WBC強化試合 侍ジャパン対巨人戦

 侍ジャパンの最後の強化試合である対巨人戦がヤフオクドームで行われ、侍ジャパンが6-1で勝利した。
 侍ジャパンは阿部慎之介が右膝違和感を訴えて欠場、代わりの4番は糸井、キャッチャーは相川が勤めた。
 試合は先発・大隣の球が高い。いきなり矢野に先制の一発を浴びた。結局巨人の得点はこれだけに終わった。でも大隣の失点はこれだけであったが、内容的には豪州戦での田中とドッコイクラスというのも...投手は澤村がややなぁと思ったが、後はまぁいいのかなぁ。
 問題の打線は角中を2番に据えるという改造を行いこれが功を奏したのかはどうだか分からん。
 3回に内川のタイムリーで同点に追いつき、5回の角中の投手ゴロの間に勝ち越し、6回に坂本が2死満塁からの2点タイムリーで事実上試合は決まった感じであった。8回には内川が2点タイムリーを放った。
 また落選した村田が巨人の4番サードで先発出場して、1回の第1打席でヒットを放ち2塁を狙ったが内川の好送球でアウトという皮肉なプレーもあった。

採点はTBSテレビ
実況:林正浩。いかにも本番前だったなぁ。 5.5
解説:桑田真澄、槙原寛己。桑田は先輩のせんだみつおではなくて槙原だったからなのかややいつもと比べると遠慮があったかもしれない。 5.5
リポート:日本・初田啓介、巨人・新タ悦男。特になし。 5.5
インタビュー:アーは初田啓介。されたのは山本監督と坂本。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
応援サポーター:中居正広。もうどうでもいい。 4.0
 対戦相手が巨人ということもあるのかは不明であるが、いつもの強化試合と比べると相手チームである巨人の状態にも触れるケースが多かった。



マーラー:交響曲第1番「巨人」
EMIミュージックジャパン
テンシュテット(クラウス)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マーラー:交響曲第1番「巨人」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

巨人の星 ミュージック・ファイル
徳間ジャパンコミュニケーションズ
アニメ主題歌

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 巨人の星 ミュージック・ファイル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

福岡隊長
2013年03月01日 12:20
テレ朝は第1R中継の第1・2戦も実況が清水、リポートが日本側が三上、相手側が大西となっているので中山アナは一線を退いた可能性が高いですね。

この記事へのトラックバック