ロンドン五輪 柔道男子73キロ以下級&女子57キロ以下級

 ロンドン五輪大会6日目になっていますが、4日目の柔道競技を取り上げます。
 4日目は男子は73キロ以下級、女子は57キロ以下級が行われ、女子の松本薫が今大会日本人選手第1号の金メダリストとなった。男子の中矢力は決勝で敗れ銀メダルに終わった。
 松本は今に始まったことではないが、控えているときから何かつぶやき、目は野獣と化してスタンばっていた。試合が開始されてからも野獣の目つきで相手にいいところを持たせず常に前に前に出て特別技が冴えたとは言いがたいが、ピンチになることもほとんどなく、決勝も禁止技をかけたということで一発反則勝ちではあったが、負ける要素は感じられなかったなぁ。
 中矢は決勝で得意の寝技で不利な状況を作り結局負けたが、中矢は代表が決まってからコンディションが良くないような報道がされた時期があっただけに1回戦まけも俺は覚悟していたが、決勝まで進むとはなぁ。それでも金は取れなかったが。
 中矢力の力は長州力から名づけられたというが、親はプロレス好きだったのかなぁ?ちなみに長州はミュンヘン五輪にレスリングの韓国代表として出場していた。

採点はNHK総合テレビ
実況:三瓶宏志(NHK。女子)、竹下陽平(フジテレビ。男子)。三瓶は特になしであるが、竹下は松本に続いて中矢もと意気込みすぎたなぁ。 三瓶6.0 竹下5.5
解説:谷本歩実(女子)、金丸雄介(男子)。応援モードがあったかなぁ。 5.5
カメラワーク:特になしというか。 6.0
スタジオ:松尾剛、森京子。特になし。 5.5
インタビュー:アーは蛯原哲(日本テレビ)。大会2日目の柔道競技で小笠原亘(TBSテレビ)のインタビューに対して批判がNHKに寄せられていたとネット上で言われたためなのか、マイルドにエビはインタビューしていたなぁ。3日目はのTBSテレビはインタビューを流さず放送を終えた。また小笠原は今日の東京新聞の投稿欄(私がいつも書く芸能テレビ欄ではなく普通の投稿欄)にインタビューするタイミングについての批判の投書が掲載されていた。 5.5
 この放送は午前0時20分までであったが、表彰式まで中継したこともあるのか、中継が終わったのは午前1時過ぎで約1時間オーバーで、体操の団体決勝はEテレに回っていた。またメダル確定時にテロップが流れていたが、放送している局でのテロップは別にいいだろうしなくて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック