侍ジャパン対台湾戦

 11月の8日から10日まで台湾で侍ジャパンの強化試合が行われ、8日の初戦は4-2、9日の2戦目は4-2、場所を新荘球場から天母球場へ移した10日の3戦目は1-0とそれぞれ侍ジャパンが勝利を収めた。
 小久保裕紀監督体制下で初めての国際試合となった。俺は小久保監督自体はどうかなぁと思っている。代表監督は日本シリーズをせめて監督として制して人がなるべきだと思うが、今年は北京五輪でメダルを獲得できなかった星野仙一がこの考えだと入ってしまうんだよなぁ。
 初戦はスワローズのライアン小川が先発をしたが、1回に先制点を奪わた。しかし2回以降は抑えて4回で降板した。5回に浅村、秋山のライオンズコンビで同点に追いつき、嶋のタイムリーで勝ち越した。
 5回裏に台湾は羅国龍に同点タイムリーを2番手ドラゴンズの大野が浴びた。6回に秋山のライトフライで再び勝ち越し、平田のタイムリーでもう1点を追加した。
 その後は点が動かず侍ジャパンが勝利した。
 2戦目は試合前に今宮が打球を受けて欠場するアクシデントがあった。
 2戦目の先発は広島の野村であったが、ファイターズの陽に初回に一発を浴びて初戦に続いて初回に失点&先制点を奪われた。2回に侍ジャパンは集中打を浴びせて4点を奪い逆転した。
 この日はアマチュア選手ヶ登場したことで話題となり、広島1位に指名された大瀬良が2番手で5・6回の2イニングを投げた。最速153キロを出したということでも話題となった。このほかこの日はアマチュア選手が出ていて、4番手の高木伴が8回1イニングを投げた。また日立製作所の岡崎啓介が8回の打席でバファローズの伊藤の代打として登場し四球を選んだ。
 すんなり侍ジャパンが行くかと思われた9回にマリーンズの松永が2死ながら満塁までピンチを広げたが、最後は内野ファールフライに抑えて何とか抑えた。前日のマリーンズの益田が抑えたのと比べると...
 3戦目の先発はベイスターズの三嶋であり、1回はいきなり四球を出すなどしてどうなるのかと思ったが、炭谷が2塁ランナーを刺して、このこともあり3戦連続となる初回失点&与先制点は免れた。三嶋は2回も内容的によろしくなくランナー2人を出したが、ゲッツーで何とか抑えた。その後は4回にヒットは打たれたが立ち直り4回で降板した。
 3回に菊池のヒットを足がかりに足でかき回し、岡島のタイムリーで先制、この1点を結局守る形となって勝利を収めた。
 侍ジャパンのメンバーを見て永谷脩はジャイアンツの選手がいないことについてたらたら言っていたようであるが、今回のコンセプトで選ばれるような選手っているかぁ?中井がレギュラーを獲得していたら話は別だったかもしれないが途中で怪我したしそこまで行かなかったしなぁ、まぁ菅野くらいしか思いつかないなぁ。だったら則本や美馬も選ばれていなければいけないという理屈になるから、日本シリーズに出場した投手は選ばれていないからジャイアンツから選ばれた選手がいないのは当然かなぁ。こんなことだから永谷は本職の野球でも評価の点でいわれてしまうんだよ。
 8日に元コミッショナーの根来が亡くなったが、喪章をつけて試合をするということはなかったし放送でも触れられなかった。しかし根来といい、加藤といい官僚出身のコミッショナーはロクなのがいないなぁ。根来は公正取引委員会の委員長、加藤は外務事務次官、駐米大使を経験しているが、官僚としてもどうだったのかなぁ?と思ってしまうコミッショナーとしての仕事ぶりであった。


採点は初戦と3戦目はテレビ朝日、2戦目はTBSテレビ
初戦
実況:清水俊輔。特になし。 6.0
ゲスト:渡辺久信、高橋由伸。特になし。 5.5
リポート:斉藤康貴。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 放送は報道ステーションの前まで6回の平田のタイムリーまでであった。工藤がこの日いなかったのは工藤が学生指導講習を受けていたためであると思われる。この指導者講習に元バファローズ監督であった岡本伊三美が82歳で受けていた事が話題となり、参加者の中では最年長だったという。岡本といえば、次女の久美子が80年代から91年までプロテニスプレーヤーとして活躍していたが、今どうしているのか?岡本は久しぶりに名前を聞いたなぁ。

2戦目
実況:初田啓介。特になし。 6.0
解説:槙原寛己。特になし。 5.5
ゲスト:野村謙二郎。広島の選手が多数出ていたから3戦の中では一番適した日に出てきたことになるが、TBSの日に日テレ食の強い男が出てくるとは。 5.5
リポート&インタビュー:侍ジャパン・佐藤文康、台湾・石井大裕。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 3連戦の中では唯一最初から最後まで中継をしていた。この日のラジオでは午後7時から8時までの1時間に衣笠祥雄が鉄人みゅーじっくという「アメトーーク」(広島東洋カープ特集の回の時)でも取り上げられたことのある音楽番組を放送していた。

3戦目
実況:大西洋平。3戦あった中では一番アレであったが、安全運転を心がけていた感があるなぁ。 6.0
解説:工藤公康。宮本がいたのと初戦を生で見ていない影響があったかもしれない。 5.5
ゲスト:渡辺久信、宮本慎也。宮本はワンプレーというか1球まで考えられたプレーを現役時代していたというkと緒がわかる解説であった。 6.0
リポート:斉藤康貴。特になし。 5.5
カメラワーク:炭谷が刺したプレーはVTRでバッチしであったが、リアルタイムでは死角になっていたのがなぁ。 5.5
 この試合も6回終了時点で中継が終了。テレ朝は最後まで放送しなかったことになる。この試合は大西がしていたが、来シーズンから大西が実況することになるのかななぁ?中山が8月に現場を離れてから清水が一人で行う状態であったからなぁ。清水は一人で日本シリーズ3試合も実況したからなぁ。日本シリーズでは大きな影響はなかったからいいが、U18では連投の疲れがモロに出ていたからなぁ。
 この3連戦の視聴率は裏で放送していたフィギュアスケートの半分くらいの視聴率だったらしく惨敗だったようである。テレ朝は年間視聴率競争で日テレと争っているが、日本シリーズで当ったから確実にしたらしいが、この中継では早く終わらせて正解だと思っているのかなぁ?




サムライウーマン プレミアムシャンプー
SPRジャパン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サムライウーマン プレミアムシャンプー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

funta1020
2013年11月11日 23:48
3戦目は20時50分からテレ朝チャンネル2でリレーで試合終了後の選手インタビューまでやってました。
らくすぽ。
2013年11月14日 13:58
大西アナも実況したのですね。。中継を見ていなかったので知りませんでした。。。

この記事へのトラックバック