平成25年秋場所中日&11日目

 大相撲秋場所の中日と11日目を取り上げます。
 中日はなんといっても白鵬が宝富士(マツコデラックス似)を呼び戻しを決めたことだろう。16年ぶりだったかなぁ?同じ一門である程度分かるから決めるにはいい相手なんだろう。
 7連敗であった若の里が富士東に勝ってようやく初日が出て幕内でストレート負け越しはいなかった。富士東はこの日、NHK総合テレビでの中継で特集(師匠から食事についていろいろ言われていたが、結局食べるシーンが多かった)されていたが波に乗れなかったのかなぁ。
 遠藤は臥牙丸に敗れたが見た中では一番よくない取り口であった。
 上位陣では琴奨菊が松鳳山の変化にばったりであったが、松鳳山は左を刺されないようにという結果だったと殊勲インタビューで言っていたが...その後は...
 鶴竜は妙義龍に負けた。
 稀勢の里は豊響を下したが時間がかかっていた。この日の東京新聞に稀勢の里の体調が優れないという記事があったが今場所の中盤までピリッとしなかったのはこの影響なのかなぁ?
 11日目は白鵬は妙義龍を下して連敗をしなかったが、妙義龍はかなり追い詰めた。2敗力士でいうと豊真将は敗れて3敗になったが、日馬富士は豪栄道、稀勢の里は魁聖を下して2敗を守った。
 今日から序盤5連勝スタートであった嘉風が休場となったが、昨日の取り組みでは常幸龍が嘉風を投げた時に嘉風の足が行司にヒットするというアクシデントがあり、嘉風自身も右手を骨折した。
 遠藤は旭天鵬に勝って勝ち越しした。

採点は中日はNHK総合テレビ(午後4時より)、11日目はNHKラジオ第一(後半戦のみ)
中日
実況:藤井康生。特になし。 6.0
解説:正面・音羽山親方(元大関・貴ノ浪)、向正面・関ノ戸親方(元小結・岩木山)。特になし。 6.0
リポート&インタビュー:三瓶宏志、佐藤洋之。クイズに便乗する佐藤であったが、佐藤は意外とギャグ対応するからなぁ。北の富士と組むときは北の富士のギャグに笑ってあげているし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 企画として富士東が前半戦の取組前に特集がなされ、取り組みの間には力士の珍名が特集されていた。明治時代に特に珍名が多かったということが分かった。

11日目
実況:三瓶宏志。特になし。 6.0
解説:北の富士勝昭。特になしであるが、最後でまたもや稀勢の湖(海?)といっていたなぁ。 6.0
リポート:向正面・厚井大樹、花道・三輪洋雄。特になし。 5.5
インタビュー:アーは刈屋富士雄。されたのは安美錦。勝ち越しインタビューであったが、刈屋にしまりがなかった。 5.0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック