平成25年名古屋場所13日目 白鵬の26度目の優勝が決まる

 大相撲名古屋場所13日目、結びで白鵬が琴欧洲を下して26度目の優勝を果たした。朝青龍を抜いて単独3位の優勝回数となった。また13日目での優勝も千代の富士を抜いて5度目となり最多となった。
 白鵬は右脇腹痛であったこともあり、琴欧洲に対して圧倒することは出来なかったが、白星を収めた。
 2敗で追っていた碧山は高安の変化にやられて3敗となったことで13日目での優勝が揃った。
 鶴竜は千代大龍を下し、琴奨菊は時天空を下して勝ち越しを決めて大関は4名全員勝ち越した。
 稀勢の里は日馬富士を下して10勝目。日馬富士はとったりを狙って呼び込んでしまったようである(しまなみ親方のリポートより)。日馬富士は昨日勝ち越しを決めたが、綱昇進後ではもっとも遅い勝ち越しであったという。
 今日で各段の優勝者が全て決まってしまったという。初めてらしい。
 幕内・白鵬、十両・遠藤、幕下・剛士、三段目・能登櫻、序二段・大翔鵬、序の口・蘇がそれぞれ優勝を果たした。

採点はNHKラジオ第一(後半戦のみ)
実況:船岡久嗣。特になし。 6.0
解説:舞の海秀平。特になしであるが、中日のところで書き忘れたが、近大を馬鹿にしている?発言があり親方から突っ込まれていたなぁ。グルコサミン自身は日大で、監督をしていた田中英寿は今では日大の理事長をしている。 6.0
リポート:吉田賢ら。吉田の上記リポートは良かったかなぁ。 6.0
インタビュー:アーは佐藤洋之かなぁ?特になし。 5.5
 昨日の高木アナは優吾のほうが可能性は高いと思いますが、2ちゃんねるで今場所は担当者が入院したとかでまだ4日目までしかかかれていないので100%の自信はありません。しかし優吾アナはそういえば選抜のアルプスリポートでよく登場していたなぁ。そして若林門下なんだなぁ。若林門下生にもNHKやキー局のアナも出てくるようになったんだなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック