6月の亀田&藤本京太郎

 6月のボクシングで亀田大毅と和毅の試合がそれぞれ行われた。また井岡と八重樫との統一戦の前座として藤本京太郎の試合が行われ、それぞれまとめて27日の午前3時10分から4時38分まで放送されていた。
 大毅は後楽園ホールでジョンバニ・ソト(メキシコ)と対戦して4R21秒レフリーストップによるTKO勝利であったが、面白くはなかった。
 和毅はメキシコでWBCバンタム級シルバー王座決定戦なる試合を行いハイロ・エルナンデスに11R終了後TKO、エルナンデスの戦意喪失によるものらしい。
 藤本京太郎はクラレンス・ヒルマンと対戦し3RKO勝利。ヒルマンは京太郎より身長体重ともに上回っていたが、PRIDEにかつて出ていたズールを思い起こさせるようなキャラだったなぁ。ズールよりかはヒルマンは当然小さいのであるが。

採点はTBSテレビ
実況:新タ悦男(亀田兄弟戦)、杉山真也(藤本戦)。新タはご苦労さんといいますか。杉山はTBSのスポーツアナの中で唯一といっていいのかプロ野球中継のエキサイトベースボールの実況陣に入っていないがだけのことはあるかなぁ。 5.5
解説:佐藤修。佐藤にしてはいいほうだったかもしれないが... 5.5
カメラワーク:和毅の試合はテロップが入るほど状態は良くなかったが、とにかく画質がとにかく悪かった。 4.0
 亀田の試合後にはインタビューもあった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック