プロ野球2020 イーグルス対ライオンズ1~3回戦

 7月15日から19日まで楽天生命パークでイーグルスとライオンズの試合が行われイーグルスが3勝2敗となった。
 15日の1回戦はイーグルス・涌井、ライオンズ・今井の先発で始まり4回にイーグルスが鈴木のタイムリーと茂木の一発で5点を挙げると、7回に浅村の一発などで6点を挙げて11-0でイーグルスが勝利。
 16日の2回戦はイーグルス・弓削、ライオンズ・高橋光の先発で始まり、イーグルスが小刻みの得点を重ねる。ライオンズは7回に3点を入れて2点差に追い上げるも8回にイーグルスが2点を入れて突き放し7-4でイーグルスが勝利した。弓削が勝ち投手の権を得る前に不運の降板をし、2番手の安楽が久しぶりの勝利投手となった。
 17日の3回戦はイーグルス・則本、ライオンズ・ニールの先発で始まり、10-2でライオンズが勝利。則本がピリッとせず、巨人からトレードできた池田が登板したが炎上し、池田はその後2軍落ちした。ニールの連勝記録は継続となっている。

採点は文化放送(製作は東北放送)
実況:伊藤晋平(1回戦)、菅生翔平(2回戦)、松尾武(3回戦)。特になし。 6.0
解説:上岡良一(1回戦)、草野大輔(2回戦)、高橋雅裕(3回戦)。上岡は余裕もあったのか、ライオンズ山田の声出しについてコメントをしていたが、自分がかつて声を出して投球していたからそれを思い出したか? 草野は野村克也の薫陶を受けたという面は見られた。 高橋と特になし。 6.0
リポート:黒田直樹(1回戦)、菅生翔平(3回戦)等。特になし。 5.5
文化放送の都合によりインタビュー途中で放送は終了した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント