NHK杯フィギュア2015 女子シングル

 11月27、28日に長野のビックハットで行われたNHK杯の女子シングルを取り上げます。
 浅田真央はSPで精彩を欠いて4位でスタートすると、フリーでも挽回できず3位に終った。一方宮原知子はSPでトップに立つとフリーでも順調に得点を伸ばし、SP、フリーとも1位で2位に19.99点、約20点離しての余裕の優勝であった。ちなみに宮原の得点は203.11点で200点超えを果たした。
 2位はSP2位につけていたコートニー・ヒックス(アメリカ)、4位はSP3位にアシュリー・ワグナー、5位に長洲未来、また3名出場したロシア勢は低迷し8位のレオノワが最高で、ポゴリラヤはSP最下位が響き、フリー4位で挽回したものの9位に終った。
 女子は男子の演技の後に行われたため、特にフリー演技は男子の羽生が史上初の300点超えを果たした興奮の後の余韻が残っていたなぁ。

採点はNHK総合テレビ
実況:鳥海貴樹。特になし。 6.0
解説:荒川静香。特になし。 6.0
インタビュー:特になし。 5.5
スタジオ:横井健吉、織田信成、鈴木明子。今年は織田は泣かなかった。横井は硬いなぁ、段々取れてはきたが。 5.5

 SPは11月27日午後7時半から8時43分、フリーは28日午後7時半から9時45分までの生放送。SPで一部選手の演技が放送されなかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック