キリンチャレンジカップ 日本対ホンジュラス&豪州戦

 2週間後無沙汰していました。
 というわけではありませんが、11月14日に豊田スタジアムで行われたホンジュラス戦と18日にヤンマースタジアム長居で行われた豪州戦を取り上げます。
 ホンジュラス戦は6-0で日本の圧勝。
 武藤以外はザッケローニ時代のメンバーに名を重ねたスタメンであった。
 吉田のゴールから始まり前半・後半それぞれ3点ずつ入れた。中身はセルジオの言うとおり興行のためだったなぁ。もしかしたらアギーレに自信をつけさせるためだったのかもしれないが...
 オーストラリア戦は2-1で勝利。
 オーストラリアで行われるアジアカップの前哨戦ともいえる戦いでありホンジュラス戦よりかは意義はあったというくらいだなぁ。
 前半はお互い膠着した感じで盛り上がる感じではなかった。後半は変わって2点を奪い、終了間際に失点したが逃げ切る形と結果はなった。
 豪州はフィジカル一本やりからの変化の途中といったところかなぁ。
 これにより日本代表の2014年は終了した。

採点はホンジュラス戦はテレビ朝日、豪州戦はフジテレビ
ホンジュラス戦
実況:吉野真治。特になし。 B
解説:松木安太郎、中山雅史。松木はこんな試合でも役割を果たしていたが、いいのかスヴェンソン松木。ゴンは熱いが思ったよりか解説はしていた。試合が試合だからなぁ。 松木E 中山C
リポート&インタビュー:進藤潤耶、中山雅史(インタビューのみ)。ゴンのインタビュー振りがネット上で話題となっていた。小倉よりかはマシであった。 C
カメラワーク:特になし。 B
スタジオ:川平慈英、竹内由恵、松木安太郎。特になし。 D

豪州戦
実況:森昭一郎。特になし。 B
解説:清水秀彦、宮本恒靖。二人だったしなぁ。 B
リポート&インタビュー:福永一茂。特になし。 C
カメラワーク:特になし。 B
スタジオ:ジョン・カビラ、永島優美、宮本恒靖。テレ朝よりかはマシだったかなぁ。 B

 リクエストのあった5段階評価で一応してみました。Aは6.5以上、Bは6.0、Cは5.5、Dは5.0、Eは4.5以下に相当します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック