広島対横浜戦中継 笑えるTBSエキサイトベースボール

 広島対横浜戦は12-5で横浜の勝利。横浜先発の高宮は6回まで投げて5失点ながら大量得点に助けられプロ入り初先発をプロ入り初勝利で飾る。一方広島先発はプロ初登録、プロ入り初登板、プロ入り初先発の佐藤は3回途中でKOされる。

採点はTBSラジオ

実況:新夕悦男。社蓄ぶりと脱線ぶりが笑える。本塁打が6本でたから金額を数え、115万円なりと言ったのは笑える。また寒いせいか熱い食べ物に夢中になるなど逸脱しすぎ。試合が面白いものではなかったからとはいえ、、、 4.5
解説:有藤道世と川口和久。二人も要らないが有藤は笑えた。有藤は中畑や野村謙二郎といったのと同様に理論タイプの解説者ではなく、気持ちで解説するタイプの解説者である。このタイプはチームリーダーと言われた人に多いタイプの解説者で、監督には向いていないタイプなんだと改めて感じる。またTBSの解説者のくせに現在ホームラン背番号現金プレゼントをいましているのにそれを知らないのには笑えたしそれくらい頭に入れろ!また球場の食べ物の話しの時に球場の弁当を駅弁と言っていたのには笑える。また雨が降ると少し待っとけと言ったりして、リーダー型解説者はツッコミどころ満載が多いな。それでも広島2番手投手の長谷川に対して「打者に向かっていない」発言などまともな発言もある。
 川口は広島球場の客席で放送をしていた事もあり、客から声援を受けて答えていたようだ。長谷川に対しては色々いいたそうであるが衣笠みたいに匙を投げていないようであるのだが、、、 5.0
リポーター:横浜は清原アナ。広島は中国放送のアナ。清原アナは特筆事項なしだが、中国放送アナは前田が試合前の練習中に風が強くネットが前田を直撃したエピソードを披露してくれたのは良かった。 6.0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック