プロ野球2020 ドラゴンズ対ジャイアンツ7~9回戦

 今日既にジャイアンツとドラゴンズの10回戦が行われましたが、ここでは先週のナゴヤドームで行われた7~9回戦を取り上げます。
 ドラゴンズが2勝1分けでこのカード勝ち越しした。
 8月7日に行われた7回戦はドラゴンズ・大野、ジャイアンツ・田口の先発で始まり、2回に田口がまさかの大野にタイムリーを打たれたことをきっかけに4点を失う。ドラゴンズは5回に1点、7回には阿部の2ランで追加点を挙げてジャイアンツを圧倒、大野は1失点完投勝利となった。7-1でドラゴンズの勝利。
 8日の8回戦はドラゴンズ・勝野、ジャイアンツ・畠の先発で始まり4回に岡本の一発で先制するも、7回に福田の3ランですべては決着がついた。ドラゴンズが3-1で勝利。最後はマルティネスが締めたが、投手・捕手共にマルティネスのバッテリーとなった。
 9日の9回戦はドラゴンズは前日の与田監督の勝利監督インタビューでの予告通り 今日既にジャイアンツとドラゴンズの10回戦が行われましたが、ここでは先週のナゴヤドームで行われた7~9回戦を取り上げます。
 ドラゴンズが2勝1分けでこのカード勝ち越しした。
 8月7日に行われた7回戦はドラゴンズ・大野、ジャイアンツ・田口の先発で始まり、2回に田口がまさかの大野にタイムリーを打たれたことをきっかけに4点を失う。ドラゴンズは5回に1点、7回には阿部の2ランで追加点を挙げてジャイアンツを圧倒、大野は1失点完投勝利となった。7-1でドラゴンズの勝利。
 8日の8回戦はドラゴンズ・勝野、ジャイアンツ・畠の先発で始まり4回に岡本の一発で先制するも、7回に福田の3ランですべては決着がついた。ドラゴンズが3-1で勝利。最後はマルティネスが締めたが、投手・捕手共にマルティネスのバッテリーとなった。
 9日の9回戦はドラゴンズは前日の与田監督の勝利監督インタビューでの予告通りロドリゲス、ジャイアンツ・宮國の先発で始まり1回に阿部の2ランで先制、ジャイアンツは7回に追いついたが、以降膠着し2-2の規定により引き分けに終わった。ジャイアンツはオープナー制度を使い8人の投手を使い宮國以外は失点しなかった。6日のタイガース戦以来の驚き采配であったが、勝利には結びつかなかった。この試合を最後に坂本と丸の打順は離されることになった。

採点は以下の通りです
7回戦はニッポン放送(製作は東海ラジオ)
実況:森貴俊。特になし。 6.0
解説:大西崇之。特になし。 6.0
リポート:北山靖。特になし。 5.5
インタビュー:特になし。 5.5
 ラジオ日本では中継なし

8回戦はNHKラジオ第一
実況:坂梨哲士。特になし。 6.0
解説:大野豊。特になし。 6.0
リポート&インタビュー:特になし。 5.5
 NHKなので午後2時05分からの中継、NHKは総合テレビでも中継された。ついでにニッポン放送(製作は東海ラジオ)でも流れた。

9回戦はTBSテレビ(製作はCBCテレビ)
実況:宮部和裕。なぜか坂本中心になっていた。落合体制下ならまだしも… 5.5
解説:山田久志、佐々木主浩。特になし。 5.5
リポート:高田寛之。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 試合開始から6回裏途中までの中継、以降はBSでやっていたという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント