プロ野球2020 巨人対広島13回戦~15回戦

 先週の月曜日から水曜日まで東京ドームで巨人と広島の3連戦が行われ、巨人が3連勝した。
 21日の13回戦は巨人・直江、広島・九里の先発で始まり、広島が1回に2点を先制したが、巨人が3回にリードを奪い、19安打で10得点、広島は9回に1点を返すだけで10-3で巨人の勝利。
 期待された直江のプロ初勝利はまたもやお預けとなった。
 22日の14回戦は巨人・菅野、広島・遠藤の先発で始まり、巨人が3回に松原の2点タイムリーで先制するも、広島は長野が4回に3ランを放って逆転、この一発は長野にとって12球団すべてからホームランを打った記念の一発であった。だが5回に岡本の2ランで巨人が逆転する。
 巨人が逃げ切りと思った9回にデラロサが松山にタイムリーを打たれて同点となり菅野の勝利投手となることはなくなった。だがその裏に牽制悪送球などでチャンスを広げ、吉川尚のサヨナラタイムリーで巨人がサヨナラ勝利。
 23日の15回戦は巨人・田口、広島・野村の先発で始まり、巨人が序盤からリードして、田口は今回こそ完投するかと思ったが、9回途中で降板した。7-3で巨人が勝利した。

採点は13回戦はNHK総合テレビ、14回戦はニッポン放送、15回戦はラジオ日本
実況:竹林宏(13回戦)、山田透(14回戦)、斎藤一平(15回戦)。特になし。 6.0
解説:小久保裕紀(13回戦)、江本孟紀(14回戦)、柴田勲(15回戦)。特になし。 6.0
リポート:豊原謙二郎(13回戦)、師岡正雄(14回戦)、真鍋杏奈(15回戦)。特になし。 5.5
インタビュー:特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 15回戦は13・14回戦と比べるとややという気がしたが…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント