プロ野球2014 ドラゴンズ対ジャイアンツ最終戦

 ドラゴンズ対ジャイアンツの最終戦がナゴヤドームで行われ、5-4でドラゴンズが勝利した。 
 ドラゴンズ・山井、ジャイアンツ・セドンの先発で始まり、1回にジャイアンツが2点を先制したが、2回ドラゴンズは1点返し、3回には平田の3ランで逆転した。7回には平田の犠牲フライで5点目をドラゴンズは挙げた。
 ジャイアンツは8回に大田の2点タイムリーが出たがそれまでであった。
 カープが勝利したため今日の優勝の可能性のあったリーグ優勝はお預け、かつ久しぶりにマジックが減らず、2のままとなった。
 ちなみにこの両チームの今季の対戦はジャイアンツの16勝8敗であった。

採点はTBSラジオ
実況:戸崎貴広。特になし。 6.0
解説:緒方耕一。原の下にいただけあるのか、内情っぽいのも出ていた。 6.0
リポート:ドラゴンズ・角上清司(CBC)、ジャイアンツ・椎野茂。特になし。 5.5
インタビュー:応援の変化を聞かれていたが、最後になって解決したんだなぁ。 5.5
 優勝が決まる可能性があったためなのか、東京制作のものがTBSだけでなく、ニッポン放送でも流れた。ちなみにLFは胡口が実況したが、先週の実況で早合点してしまった実況に関しての批判の投書が東京新聞に掲載されていた。
 あっと思ったら、世界バレーの男子はBSでも行われていたそうでそちらはチャンと放送していたようです。情報ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック