プロ野球2020 巨人対広島7~9回戦

 7月31日から8月2日まで東京ドームで巨人と広島の3連戦が行われ、広島が3タテを免れ巨人の2勝1敗で終えた。
 7月31日の7回戦は巨人・畠、広島・森下の先発で始まり、4回に広島・西川の一発で先制したが、その裏に巨人が亀井のタイムリーで同点、丸のタイムリーで勝ち越し結局2-1で巨人が勝利した。畠は4回3分の1で危険球退場となり、6回に投げた3番手大江がプロ初勝利を挙げた。
 8月1日の8回のデーゲームは巨人・田口、広島・床田の先発で始まり、広島が1回にいきなり鈴木のタイムリーで先制、巨人は2回にウィラーのタイムリーで同点、3回に松山の悪送球で勝ち越し、ウィラーの犠牲フライ、中島のタイムリーで3点を挙げる。中島は5回にもタイムリーをケムラから打つ。6回には丸が押し出し四球を選び、岡本がプロ入り初となる満塁弾が出る。結局11-3で巨人が勝利。
 8月2日の9回戦は巨人・桜井、広島・遠藤の先発で始まり、3回までの広島が5点を入れて優位に進めて、遠藤はプロ入り初完投勝利となった。巨人は大城と坂本の一発のみで9-2で広島が勝利した。桜井は2軍に落ちた。

採点は以下の通りです。
7回戦 ラジオ日本
実況:斎藤一平。特になし。 6.0
解説:西山秀二。原をリスペクトしているというか… 6.0
リポート:細渕武揚。特になし。 5.5
インタビュー:特になし。 5.5

8回戦 ニッポン放送
実況:松本秀夫。特になし。 6.0
解説:井端弘和。特になし。 6.0
リポート:山内宏明。特になし。 5.5
 7回表途中で中継が終了した(午後2時から4時20分まで)。

9回戦 日本テレビ
実況:河村亮。特になし。 6.0
解説:山本浩二。元気で何よりであったが、いつも通り。 5.5
リポート:巨人・辻岡義堂、広島・平川健太郎。義堂はズムサタインタビュー込みだろ! 5.5
インタビュー:特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
副音声:亀梨和也、野村謙二郎、四千頭身。元監督の野村がこの位置とは… 4.0 
放送は4回裏から試合終了まで(午後3時15分から5時10分まで)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント