 競輪は30日に平塚競輪場で行われたKEIRINグランプリです。
 初出場の和田健太郎が牽制の間隙を縫う、郡司のアシストもあってか優勝した。そして賞金王も獲得し、優勝インタビューでも実感がわかなったようである。
 2着は東京五輪代表の脇本雄太、3着は昨年優勝の佐藤慎太郎であった。

 ボートレースは20日に平和島ボートレース場で行われたSG第35回グランプリは1番艇の峰竜太が1着で優勝、2着以下は混戦となったが2着は寺田祥、3着は松井繁が入った。
 また大晦日に浜名湖ボートレース場でクイーンズクライマックスが行われ、1枠の平高奈菜が1着、2着は小野生奈、3着は遠藤エミが入った。

 オートレースは31日に川口オートでSG第35回スーパースター王座決定戦が行われ、青山周平が鈴木圭一郎らとの激闘の末にトップを譲らず1着でゴールして2年連続の優勝を果たした。2着は鈴木圭一郎、3着は荒尾聡。また女性レーサーの佐藤摩弥が出場したが8着に終わった。佐藤はこのレース唯一の川口所属のレーサーであった。
 また11Rでは第35回スーパースターシリーズ戦平尾昌晃杯は重富大輔が1着に入り2年連続このレースを制した。
 日本選手権で優勝した森且行は両レースに出場することができず10R目の登場となった。森はこの数年スーパースターシリーズの常連になっていてある意味楽しみで優勝したこともあるのに王座決定戦だけでなく、スーパースターシリーズにも出てこなかったとは…
 また毎年恒例であるが川口市長の熱弁?があった。

採点は以下の通りです
KERINグランプリ
日本テレビ
スタジオ:坂上忍、田中みな実、武豊、武井壮。例年と比べるとお笑い系は減少であるが、裏側は例年通り流した。田中みな実は今回で卒業となった。今は放送していないが、かつて競輪の中継はTBSラジオでも放送していたんだよなぁ。ただレース後に行われた共同インタビュー後のインタビューが被った感があるなぁ。 5.0
実況:筒井大輔。特になし。 6.0
解説:滝沢正光。よしかわこうじ発言はなく普通に解説をしていた。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0
 30日午後4時から4時55分までの生放送

ボートレースSGグランプリ
TBSテレビ
スタジオ:石井大裕、田中圭、大久保佳代子、植木通彦。MXテレビで放送されるのと比べると一見さんを相手にしている感じが出ている 5.0
実況:吉原完。特になし。 6.0
リポート:皆川玲奈。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 20日午後4時から5時までの生放送

ボートレースクイーンズクライマックス
文化放送
実況:槇島範彦。特になし。 6.0
ゲスト:鬼頭里枝。特になし。 5.5
 31日午後4時20分から45分までの生放送。放送開始の時間が時間だったからなのか、放送開始してすぐにレースが始まり、レース終了後に鬼頭が槇嶋とトークを展開するという展開であった。槇島は文化放送退職後に初めて文化放送で声を聴いた。局の人間だと箱根駅伝があるからフリーに4月からなった槇島に白羽の矢が立ったのかなぁ?

オートレーススーパースターフェス
MC&実況:堂前英男。特になし。 6.0
アシスタント:堀井七絵。特になし。 6.0
解説:板橋忍。BS11放送前の王座決定戦の予想でやや混乱していた感があるなぁ。リモート出演。 5.5
リポート:岩切奏恵ら。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 テレビ埼玉で31日午後4時30分から6時10分までの生放送

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント