プロ野球2014 ドラゴンズ対ジャイアンツ23回戦

 ナゴヤドームでドラゴンズ対ジャイアンツ戦が24日行われ、4-1でジャイアンツが勝利した。
 ドラゴンズ・大野、ジャイアンツ・菅野の先発で始まり、ドラゴンズは1~4回までゲッツーが成立するという珍しいことが起きてチャンスを潰していた。そうするうちにジャイアンツは5回に大田が三振したが、送球ミスが出て先制、菅野のスクイズで2点目を入れた。
 菅野が降板した7回には山口がピリッとせず、暴投で1点を返したが、森野が走塁ミスもあり同点には追いつけなかった。リリーフが今日の山口のようにピリッとしないからポストシーズンの心配をされてしまうコメントをいただいてしまう。
 8回にジャイアンツはロペスのタイムリーと工藤のファンブルで2点を加え逃げ切った。カープの試合はまだこの記事を書いている時点で終っていないので、なんともいえないが、マジックは3と書いている時点では減らした。
 
採点はTBSラジオ(制作はCBC)
実況:伊藤敦基。今シーズンから戻ってきたようであるが、ドラゴンズの拙攻等があったからナニやってんだよモードが全開していた。上手いというより笑えた。 6.0
解説:牛島和彦。特になし。 6.0
リポート:ドラゴンズ・高田寛之、ジャイアンツ・椎野茂(TBS)。特になし。 5.5
インタビュー:されたのは菅野。特になし。 5.5
 今朝9時前のラジオのニュースは戸崎が読んでいた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック