アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「フィギュアスケート」のブログ記事

みんなの「フィギュアスケート」ブログ

タイトル 日 時
NHK杯フィギュア2015 男子シングル
 羽生結弦のとんでもない世界最高点が出たNHK杯フィギュア男子シングルを取り上げます。  羽生はSPで106.33というSPでも世界最高点をマークし、フリーでも216.07点出してフリーも世界最高点、合計で初の300点超え(322.40点)であったが、余裕で300点を超える合計って意味不明で織田信成と鈴木明子はあごが外れたといっただけでなく鳥肌がたったという言葉が出た。  GPファイナル出場どうこうではなかったなぁ。あの2日間みるとほかは全て吹っ飛んだなぁ。  ちなみに2位は中国の金博洋、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/09 20:40
NHK杯フィギュア2015 ペア
 NHK杯フィギュア、ペアを取り上げます。  ペアは昨シーズンのGPファイナル&世界選手権の金メダリストであるメーガン・デュアメル&エリック・ラフォード組(カナダ)が2位に11.7点差をつけて貫禄の優勝を果たした。  2位は中国のペア、3位はアメリカのペア。2位と3位は0.36点差、4〜6位は1.5点差しかないが、3位と4位は8.96点差もある。6位から離れて7位、7位から離れて8位という塊?になっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/09 20:27
NHK杯フィギュア2015 アイスダンス
 11月28・29日に行われたNHK杯フィギュアのアイスダンスを取り上げます。  アイスダンスはアメリカのシブタニ兄妹がショートダンス1位になり、フリーダンスも得点を伸ばして2度目の優勝を果たした。ショートダンスはアメリカ、アメリカ、ロシア、ロシアの順であったが、最後は2位と3位がひっくり返った。  シブタニのアニキは優勝インタビューで自分はバカと言ってしまうこともあった。  日本勢は2組出場。平井絵巳&マリオンデ・ラ・アソンション組は最下位、姉のキャシーの引退でパートナーが変わったクリス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 23:20
NHK杯フィギュア2015 女子シングル
 11月27、28日に長野のビックハットで行われたNHK杯の女子シングルを取り上げます。  浅田真央はSPで精彩を欠いて4位でスタートすると、フリーでも挽回できず3位に終った。一方宮原知子はSPでトップに立つとフリーでも順調に得点を伸ばし、SP、フリーとも1位で2位に19.99点、約20点離しての余裕の優勝であった。ちなみに宮原の得点は203.11点で200点超えを果たした。  2位はSP2位につけていたコートニー・ヒックス(アメリカ)、4位はSP3位にアシュリー・ワグナー、5位に長洲未来、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 23:04
フィギュアスケートGPシリーズ’15 中国杯
 11月6・7日に中国・北京でフィギュアスケートのグランプリシリーズンの第3戦である中国杯が行われた。  注目はなんといっても浅田真央の競技者としての復帰であった。  浅田はSPで71.73点をたたき出して、2位の本郷理華に6点近くの差をつけてトップに立つと、フリーではミスも目立ったが、SPの貯金もあったのか逃げ切って復帰戦優勝(197.48点)を飾った。  2位はSP2位スタートであった本郷理華、3位はエレーナ・ラジオノワ、4位はアンナ・ポゴリラヤとなった。  日露対決と思われたが、ラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/12 23:38
全日本フィギュア2014
 12月26日から28日まで長野・ビックハットで全日本フィギュアが行われた。  男子シングルは羽生結弦がSP、フリーともに1位で合計も286.86点で3連覇を達成した。2位は高校生でジュニアグランプリファイナルを制した宇野昌磨、3位は今季精彩を欠いていた小塚崇彦となった。  羽生が町田に約4点差をつけると、フリーでは一人旅状態となって独走の優勝であった。宇野は昨年はトリプルアクセルが決まらず、今年の全日本ジュニアでもフリーはなんだかなぁという演技であったが、ジュニアグランプリファイナルでは素... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 20:08
フィギュアスケート エリック・ボンパール杯2014
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ第5戦、フランス杯が11月22・23日に行われた。   男子シングルではマキシム・コフトゥン(ロシア)が243.35点でSP6位からの逆転での優勝となった。アメリカ大会に続く優勝を狙った町田樹はジャンプでの失敗もあり2位に終わった。町田はフランス杯は2位に終わったが、ファイナル出場を決めた。  3位はカザフスタンのデニス・テンが入ったが、ソチ五輪の銅メダリストであったが、グランプリシリーズでは初めてとなる表彰台であった。羽生と激突したエン・カンも滑り8... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/28 15:53
フィギュアスケート ロシア杯2014
 フィギュアスケート’14’15シーズン前半のグランプリシリーズ第4戦のロシア杯が11月14・15日にモスクワで行われた。  女子シングルでは五輪金メダルのソトニコワが欠場した。ソトニコワが出場することもあったのかロシアの有力選手はポゴリラヤくらしかいなかった。  そのポゴリラヤもSPで3位と60点に届かない低調となった。  フリーで本郷理華がSP2位から逆転で始めてグランプリシリーズでの優勝を果たした。得点は178.0点と高くはなかった。  2位がポゴリラヤ、3位はSP1位のアレイン・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/28 15:37
フィギュアスケートGPファイナル2014
 フィギュアスケートは現在全日本選手権が行われていますが、スペインのバルセロナで現地時間12月11日から13日まで行われたシーズン前半戦の山場であるグランプリファイナルを取り上げます。  男子は羽生結弦が優勝して2連覇を達成した。SPでは転倒減点があったが、グランプリシリーズであった制裁を欠いた演技は潜めていた。ただ点灯しながらの演技であったためか高得点しながらスペインの観客には受けがよろしくなかったようである。  フリーでは2位以下を圧倒し合計で288.16点で2位に34.26点も離す圧倒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/28 14:27
全日本ジュニアフィギュア2014
 今年最後の3連休に新潟でフィギュアスケートの全日本ジュニアが行われ、女子シングルでは中2の樋口新葉が187.95点でSP、フリーともに1位で2位の坂本花織の168.82点を大きく引き離しての初優勝となった。3位は樋口とともにジュニアグランプリファイナルに出場する永井優香であった。  男子は宇野昌磨がジャンプで失敗しながらもSPで80点を超す高得点を稼いだこともあるのか210.72点でこちらも初優勝となった。フリー1位の山本草太は202.50点で2位に入った。  女子の樋口はひとり抜けていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/01 21:23
フィギュアスケート 中国杯2014
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦である中国杯が上海で行われている。  なんといっても衝撃的だったのは最後の6分間練習で羽生とエン・カンが激突し流血し、その後演技をしたことだろう。  お互い後ろを向いてスピードに乗って気がついたときには避けられない状態となっていた。  これにより6分間練習は中断され、その後再開された。羽生は再開後に練習をしていた。  フリーの演技では棄権と思われたエン・カンが羽生の前に滑り6位、羽生は5度の転倒があったが2位に入った。優勝は羽生の後に滑ったコ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/09 10:39
フィギュアスケート スケートカナダ2014
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦、スケートカナダが10月31日から行われた。  男子シングルでは無良崇人がSP2位から逆転で2年ぶり2度目のグランプリシリーズ優勝を果たした。   SP1位であったハビエル・フェルナンデスはフリーでは精彩を欠いて2位に終り、無良に逆転を許すことになった。3位は4回転を入れなかったマックス・アーロン。小塚崇彦はコンディションに問題があったこともあるのか精彩を欠いた演技で8位に終った。  女子は初戦のアメリカ大会に続いてロシア勢のポゴリラヤが優勝、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/06 22:25
フィギュアスケート スケートアメリカ2014
 フィギュアスケートの’14’15シーズンが始まり、10月24日から26日までシカゴでグランプリシリーズの初戦であるスケートアメリカが行われた。  男子シングルでは町田樹が269.09点と2位のジェイソン・ブラウン(アメリカ)に34.92点もの差をつけての圧勝劇であった。  町田は唯一のいい感じだったからなぁ。3位はカナダのナム・グエン。ソチ五輪銅メダリストのデニス・テンは4位に終わった。ショートからアレだったからなぁ。  昨シーズンで引退の予定であったジェレミー・アボットは現役続行で5位... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/06 22:14
フィギュアスケート ジャパンオープン&カーニバルオンアイス2014
フィギュアスケート ジャパンオープン&カーニバルオンアイス2014  フィギュアスケートの2014〜2015シーズンの幕開けともいうべきジャパンオープン&カーニバルオンアイスが4日に埼玉スーパーアリーナで行われた。  ジャパンオープンは欧州(ハビエル・フェルナンデス、トマシュ・ベルネル、エレーナ・ラジオノワ、アンナ・ポゴリラヤ)が551.95点で優勝、2位は北米(パトリック・チャン、ジェフリー・バトル、長洲未来、アシュリー・ワグナー)が522.09点、日本(無良崇人、小塚崇彦、村上佳菜子、宮原知子)は512・24点でビリであった。  欧州はフェルナンデスがミ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/12 09:54
ドリーム・オン・アイス2014
 五輪後フィギュアシーズンの幕開け前のひと時であるアイスショーであるドリームオンアイスが6月27日から29日まで新横浜スケートセンターで行われた。  放送順に言うと村上佳菜子、羽生結弦、エフゲニー・プルシェンコ、エレーナ・ラジオノワ、無良崇人、安藤美姫、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ、宮原知子、ハビエル・フェルナンデス、宇野昌磨、鈴木明子、織田信成、今井遥、本郷理華、松田悠夏、フィナーレ、本郷と松田の間にはハイライト扱いで日野龍樹、田中刑事、三原舞依が扱われていたが、アイスダンスの平井絵... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/06 11:13
世界フィギュア2014 エキシビジョン
世界フィギュア2014 エキシビジョン  世界フィギュア2014も終わりましたが、今回はエキシビジョンを取り上げます。  エキシビジョンは個人的に面白かったのはモナコのルシーヌのスーパーマリオかなぁ。このルシーヌは男子シングルで29位となりフリーに進めない成績であったが、エキシビジョンには出場した。  ルシーヌのエキシが注目を浴びたのはそれだけでなく、コントローラーを操作する役にトマシュ・ベルネル、カロリーナ・コストナーも出演するという豪華さも添えた。  そしてトマシュ・ベルネルが7年前に行われた東京の世界選手権のエキシビジョン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/02 21:34
世界フィギュア2014 アイスダンス
世界フィギュア2014 アイスダンス  フィギュアスケートの世界選手権も終了しましたが、ここではアイスダンスを取り上げます。  アイスダンスは28日と29日に行われた。  ソチ五輪の金・銀メダリストが不出場となりメダル争いは混沌としたが、ソチ五輪6位のイタリアのアンナ・カッペリーニ&ルカ・ラロッテ組が初制覇した。2位はソチ五輪7位のカナダのケイトン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ組、3位はソチ五輪4位のフランスのナタリー・ぺシャラ&ファビアン・ブルザ組となった。五輪唯一のメダリスト(銅メダル)からの出場であったロシアのエレーナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/31 22:44
世界フィギュア2014 ペア
世界フィギュア2014 ペア  フィギュアスケートの世界選手権がさいたまスーパーアリーナで行われていますが、最初のメダリストが誕生したペアを取り上げます。  26日にショートプログラム、27日にフリー演技が行われた。  日本からは高橋成美&木原龍一組が参加したが17位で16位まで進めるフリーに進めなかった。五輪よりも16位との差は開き1.84点差であった。  五輪の金メダルペアは出場しなかったが、銀と銅メダルのペアは出場した。  SP1位であったアリョーナ・サブチェンコ&ロビン・ゾルコビー組(ドイツ)がフリーも1位で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/30 11:02
世界フィギュア2014 女子シングル
 フィギュアスケートの世界選手権の女子シングルが27日にショートプログラム、29日にフリー演技が行われ、浅田真央が216.69点のパーソナルベストをマークして4年ぶりの女王となった。  2位はソチ五輪5位のリプニツカヤ(ロシア)、3位は五輪銅メダルのカロリーナ・コストナー(イタリア)であった。  日本勢は鈴木明子は6位、村上佳菜子は10位であった。海外勢の主な選手は4位はロシアのアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)、5位はグレイシー・ゴールド(アメリカ)、7位はアシュリー・ワグナー(アメリカ)、8位... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/29 22:05
世界フィギュア2014 男子ショートプログラム
世界フィギュア2014 男子ショートプログラム  フィギュアスケートの世界選手権が26日さいたまスーパーアリーナで開幕した。初日に行われた競技のうち男子のショートプログラムを取り上げます。  五輪開催年での世界選手権ということで欠場選手が相次ぎ、銀メダリストのパトリック・チャン(カナダ)や銅メダリストのデニス・テン(カザフスタン)、故障という事情であるが高橋大輔も欠場している。  高橋の代わりに小塚崇彦が出場、また五輪で引退するはずであったトマシュ・ベルネル(チェコ)も引退を引き伸ばして出場してきた。  SPトップであったのは町田樹で五... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/26 22:09
世界ジュニアフィギュア2014
世界ジュニアフィギュア2014  3月12日から16日までブルガリアのソフィアでフィギュアスケートの世界ジュニア選手権が行われた。  女子シングルではエレーナ・ラジオノワが194.29点で圧勝して史上初の大会連覇を達成、浅田真央やリプニツカヤですら大会連覇はならなかったというのに。リプニツカヤはラジオノワに阻まれたのであったが。  2位はセラファマ・サハノヴィッチ、3位はエフゲニア・メドベテワとロシアが表彰台を独占した。  日本勢は宮原知子の4位が最高で、本郷理華は8位であった。  男子はカナダのナム・グエンが217.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/20 21:22
ソチ五輪 フィギュアスケートペア
 ソチ五輪大会5・6日目に行われたフィギュアスケートのペアを取り上げます。  金は地元ロシアのタチアナ・ボロソジャール&マキシム・トランコフ組、銀もロシアのクセニア・ストルボワ&フョドル・キリモフ組、銅はドイツのアリョーナ・サブチェンコ&ロビン・ゾルコビー組であった。  金のペアは完璧で236.86点で銀のペアに18.18点もの大差をつけた。サブチェンコ&ゾルコビー組は男性が序盤でジャンプで転倒、終盤も投げた時に女性が転倒とミスが相次ぎ、ショート2位から転落しバンクーバー五輪同様銅メダルに終... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/06 21:36
ソチ五輪 フィギュアスケート男子シングル
 ソチ五輪に日本選手団にようやく金メダル獲得となった。  羽生結弦が280.09点で金メダル、パトリック・チャン(カナダ)が275.62点で銀メダル、デニス・テン(カザフスタン)が255.10点で銅メダルとなった。  町田樹は253.42点で5位、高橋大輔は250.67点の6位で日本勢は3人とも入賞した。  SP3位であったハビエル・フェルナンデス(スペイン)は4位、エン・カン(中国)が7位、フリー最終滑走のジェイソン・ブラウン(アメリカ)は9位、SPで転倒して激突したジェレミー・アボット... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/16 11:46
ソチ五輪 フィギュア団体男子&女子&アイスダンスフリー
 ソチ五輪大会3日目、新種目であるフィギュア団体の最終日、男子・女子・アイスダンスのフリー演技が行われ、ロシアが76ポイントで金、カナダが65ポイントで銀、アメリカが60ポイントで銅メダルを獲得、日本は51ポイントで5位、イタリアが52ポイントで4位となった。  男子フリーでは町田樹が登場、プルシェンコの直後という事なのか躍動感がいつもより感じでなかったプルシェンコはおろか、4回転を全部決めたカナダのケビン・レイノルズよりも得点を下回り3位となり8ポイントに終わった。一応この時点で4位に浮上し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/10 23:00
ソチ五輪 フィギュア団体女子SP&アイスダンスSD&ペアフリー
 ソチ五輪大会2日目、フィギュア団体はアイスダンスのショートダンス、女子ショートプログラムでフリーに進める5カ国が決定し、5カ国でペアのフリー演技がそれぞれ行われた。  アイスダンスはリード姉弟が出場し、52.00点の8位で3ポイントを獲得した。滑走順どおりの順位であり想定どおりであった。  アイスダンスはアメリカ、カナダ、ロシア、フランス、イタリア、ドイツ、イギリス、日本、ウクライナ、中国の順位であった。  アメリカ、カナダの1・2位はともかく、前回アイスダンス金メダリストのバーチュ&モ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/09 13:15
ソチ五輪 フィギュア団体男子&ペアSP
 ソチ五輪も開幕しましたが、開幕前日に行われたフィギュア団体の男子とペアのショートプログラムを取り上げます。  今回から始まったフィギュア団体、出場は10カ国(日本、ロシア、アメリカ、カナダ、中国、ドイツ、フランス、イギリス、ウクライナ、イタリア)、上位5カ国がフリーに進めるという。  団体初日の男子ショートプログラムは日本は羽生結弦が出場し、いい滑り出しで男子ショートプログラムを締めた。97.98点でトップを獲得し10点を獲得した。  2位はロシアでプルシェンコが91.39点であった。ロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/02/08 10:07
四大陸フィギュア2014
 1月22日から25日まで台湾の台北で四大陸フィギュアが行われ、男子では無良崇人、女子では村上佳菜子がそれぞれ優勝、男子では小塚崇彦、女子では宮原知子が2位でシングルでは男女とも1・2位を占める形となった。男子の残りの田中刑事は17位、女子の今井遥は4位であった。  五輪直前ということで五輪出場選手は有力国は出場しないことが多かったが、男子では昨年の銀メダリストのデニス・テン、女子では村上佳菜子らは出場した。  男子はSPで自己新でトップとなったのは無良崇人で、2位アメリカのドーンブッシュ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2014/01/25 22:37
GPシリーズ2013 ロシア杯
GPシリーズ2013 ロシア杯  フィギュアスケートのグランプリシリーズ2013最終回の記事はロシア杯です。  男子は町田樹が257.00点で優勝、アメリカ杯に続いての優勝となった。アメリカ杯ほど出来栄えはよくなかったが、出来る範囲内でよくやっていた。SP2位からの逆転であった。アメリカ杯から期間があったとはいえ、その間に全日本選手権出場のために西日本選手権を出場しなければならず、出場した影響が出てしまったのかなぁ?  2位は地元ロシア、SP1位のマキシム・コフトンであった。コフトンはファイナル出場し、その後ロシア選手権で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/28 21:16
GPシリーズ2013 エリック・ボンバール杯
GPシリーズ2013 エリック・ボンバール杯  フィギュアスケートのソチ五輪代表は日本では決まりましたが、取り上げていなかったグランプリシリーズのフランス大会ことエリック・ボンバール杯を取り上げます。  この大会もカナダ大会と同じくチャンと羽生の対戦であり、チャンが勝利をした。295.27点という歴代最高を更新しての優勝であった。羽生は263.59点の2位でこの時点でファイナル出場を決めた。羽生は意識をしすぎてチャンには連敗したが、ファイナルでリベンジをした。五輪本番ではチャンが意識すると思うがどうなんでしょうか。  3位はアメリカのジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/28 20:57
メダリストオンアイス2013
 全日本フィギュアのエキシビジョンであるメダリストオンアイスがイブの24日に行われた。  全般的に感傷にならず、派手さもなく落ちついた風の感じであった。また最後には織田信成が引退を表明して女子五輪出場選手が花束を渡すことがあった。やはり織田は最後も泣いていたなぁ。織田はそれにしてもよく泣くなぁ、鈴木が優勝を決めても鈴木本人よりも泣いていたし。過去も泣くことが多かったし。  五輪出場選手が中心であったが、織田や小塚、宮原といった五輪からは漏れた選手の演技も映し出されていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/12/24 23:08
全日本フィギュア2013 女子フリー
全日本フィギュア2013 女子フリー  全日本フィギュアの大会3日目が23日に行われ、女子フリー演技、ペアフリー、アイスダンスのフリーダンスが行われた。  注目の女子フリーは浅田真央がジャンプでミスがあったりして波に乗れず合計得点も200点に届かず199.50点の3位に終わった。  優勝したのは鈴木明子で1週間前にはジャンプがロクにできなかったというのが信じられないくらいの出来栄えであった。終わる前に既に歓喜極まった感じであった。得点も国内基準とはいえ215.18点であった。  2位は村上佳菜子でこちらもSPに続いて好演技であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/24 22:54
全日本フィギュア2013 男子フリー&女子SP
 全日本フィギュア大会2日目は男子フリー演技や女子のショートプログラム等が行われた。  男子フリー演技ではSP1位の羽生結弦が最初の4回転サルコーで転倒したが、次の4回転トゥーループは着氷でこらえて転倒を防ぐと、以降は立ち直り終盤に向けて調子を上げていきフリーの技術点は100点を越えた。フリーでもトップの194.70点で合計も300点に近づく297.80点で2年連続の優勝をしてソチ五輪出場を決めた。  最終組2番目はジュニア選手で唯一最終組に入った宇野昌磨で懸念された最初のトリプルアクセルを... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/23 14:28
全日本フィギュア2013 男子ショートプログラム
 ソチ五輪出場権を懸けた全日本選手権が埼玉スーパーアリーナで開幕し、初日となる21日は男子ショートプログラム等が行われた。  注目の第4グループでは町田樹がいい演技をして演技後のインタビューでも強い意志が感じ取れたので精神的にもいい緊張が出ているのかなぁ?  これで焦ったのかどうかは不明であるが無良崇人はジャンプで大きなミスが2つ出てしまい、町田とは20点以上離されただけでなく2位につけることも出来ず、第3グループ終了時点でトップにいた宇野昌磨よりも得点が下であった。無良は演技前にコーチであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/21 22:38
NHK杯フィギュア2013 エキシビジョン&豊の部屋
NHK杯フィギュア2013 エキシビジョン&豊の部屋  NHK杯フィギュアの書き残しであるエキシビジョンを取り上げます。最後の競技であるアイスダンス終了後に行われた。  演技前には豊の部屋パート1が行われ、高橋成美&木原龍一ペアから始まり、印象に残ったのは長洲未来が日本に来て楽しみということでユニクロで買い物と回答したら鳥海アナが注意する一幕(NHKなので固定企業名を出すのはNGというあまり意味のない規制ではあるが)があった。  またパート2ではPPVが行われている会場から浅田舞のリポートが入った。また、デービス&ホワイト組のときに豊はお体をお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/17 23:12
第82回全日本ジュニアフィギュア
第82回全日本ジュニアフィギュア  11月22日から24日まで日本ガイシアリーナアイスリンク(名古屋市)で全日本フィギュアスケートジュニア選手権が行われた。  男子シングルでは田中刑事がSP,フリーとも1位を獲得して215.29点で優勝した。2位は宇野昌磨、3位は日野龍樹であった。  田中と日野は今年でジュニア最終年で羽生と同級生であり羽生と引き離されてしまい、二人とも最終年までジュニアで演技をするとは考えていなかったらしく、それならこの大会で4回転をしようと二人で誓い合ったが、上手くはいかなかった。それでもフリーでは日野は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/14 23:21
グランプリファイナル2013 エキシビジョン
 グランプリファイナル最終日の8日はエキシビジョン等が行われた。エキシビジョンではラジオノワはNHK杯でも披露したナンバーを演じた。  面白かったのはアイスダンス3位のナタリー・ぺシャラ&ファビアン・ブルザ組(フランス)が会議室でよく使われる机に女性を乗せて演技を始めるということをしていた。  浅田真央はとにかく笑顔で滑り話題となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/10 22:33
グランプリファイナル2013 女子フリー
グランプリファイナル2013 女子フリー  グランプリファイナル大会3日目が7日行われ、女子フリー演技では浅田真央がトリプルアクセルの2度挑戦したが、1度目は回転したものの転倒、2度目は両足着氷してしまい上手くいなかった。直前の6分間練習でも失敗していたからなぁ。その後はまとめたが...それでも唯一の200点超えで204.02点で2年連続4度目の優勝を飾った。  2位はフリーでは浅田真央(131.66点)に次ぐ高い得点(125.45点)をマークしたユリア・リプニツカヤで合計192.07点であった。4名出場したロシア勢では唯一の表彰台と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/10 22:19
グランプリファイナル2013 男子フリー
グランプリファイナル2013 男子フリー  フィギュアスケートのグランプリファイナル2日目がマリンメッセ福岡で行われ、男子シングルのフリー演技が行われ羽生結弦がトータル293.25点の自己ベストをマーク、世界歴代2位の高得点で初制覇した。  羽生は最初の4回転サルコウは転倒して失敗したが、その後はいい演技で進み合計点で自己ベストを30点近く上回る得点であった。キスアンドクライでは昨日のショートプログラム同様どう表現していいのかまたは声援に応える余裕がなかったのかは不明であるが、なんともいえない感じであり、コーチのブライアン・オーサーも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/06 23:01
グランプリファイナル2013 男女ショートプログラム
グランプリファイナル2013 男女ショートプログラム  フィギュアスケートのシーズン前半のトリを飾るグランプリファイナルがマリンメッセ福岡で開幕し、初日は男女のショートプログラムが行われた。後はジュニアのグランプリファイナルの男子ショートプログラムもその前座として行われた。  男子は羽生結弦が99.84点という世界歴代最高得点でトップに立ち、最終滑走者のパトリック・チャンは羽生の世界最高を意識したのかミスがある程度出て87.47点の2位、同じく影響を受けてしまったのか町田樹は技術点が26.52点と大幅に低かったのが影響して6位スタートとなった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/05 23:33
NHK杯フィギュア2013 女子シングル
 NHK杯フィギュア、今回は女子シングルを取り上げます。  ショートプログラムは浅田真央が70点を超える71.26点でトップスタート、2位は鈴木明子で66.03点、3位はロシアのラジオノワ、4位はアメリカのゴールド、5位はイタリアのマルケイ、6位はグランプリシリーズデビューの宮原知子、7位はロシアのレオノワ、8位は長洲未来、9位はゲデバニシビリであった。  フリー演技は浅田真央は合計207.59点でフリー&合計点で自己ベストを上回った。合計もバンクーバー五輪の205.50点を上回って払拭出来... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/04 22:31
NHK杯フィギュア2013 男子シングル
 NHK杯フィギュア、男子シングルを取り上げます。  ショートプログラムは高橋大輔が95.55点という自己ベストを更新する得点で2位のハビエル・フェルナンデスを10.77点差を離して独走スタートとなった。  織田信成は3位、無良崇人は5位、アメリカ勢はリッポンが4位、アボット7位、アーロン8位、ロシア勢はボロノフ6位、メンショフ9位スタートとなった。  フリープログラムでは高橋大輔はジャンプで多少ミスが出たもののいい演技で268.31点で2年ぶり5度目の優勝を果たした。  2位は織田信成... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/04 22:14
NHK杯フィギュア2013 アイスダンス
 NHK杯フィギュア、第2弾はアイスダンスです。こちらはメリル・デービス&チャーリー・ホワイト(アメリカ)組が186.65点の圧巻の演技で大会2連覇を果たした。  2位はイタリアのアンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ組で160.06点、3位はシブタニ兄妹であった。日本のキャシー&クリスのリード姉弟は6位であった。リード姉弟はクリスが膝の状態が悪い中、それを感じさせない演技を披露していた。が、演技を終えると相当つらく見えた。五輪出場を獲得したからどうなるかと思ったら、たるむところはなかった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/04 22:02
NHK杯フィギュア2013 ペア
NHK杯フィギュア2013 ペア  フィギュアスケートのグランプリファイナルが明日始まろうとしていますが、NHK杯から記事を上げていませんで、これから上げていこうと思います。  ということでNHK杯のペアから行きます。  結果は世界選手権金メダルのロシアのタチアナ・ボロソジャー&マキシム・トランコフ組が236.49点で2位の彭程&張昊組(中国)を54.31点を離しての圧勝劇であった。  2・3位は中国ペアであったが、少し前は中国ペアかそれ以外かという感じであったが、異なってきたなぁ。  4・5位がアメリカペア、6位はカナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/04 21:56
フィギュアスケートGPシリーズ2013 中国杯
フィギュアスケートGPシリーズ2013 中国杯  11月1・2日に北京でフィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦である中国杯が行われた。  男子シングルでは小塚崇彦が出場したが、ジャンプでミスをするなどしてミスが目立ち226.92点で3位に終わった。優勝したのは閽涵(ハン・ヤン)が245.62点で初優勝を果たした。中国人のGPシリーズでの男子シングル優勝は初めての出来事であった。  2位はロシアのマキシム・コフトンであった。コフトンはもったいないジャンプミスがあった。  今年の世界選手権の銀メダルのデニス・テンは4位、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/07 22:33
フィギュアスケートGPシリーズ2013 スケートカナダ
フィギュアスケートGPシリーズ2013 スケートカナダ  10月25日から27日までカナダのニューブランズウィック州セントジョンでフィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦であるスケートカナダが行われた。  男子シングルは地元で世界王者のパトリック・チャンが262.03点で圧勝、羽生結弦は234.80点で2位、織田信成は233.00点で3位で表彰台に上がった。羽生は大会前からチャンを意識していたがそれが悪い方向に出ていた。  世界選手権出場の無良崇人は精彩を欠いて最下位(10位)であった。  女子シングルはSP2位のロシアのユリア・リプニツカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/07 22:04
フィギュアスケート GPシリーズ2013 スケートアメリカ
 フィギュアスケートもいよいよ五輪シーズンとなり、前半戦であるグランプリシリーズが始まり、その初戦であるスケートアメリカがデトロイトで先週末行われた。  女子シングルは浅田真央、昨年のGPファイナル銀メダリストで地元アメリカのアシュリー・ワグナー、世界ジュニアフィギュアを今年制したロシアのラジオノワの3つ巴に近いショートプログラムであった。  SPで浅田は73.18点、ワグナーは69.26点、ラジオノワは67.01点であった。  フリーではSPで出遅れたトゥクタミシュワであったが、フリーで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/22 23:02
カーニバルオンアイス2013
 5日、さいたまスーパーアリーナでフィギュアスケートのジャパンオープンが行われましたが、競技終了後に恒例のカーニバルオンアイスが行われた。メンバーはジャパンオープンの出場選手のほかに織田信成他の日本人選手や荒川静香のレジェンドらが滑っていた。  翌日のテレビ東京の放送分では放送順に言うと織田信成、アデリナ・ソトニコワ、村上佳菜子、町田樹、アシュリー・ワグナー、荒川静香、ジェフリー・バトル、宮原知子、ハビエル・フェルナンデス、小塚崇彦、イリーナ・スルツカヤ、高橋大輔、浅田真央、グランドフィナーレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/08 22:53
フィギュアスケート ジャパンオープン2013
 フィギュアスケートの五輪シーズン開幕といっていいジャパンオープンがさいたまスーパーアリーナで行われ、日本(高橋大輔、小塚崇彦、浅田真央、村上佳菜子)が544.85点で2年連続6度目の優勝を果たした。2位は北米(ジェレミー・アボット、ジェフリー・バトル、アシュリー・ワグナー、ジョアニー・ロシェット)で528.89点、3位は欧州(ハビエル・フェルナンデス、ミハル・ブレジナ、アデリナ・ソトニコワ、イリーナ・スルツカヤ)で477.84点であった。  メンツから言って日本の優勝は堅かったが、高橋はジャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/05 21:54
フィギュアスケート国別対抗戦2013 エキシビジョン
 フィギュアスケートの国別対抗戦の最終日はエキシビジョンが行われた。普通の大会のエキシビジョンと異なるのは国別対抗戦と謳っているだけあって代表選手が揃っての演技も魅せることである。もちろん通常のエキシビジョンも行われますが。  ということですが、テレビ放送を見る限り特別エキシビジョンの演技についていうことはないというより、テレ朝の構成に非常に問題があった。エキシビジョンを視聴者に対してその魅力を伝えようとする気があるのか疑問に思えた。2時間の放送時間があったが、エキシビジョンそのものの演技は放... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/14 21:28
フィギュアスケート国別対抗戦2013 3日目
 フィギュアスケートの国別対抗戦大会3日目、女子とペアのフリー演技が行われ、順位が決定した。優勝は57ポイントのアメリカ、2位は51ポイントのカナダ、3位は49ポイントの日本、4位は39ポイントのロシア、5位は35ポイントの中国、6位は31ポイントのフランスであった。  女子はSP2位の鈴木明子がフリーでPBを出して合計199.58点で1位となり逆転した。浅田真央は転倒はなかったが、今日もトリプルアクセルはうまくいかずダブルになっていた。転倒はなかったが...ジャンプ以外は良かったのかなぁ、デ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/13 23:49
フィギュアスケート国別対抗戦2013 2日目
 フィギュアスケートの国別対抗戦2日目、ペアのショートプログラム、男子シングルとアイスダンスのフリー演技が行われた。  男子シングルは高橋大輔が合計249.52点でSP2位から逆転で1位となった。2位はSP1位のパトリック・チャンで240.21点、3位はケビン・レイノルズ(カナダ)で237.65点、無良崇人は5位であった。  高橋はノーミスではなかったが、ジャンプで何とかこらえた姿が印象的であった。チャンは後半とにかくジャンプのミスが目立ち、最後はスピンに入るところで転倒するという信じられな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/12 23:16
フィギュアスケート国別対抗戦2013 初日
 フィギュアスケートのシーズン最後を飾る国別対抗戦が代々木体育館で始まり、初日は開会式と男子・女子・アイスダンスのショートプログラム(アイスダンスはショートダンス)が行われた。  世界選手権終了後なのでアイスダンスは有力選手が欠場するなどあったが、それ以外はそれなりの選手が出場していた。  今回の出場6カ国は日本のほかはアメリカ、カナダ、ロシア、フランス、中国である。前回と比べるとイタリアと中国が入れ替わったという形になっている。  世界選手権後の大会ということでミスが全般的に多かったが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/11 23:15
世界フィギュア2013 アイスダンス&ペア
 世界フィギュアの日本勢惨敗理由がネット上でニュースになっていますが、ここでは残りのアイスダンスとペアを取り上げます。  アイスダンスは優勝は2強の争いとなりアメリカのメリル・デービス&チャーリー・ホワイト組が189.56点で2年ぶり優勝、地元カナダのテッサ・バーチュー&スコット・モイヤー組は185.04点で2位に終わった。しかし熾烈なフリー演技であった。  日本のリード姉弟は20位に終わり、今大会での五輪出場権の獲得はならなかった。日系のシブタニ兄妹(アメリカ)は8位であった。  ペアは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/20 20:30
世界フィギュア2013 エキシビジョン
 フィギュアスケートの世界選手権の激闘が終わり、エキシビジョンが最後に行われた。  一番面白かったのは男子銅メダルのファビエル・フェルナンデス(スペイン)であった。衣装も面白かったが、バッグと大きなラジカセを担いで登場し、エアロビ&ダンスナンバーをバックに滑っていたが、途中でスーパーマンを意識したと思われる衣装になったが、ポエムにとってはお笑いのイメージがあったようで八木沼からたしなめられていた。  ポエムがそう思うのは無理もないことで、後ろにマントがあったのと黄色っぽい衣装、真ん中のマーク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/18 22:45
世界フィギュア2013 女子フリー
 フィギュアスケートの世界選手権の女子のフリー演技を取り上げます。  結果はキム・ヨナがSPに続いてフリーでも1位で合計218.31点で優勝。2位にはSP2位であり、昨年金メダルのカロリーナ・コストナー(イタリア)、3位に浅田真央であった。  しかしこの3名は2007〜2008、2008〜2009年シーズンにかけてGPファイナル(2007、2008)、世界選手権(2008)の表彰台を占めていたときがある。  キム・ヨナは完璧であったが、フリーの148.34点は下手な男子並の得点だぜぇ。まぁ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/17 23:06
世界フィギュア2013 男子フリー
 フィギュアスケートの世界選手権、男子フリー演技が行われ、SP1位のパトリック・チャンが合計267.78点で、フリーだけならジャンプの失敗もあり2位であったが、SPの得点もあって3連覇を達成した。  男子フリー演技はソチ五輪の出場枠が懸かるためか、ショートプログラムと比べると硬さが目だった。特にジャンプのミスが目立っていた。  日本勢は羽生結弦の4位が最高で、高橋大輔は6位、無良崇人は8位と表彰台は逃したが、3人とも入賞、もっとも大事な五輪枠は最大枠である3を獲得した。  2位にはSP2位... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/16 21:42
世界フィギュア2013 女子ショートプログラム
 ソチ五輪の出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権、2日目の女子ショートプログラムを取り上げます。  トップはキム・ヨナで69.97点であった。まぁたしかにミスはなくという感じであった。2位には昨年優勝のカロリーナ・コストナー(イタリア)でしりもちがあったが、他で挽回して66.86点であった。  日本勢では村上佳菜子が66.64点の3位、ジャンプにミスが目立った浅田真央は62.10点の6位、冒頭のジャンプでミスが出た鈴木明子は61.17点の7位スタートとなった。  4位には地元の声援... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/15 22:37
世界フィギュア2013 男子ショートプログラム
 ソチ五輪の出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権がカナダのロンドンで開幕した。初日は男子のショートプログラムが行われた。  1位はパトリック・チャンが98.37点の世界最高得点をマークしてトップであった。グランプリシリーズではイマイチの感があったが、調子を上げてきた。  2位はカザフスタンのデニス・テンで91.56点をマークした。当然というか大幅なシーズンベストの更新であった。しかしここまでやるとは思ってみなかった。  3位は四大陸選手権優勝のケビン・レイノルズ(カナダ)で、地元と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/14 22:14
世界ジュニアフィギュア2013
 2月27日から3日までイタリアのミラノでフィギュアスケートの世界ジュニア選手権が開催され、日本勢は男子シングルで宇野昌磨が7位、日野龍樹は10位、女子シングルでは宮原知子は7位、本郷理華は9位に終わり、次回大会の3枠獲得を狙ったが、男女とも2枠に終わった。  男子シングルは日野龍樹がSPで12位と出遅れ、フリーで挽回を図ったが、ジャンプにミスが相次ぎ最後までイタリアのリンクになれなかったというところか。フリーは119.14点、合計176.85点で2つ順位を上げたが10位に終わった。田中刑事の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/05 22:06
四大陸フィギュア2013 エキシビジョン
 四大陸フィギュアも既に終わりましたが、連休最後の11日にはエキシビジョンが行われました。  高橋大輔は演技終了後に舌を出し、羽生結弦はここでも「花になれ」を披露、羽生の衣装は一歩間違えると演歌歌手に見えてしまう。羽生だからそうは見えないが。  浅田真央はメリーポピンズで滑り、男子シングル優勝者のケビン・レイノルズは上妻宏光の「我風」に乗せて滑り、衣装の背中には漢字で「風」と書かれていた。  カナダのエラッジ・バルデはマイケル・ジャクソンメドレーで沸かせていたが、競技の成績をもっとよくしろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/18 22:28
四大陸フィギュア 女子フリー
 フィギュアスケートの四大陸選手権の最終日が大阪市中央体育館で行われ、ペア、女子シングル、アイスダンスのフリー演技が行われていますが、これを書いている現在ではアイスダンスはまだ終了していないとのことです。  女子シングルでは浅田真央がバンクーバー五輪以来となる国際大会での200点を超える205.45点で3年ぶりの優勝を果たした。2位には最終滑走であった鈴木明子、3位に村上佳菜子が入り表彰台を日本が独占した。日本の表彰台独占は10年ぶりだという。  浅田はフリーでもトリプルアクセルや3回転3回... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/10 22:09
フィギュアスケート四大陸選手権 男子フリー&女子SP
 フィギュアスケートの四大陸選手権2日目が大阪市中央体育館で男子シングルのフリー演技と女子のショートプログラムが行われた。  男子フリーはカナダのケビン・レイノルズがフリーで172.21点で合計250.55点で逆転で優勝を果たした。レイノルズは4回転ジャンプを3度決め上位陣では唯一といっていいくらいこれといったミスをすることなくフリー演技をして、フリーでは1位とナリ逆転を呼んだ。  SP1位の羽生結弦は最後のルッツがシングルとなってしまったこともあり失速し246.38点の2位に終わった。まぁ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/02/09 23:56
フィギュアスケート四大陸選手権 男子SP
 フィギュアスケートの四大陸選手権が大阪市中央体育館で開幕し、初日の8日は男子シングル、アイスダンス、ペアのショートプログラム(アイスダンスはショートダンス)が行われた。  男子SPは羽生結弦が87.65点でトップ、2位は昨年の世界ジュニア優勝のハン・ヤン(中国)で85.08点、3位はリチャード・ドーンブッシュ(アメリカ)で83.01点、4位に高橋大輔で82.62点、5位が宋楠(中国)で81.16点、6位がケビン・レイノルズ(カナダ)、7位がデニス・テン(カザフスタン)、8位に無良崇人、9位に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/08 23:34
全日本フィギュア2012 エキシビジョン
 全日本フィギュアの激闘も終わり、エキシビジョンが行われた。  その前に女子シングル終了後の23日に代表が決まり、男子は羽生結弦、高橋大輔、無良崇人、女子は浅田真央、村上佳菜子、鈴木明子、アイスダンスはクリス&キャシーのリード姉弟が決まった。今季は世界選手権、四大陸選手権とも出場する。今までならばシングルの3人目は四大陸は出場せず、世界選手権のみで4番手が四大陸に選ばれていたのであったが...  また世界ジュニアは男子は日原龍樹、田中刑事、女子は宮原知子、本郷理華が選ばれた。  エキシビジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/24 21:19
全日本フィギュア2012 女子フリー
 昨日23日に全日本フィギュアの女子フリー演技が行われ、SP2位の浅田真央がフリーで130.75点、合計193.56点をマークして2年連続6回目の優勝を果たした。2位にはSP5位の村上佳菜子、3位には全日本ジュニア女王の宮原知子、SP1位の鈴木明子はジャンプでミスが相次ぎ4位に終わった。  浅田は完璧ではなかったが、上手くまとめて参考記録ながら130点を超えた。村上はSPの失敗を忘れるような演技で振りほどいた感じであった。宮原も多少のミスはあったようであるが、取り立てて問題なく滑りきった。得点... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/24 20:11
全日本フィギュア2012 男子フリー
 男子の世界選手権代表をかけた全日本フィギュアの男子フリー演技が行われ、SP1位の羽生結弦がフリー187.55点、合計285.23点で高橋大輔を上回り初優勝を果たした。演技は完璧とはいえなかったが、なんとかまとめた。  2位は高橋大輔で280.40点であった。フリーは1位の192.36点で、本人も満足といった感じの表情でいい演技であった。  3位争いは熾烈となり、最終組は高橋大輔が1番手、次が中村健人、3番目が織田信成、4番目が無良崇人、5番目が小塚崇彦、最終滑走者が羽生結弦という順番で演技... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 23:57
全日本フィギュア2012 女子ショートプログラム
 全日本フィギュアの女子ショートプログラムが22日に行われ、鈴木明子が65.09点でトップに立った。  鈴木は序盤の連続ジャンプで3回転―3回転のところを3回転―2回転にしたが上手くまとめていた。鈴木は最初は表情か硬かったが、それがジャンプに影響が出たのかなぁ?でも冷静であり、飛んで変えたといったところかなぁ。それ以外は普段と変わりなく滑っていたように思えた。  浅田真央は62.81点で鈴木に続く2位であったが、最後のジャンプで抜けてしまったのが痛かった。  3位は全日本ジュニアを連覇した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 21:57
全日本フィギュア2012 男子ショートプログラム
 フィギュアスケートの全日本選手権が21日に札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕し、男子のショートプログラムが行われ、羽生結弦が97.68点で2位の高橋大輔に9.64点差をつけてトップに立った。  最終滑走者の羽生はミスなく演じきり、加点もあってか、国内参考記録ながら97.68点という非常にハイレベルな得点を挙げた。  2位の高橋大輔はジャンプでミスが出たものの88.04点を出した。盛り上げるところはさすがといったところかなぁ。  3位は小塚崇彦で4回転でミスが出たが、それ以外... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/21 21:35
第81回全日本ジュニアフィギュアスケート選手権
 11月17日と18日にダイドードリンコアイスアリーナ(西東京市)で全日本ジュニアフィギュアスケート選手権が行われ、男子は日野龍樹が209.85点で優勝。女子は宮原知子が172.63点で優勝した。二人とも連覇を達成した。  男子はSP、フリーとも日野が1位で完全優勝、2位には中3となった宇野昌磨で190.58点でSP、フリーとも2位であった。中3となったが、身長は143センチだという。また宇野のコーチである山田満知子が今季初めて会場に姿を現した。グランプリシリーズでは村上が出場しているのに姿を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/17 22:09
グランプリファイナル2012 エキシビジョン
 フィギュアスケートのグランプリファイナルが終了して1週間が経ちましたが、ファイナル最後の記事はエキシビジョンです。  日本からは高橋大輔、鈴木明子、浅田真央が出場、なお羽生結弦は体調不良とのことで出場しなかったが、後にノロウィルスにかかったのではないかという報道がなされた。  高橋大輔はエキシビジョンのプログラムはNHK杯とは異なっていてアンコール用もエル・マンボではなくショートを使っていた。浅田真央は変わらなかったが、アンコールはショートの一部を使用していた。  あと面白かったのはクリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/17 21:27
NHK杯フィギュア2012 ペア&アイスダンス
 NHK杯フィギュアで取り上げていないペアとアイスダンスを取り上げます。  アイスダンス(ショートダンス23日、フリーダンス24日)はバンクーバー五輪銀メダルのメリル・デービス&チャーリー・ホワイト(アメリカ)がトータル178.48点で2位に20点差以上をつけて圧勝。2位はエレーナ・イリニフ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア)、3位はシブタニ兄妹(アメリカ)、日本のリード姉弟は5位でNHK杯では過去最高位だという。  アイスダンスは8組出場し上位3組と下位5組に実力の壁があり、上位3組もデービ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/12 22:29
NHK杯フィギュア2012 エキシビジョン&豊の部屋
 11月23日から25日まで宮城県で行われたフィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦のNHK杯が行われた。最終日はペアのフリーが終了したあとはお楽しみのエキシビジョンが行われた。  エキシビジョンの前と前半戦終了後に恒例のようこそ豊の部屋へ〜KISS&CRY〜が行われた。  豊の部屋のエキシビジョン前の第1部は昨年以上に日本人中心となり、勝手感が薄れ、始めから手配していた感が強かった。あと驚いたのは地上波の放送でこの豊の部屋の宣伝をしていたことである。  ちなみに第1部は今井遥、リード... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/11 22:06
グランプリファイナル2012 男子フリー 高橋大輔が優勝
 フィギュアスケートシーズンの前半戦の最後を飾るグランプリファイナルの男子フリー演技が8日次回の五輪開催地でもあるソチで行われ、高橋大輔が269.40点で初優勝を果たした。  男子は6名中4名を日本人が占めるということでいやがうえにも注目が集まりましたが、私は日本勢対チャンと思っていました。  フリーは1番手・町田樹はあまりフリーもといったところかなぁ。ほろ苦いファイナルだったかなぁ。合計198.63点の6位に終わる。  2番手はハビエル・フェルナンデス(スペイン)は4回転を3度決めるなど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/11 21:34
フィギュアスケート グランプリファイナル2012 女子フリー&男子SP
 フィギュアスケートのグランプリファイナルのシングルは男女とも日本勢が優勝しましたが、ここでは男子ショートプログラムと女子のフリー演技を取り上げます。  男子は日本勢4人対パトリック・チャンという図式だったかもしれないが...  ショートプログラムは高橋大輔が92.29点でトップ、2位がパトリック・チャンで89.27点、3位が羽生結弦で87.17点、4位が小塚崇彦で86.39点、5位はファビエル・エルナンデス(スペイン)で80.19点、6位が町田樹で70.58点であった。  高橋はノーミス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/09 23:06
フィギュアスケート グランプリファイナル2012 女子ショートプログラム
 フィギュアスケートのグランプリファイナルの女子ショートプログラムが五輪会場となるソチで行われ、浅田真央が66.96点でトップに立ち、僅差の2位にはアシュリー・ワグナー(アメリカ)が66.44点で続き、3位には鈴木明子が65.00点、4位にはキーラ・コルピ(フィンランド)で63.42点、ここまでが現実的に優勝争いになってくるんだろうなぁ。  5位は地元ロシアのエリザベータ・トゥクタミシュワで56.61点、6位が繰り上がり出場のクリスティーナ・ガオ(アメリカ)で転倒から始まりミス多発で48.56... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/07 21:59
NHK杯フィギュア2012 男子 羽生結弦が優勝
 23・24日に女子だけでなく、男子のシングルも行われた。羽生結弦が261.03点でNHK杯初優勝を果たした。2位は高橋大輔、3位はロス・マイナーが昨年に続いて表彰台に上がった。  羽生はショートプログラムではアメリカ杯で歴代世界最高をマークして世界をあっといわせたが、そのアメリカ杯よりもショートプログラムの点数は上回り95.32点を出した。フリーはアメリカ杯同様崩れ、後半はスピードが遅くなるということもあったが、アメリカ杯ほど崩れずということもあり優勝した。  高橋は羽生がいたから目立たな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/24 23:28
NHK杯フィギュア2012 女子フリー 浅田真央が逃げ切り優勝
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦のNHK杯の女子フリーが行われ、浅田真央が185.27点で優勝した。2位は鈴木明子で185.22点、3位は長洲未来であった。  鈴木はショートでは精彩を欠いたが、フリーではそれを取り返しておつりが付くくらいの完璧な演技を見せて126.62点と自己ベストをマークしてフリーではトップであった。  浅田はジャンプでミスが出たが、演技構成点で64.54点と高得点だったこともあり、技術点が52.78点と低かったにもかかわらず、鈴木を僅差で上回り優勝した。た... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/24 22:55
フィギュアスケートNHK杯2012 女子ショートプログラム
 フィギュアスケートのグランプリシリーズの6戦目に当たるNHK杯が23日に開幕した。ここでは女子ショートプログラムを取り上げます。  結果は浅田真央が67.95点で2位の長洲未来とは6.77点差をつけた。  浅田は楽しそうに滑り、大技はなかったが、加点がいくつかあった模様で得点が上がったようである。長洲は着地でややバランスが乱れたくらいだったかなぁミスは。  3位以下は混戦で3位は中国の李子君で体はよく動いていたようであるが、曲のテンポのわりに演技は優雅に思えた。4位はロシアのクセーニャ・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/23 23:17
フィギュアスケート エリック・ボンバール杯
 16日から18日までフランスのパリでフィギュアスケートのグランプリシリーズ第5戦目に当たるエリック・ボンバール杯が行われた。  男子シングルでは無良崇人が230.68点でGPシリーズ初優勝を果たした。女子はアシュリー・ワグナー(アメリカ)が優勝し、ファイナル出場を決めた。  男子シングルはSPで2位につけた無良であったが、フリーでは完璧ではなかった上手くまとめた感じとなったかなぁ。無良は世界選手権の出場経験はあるが、グランプリシリーズで2戦フル出場したのは今季は初めてだという。  SP1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/18 22:57
グランプリシリーズ2012 ロシア大会
 フィギュアスケートのグランプリシリーズも後半戦に入り4戦目のロシア杯が9日から11日までモスクワで行われ、男子はパトリック・チャン、女子はキーラ・コルピがそれぞれ優勝し、優勝したチャンとコルピはグランプリファイナル出場を決めた。また男子2位の小塚崇彦もファイナル出場を決めた。ファイナルは男子は既に決まっている町田樹を含め3名決まり、女子はこのコルピが第1号となった。  男子はチャンがSPで85.44点で2位のメンショフ以下を大きく引き離し、フリーでも圧倒して262.35点で優勝、2位は小塚崇... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/11 23:28
フィギュアスケート 中国杯
 11月2・3日に中国の上海でグランプリシリーズ第3戦目である中国杯が行われ、女子は浅田真央、男子は町田樹がそれぞれSP2位から逆転で優勝を飾った。町田はGPシリーズ初制覇となり、また町田はファイナル出場を決めた。  女子はSPでは浅田真央は大技を封印したが、鬼門のSPを62.89点として久しぶりに失敗がないといっていいスタートを切り、フリーでは回転不足もあったりして、ややという面はあったが、118.87点をマークし、181.76点で優勝した。  SP1位であったロシアのユリア・リプニツカヤ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/07 21:54
フィギュアスケートGPシリーズ2012 スケートカナダ
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦のカナダ大会ことスケートカナダがこの週末にオンタリオ州ウィンザーで行われ、男子はファビエル・フェルナンデス(スペイン)が253.94点、女子はケイトリン・オズモンド(カナダ)が176.45点でそれぞれ優勝した。  男子シングルはフェルナンデスはSP1位で折り返すとフリーでは転倒はあったが、それ以外では問題なく終わり、フリーも168.07点で1位となり優勝した。  地元カナダのパトリック・チャンは2位に終わったが、まだまだというところなんだろうが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/29 21:27
フィギュアスケートGPシリーズ2012 スケートアメリカ
 10月20日から22日までアメリカのワシントン州ケント(シアトル近郊)でフィギュアスケートの2012〜2013シーズンの前半戦であるグランプリシリーズの第1戦であるアメリカ大会ことスケートアメリカが行われた。  男子は小塚崇彦が251.44点で優勝、2位は羽生結弦、3位に町田樹が入り日本勢が表彰台を独占した。メンショフが4位、ジェレミー・アボット(アメリカ)はフリーで崩れて5位、ミハル・ブレジナ(チェコ)は6位であった。  女子はアシュリー・ワグナー(アメリカ)が188.37点で優勝、2位... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/24 21:10
フィギュアスケート メダルウィナーズオープン
 フィギュアスケートのメダルウィナーズオープンが5日にさいたまスーパーアリーナで行われ、8日午後0時半から2時までテレビ東京で放送された。  この大会は五輪、世界選手権、欧州選手権、四大陸選手権のメダリストに出場資格があり、通常の競技会と異なりヴォーカル付の楽曲、小道具の使用OK等アイスショーの競技会とも言うべき性格で演技時間も男子は3分半、女子は3分だという。  ということで男子は最初に滑り、翌日行われたジャパンオープン&カーニバルオンアイスにも出場し唯一フル出場を果たしたジェフリー・バト... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/09 22:14
カーニバルオンアイス2012
 フィギュアスケートのジャパンオープンが行われた昨日6日、ジャパンオープンの後にそのエキシビジョンとも言うべきカーニバルオンアイスがさいたまスーパーアリーナ行われた。  出場は全25組で、ジャパンオープンやその前日に行われたメダルウィナーズオープンの出場者が中心で、その他ではリード姉弟、高橋成美&マーヴィン・トラン組が出場していた。  放送上では黒衣装組が多く、大会のハイライトといっていいのは、小塚崇彦がバンクーバー五輪のシーズンに滑ったギターコンチェルトを布袋寅泰本人が生演奏するだけでも凄... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/07 22:29
フィギュアスケート ジャパンオープン2012
 フィギュアスケートシーズンの幕開けというか、前哨戦ともいうべきジャパンオープンが埼玉スーパーアリーナで行われ、日本が569.25点で2年ぶり5度目の優勝優勝を果たした。  日本は高橋大輔、小塚崇彦、浅田真央、鈴木明子、北米はパトリック・チャン(カナダ)、ジェフリー・バトル(カナダ)、アシュリー・ワグナー(アメリカ)、アグネス・ザワツキー(アメリカ)、欧州はエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、ミハル・ブレジナ(チェコ)、アリーナ・レオノワ(ロシア)、エレーネ・ゲデバニシビリ(グルジア)という出... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/06 22:57
ドリーム・オン・アイス2012
 6月15日から17日までフィギュアスケートのショーである恒例のドリーム・オン・アイスが行われた。16日分が7月2日午前1時40分から3時までの放送に使われた。  放送は出演者の告白から演技の中継という構成をとった。放送順は安藤美姫、村上佳菜子、羽生結弦、庄司理紗、高橋大輔、鈴木明子、小塚崇彦、パトリック・チャン、マーヴィン・トラン&高橋成美、宇野昌磨、カロリーナ・コストナー。ただし宇野の場合は山田満知子コーチが告白をしていた。  日本は欧米勢と比べるとカラフルでありそれぞれのプログラムを滑... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/06 21:25
フィギュアスケート国別対抗戦 エキシビジョン
 フィギュアスケートの国別対抗戦の最終日、エキシビジョンが行われた。  特長はなんと言っても日本チーム8名が団体で滑るということであった。練習時間が非常に限られた中での肩を寄せ合って皆で滑ったり(シンクロスケーティングといっていいのかなぁ)、高橋大輔が村上佳菜子を、小塚崇彦が鈴木明子をリフトするというシングルの選手同士で行なわれるレアなシーンがあった。しかし何故か黒ジャージっぽい衣装であった。最後はまとまって拳を突き上げていた。  それと今季は休養した安藤美姫も白と黒の衣装で2曲滑っていた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/22 22:32
フィギュアスケート国別対抗戦2012 3日目 日本が優勝
 フィギュアスケートの国別対抗戦3日目は女子のフリーとペアのフリーが行われ、日本の優勝が決まった。  女子シングルでは鈴木明子が1位、ペアではベラ・バザロワ&ユーリ・ラリオノフ(ロシア)が逆転で1位となった。SP1位の高橋成美&マーヴィン・トラン組はジャンプでミスが目立ち3位に終わった。  ペアは高橋&トラン組の優勝が期待されたが、期待がプレッシャーになったのかなぁと思ってしまった。  女子シングルは鈴木はミスが出たが、SPトップであったカロリーナ・コストナーも転倒したこともあり鈴木が逆転... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/21 23:04
フィギュアスケート国別対抗戦2012 2日目 高橋圧巻の演技
 フィギュアスケートの国別対抗戦2日目は男子フリー、アイスダンスフリーダンス、ペアショートが行なわれた。  男子フリーは高橋大輔がフリーで182.72点のSBをマークして、合計276.72点で、世界選手権連覇をしている2位のパトリック・チャンに約16点もの差をつけて圧勝した。  高橋大輔の演技がどれだけ凄かったかというと他の国の選手が見とれて歓声を上げる程であったからなぁ。小塚崇彦は最初のジャンプで転倒するなど本来の調子ではなったが、それでも順位を挙げて6位になった。世界選手権で復活したブラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/20 22:59
フィギュアスケート国別対抗戦2012 1日目
 フィギュアスケートの国別対抗戦が19日代々木第一体育館で開幕し、初日はアイスダンスのショートダンス、男女シングルのショートプログラムが行なわれ、日本は暫定でアメリカと並んでトップに立った。  日本は高橋大輔をキャプテンに小塚崇彦、鈴木明子、村上佳菜子、クリス&キャシー・リード、高橋成美&マーヴィン・トランが出場する。  男子シングルでは高橋大輔が94.00点でSPでは世界最高点を記録してトップ、パトリック・チャンは転倒もあり89.81点で続き、3位のジェレミー・アボットが86.98点と高得... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/19 23:25
世界フィギュア2012 エキシビジョン
 フランスのニースで行なわれたフィギュアスケートの世界選手権の最終日の1日にエキシビジョンが行なわれた。  日本からは高橋大輔、羽生結弦、鈴木明子、マーヴィン・トラン&高橋成美組が出場した。  エキシビジョンはしっとりとしたナンバーで滑る選手が多く、ハイテンション系や小道具系はテレビで見る限りは少なかった。それと衣装はこの数年黒や白が多かったが、今年はそれに加えてパープルが結構出てきたが欧米経済の影響もあるのかこの数年の暗さは続いた感じがある。フィギュアは新興国(ここでは世界経済的の意味)と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/02 22:42
世界フィギュア2012 女子フリー 鈴木が銅メダル
 フィギュアスケートの世界選手権がフランスのニースで1日まで開催されていますが、現地時間31日には男子のフリー演技に続いて、女子のフリー演技が行われた。  カロリーナ・コストナー(イタリア)が189.94点で10度目の出場で悲願の初優勝を果たした。隣国のイタリアと言うのもあるが演技終了後はスタンディングオベーションだったという演技である。  銀メダルはSP1位のアリーナ・レオノワ(ロシア)であった。こちらもいい演技であった。  銅メダルは鈴木明子で若干ミスはあったものの合計で180点を超え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/01 22:47
世界フィギュア2012 高橋は銀、羽生は銅
 フィギュアスケートの世界選手権の男子フリー演技が行われパトリック・チャン(カナダ)が266.11点で連覇を達成、チャンは転倒があったが点数的にはあまり影響が無かったなぁ。連覇は2005・2006年大会のステファン・ランビエール(スイス)以来だという。  銀メダルは高橋大輔で259.66点、高橋は大きなミスが無く安定して見られた。銅メダルは羽生結弦で251.06点で会場は異様な盛り上がりを見せていた。ただ転倒が妙なところであった。いつもは技術点が突出し、演技構成点は妙に低かったが、技術点は90... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/01 00:27
世界フィギュア2012 男子ショートプログラム
 フランスのニースで開催されているフィギュアスケートの世界選手権、30日に男子のショートプログラムが行われた。  トップはミスが結構出たがパトリック・チャン(カナダ)で89.41点、2位がミハエル・ブレジナ(チェコ)の87.67点でこちらはこれといったミスは無かった。3位に高橋大輔の85.72点で4回転後のコンビネーションジャンプでまさかの転倒したのが痛かった。地元勢ではブライアン・ジュベールはこれといったミス無く83.47点の4位、フローラン・アモディオは79.96点の6位。ハビエル・フェル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/31 00:03
世界フィギュア2012 女子ショートプログラム
 フィギュアスケートの世界選手権の女子ショートプログラムが29日に行なわれた。  1位はアリーナ・レオノワ(ロシア)の64.61点で事実上唯一これといったミス無く演技ができたといっていいだろう。2位には村上佳菜子で62.67点、3位にカロリーナ・コストナー(イタリア)でチョットミスが出てしまったといったところかなぁ。コストナーまでが60点を超えた。  4位は浅田真央で59.49点でトリプルアクセルを転倒したのが響いた。5位は鈴木明子で途中でミスが響いたが思ったよりも点数が伸びなかったといった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/30 00:19
世界ジュニアフィギュア2012
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権がベラルーシのミンスクで行なわれ、女子シングルではユリア・リプニツカヤ(ロシア)が187.05点で初優勝を果たした。男子シングルは中国人選手が優勝、2・3位はアメリカ人選手であった。  女子は銀がグレーシー・ゴールド(アメリカ)、連覇を狙ったアデリナ・ソトニコワ(ロシア)は3位に終わった。日本勢は宮原知子の4位が最高で佐藤未生は12位、足首だか悪いところがあった庄司理紗は20位に終わった。  男子は昨年銀メダルの田中刑事の7位が最高、日野龍樹は8位、宇... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 21:51
四大陸フィギュア2012 女子フリー
 フィギュアスケートの四大陸選手権の女子フリー演技が行われ、SP1位の浅田真央はトリプルアクセルが回転不足と判定されたり、小さなミスも出たりして、フリーは2位で合計188.62点で2位に終わり優勝はならなかった。  佐藤信夫コーチが本当は昨年の世界選手権で殿堂入りの表彰式が行なわれるはずであったが、3・11の影響で世界選手権がモスクワになってしまい、表彰式は殿堂のあるこのコロラドで行なわれたという。浅田は優勝で花を添えることは出来なかった事になる。  優勝したのはSP2位のアシュリー・ワグナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 23:11
四大陸フィギュア2012 男子フリー&女子SP
 フィギュアスケートの四大陸選手権の男子フリーと女子のショートプログラムが行われ、男子はパトリック・チャン(カナダ)がフリーでもトップで273.94点で優勝、高橋大輔が244.33点で2位、3位にはロス・マイナー(アメリカ)が223.23点で入った。無良崇人は217.16点の5位、町田樹は208.14点の7位に終わった。  女子のショートプログラムは浅田真央が64.25点でトップ、2位にはアシュリー・ワグナー(アメリカ)が64.07点、3位に村上佳菜子が63.45点につけた。今井遥は45.19... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/11 23:09
四大陸フィギュア2012 男子ショートプログラム
 フィギュアスケートの四大陸選手権がアメリカのコロラドスプリングスで現地9日、日本時間10日に男子のショートプログラムが行われ、パトリック・チャン(カナダ)が87.95点でトップに立ち、日本勢は無良崇人が83.44点の2位、高橋大輔が83.59点の3位、町田樹が82.37点の4位につけた。そのほかではデニス・テン(カザフスタン)が5位、ロス・マイナー(アメリカ)は6位、7位はアダム・リッポン(アメリカ)、8位は宋楠(中国)であった。  チャンは最初の4回転で転倒と思われたが、手をつけてケツがつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/10 21:49
ジャパンフィギュア団体戦2012
 1月6日に名古屋でエキシビジョンのチーム対抗戦であるジャパンフィギュア団体戦が行われ、15日午後4時05分から5時20分までフジテレビで放送された。昨年よりも開催時から放送日時までが縮まった。  チームブルーはキャプテン・浅田真央、小塚崇彦、町田樹、本田太一、宮原知子、村上佳菜子の6名、チームレッドはキャプテン・高橋大輔、安藤美姫、鈴木明子、松野真知子、日野龍樹、羽生結弦の6名。の構成で後に挙げた順から演技が行われた。2人ずつ終了時点で中間得点が発表された。  面白かったのは、日野龍樹の太... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/17 22:53
スターズオンアイス2012
 毎年恒例のスターズオンアイス日本ツアーが行なわれ、代々木第一体育館で行なわれた模様が15日テレビ東京で放送された。  カート・ブラウンニングが考えたプログラムだったらしく、かつての名選手から少し前の名選手、現役の選手まで滑っていた。  また今季は休養に当てている安藤美姫も参加して千の風になってに合せて滑っていた。小塚崇彦はカートととのコラボを行いコミカルかつ技術的にもいいものであった。  競技から離れる機関が長い選手はショー度が強かった。また競技の現役は現役らしいのや別の一面を見せたりと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/15 22:46
全日本フィギュア2011 エキシビジョン
 全日本フィギュアの激闘が終わりエキシビジョンがなみはやドームで行なわれた。  2012年の日本代表選手を中心に行なわれていたようであるが、荒川静香やパトリック・チャンといったゲストも登場して滑っていた。  高橋大輔は今年のエキシナンバーだけでなく、アンコールでは昨年のSPのマンボメドレーで魅せた。浅田真央はジュピターで魅せた。世界選手権代表はアンコールが付いていた。  世界選手権代表以外では町田樹がクイーンのナンバーで盛り上がっていたのが目立った。また宇野昌磨が放送の最初を飾っていたが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/26 21:46
全日本フィギュア2011 女子フリー
 全日本フィギュア2011、大会3日目、女子のフリー演技が行われ、SP2位の浅田真央が合計184.07点で2年ぶり5度目の優勝を果たした。2位には鈴木明子で179.27点、3位にはSP1位の村上佳菜子が入った。4位には今井遥、全日本ジュニア優勝の宮原知子は6位、昨年の大会でブレークした庄司理紗は7位、西野友毬は8位、ジュニア選手では佐藤未生の5位が最高成績であった。また中学生が健闘し第3グループ終了時には1・2・3位に中学生がつけていた。  浅田は直前の6分間練習ではトリプルアクセルを決めてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/25 22:08
全日本フィギュア2011 男子ショートプログラム
 全日本フィギュア2011が23日から大阪のなみはやドームで開幕し行なわれておりますが、23日に行なわれた男子のショートプログラムを取り上げます。  男子SPは高橋大輔が4回転−3回転を決めて国内基準とはいえ96.05点という信じられない高得点をマークしてトップに立った。2位につけたのは小塚崇彦で演技終了後はガッツポーズを決めてもらったという表情であったが、高橋が10.45点上回りまさかと思ったろうなぁ。  3位は町田樹、4位に羽生結弦となったが、最初は羽生3位で町田が4位であった。これは得... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/25 21:04
全日本フィギュア2011 男子フリー&女子ショートプログラム
 全日本フィギュア2011がなみはやドームで開催中ですが、大会2日目、男子のフリー演技と女子のショートプログラムが行われた。  男子のフリー演技はSPで国内基準とはいえ信じられない点数を出した高橋大輔がトータル254.60点で2年ぶりの優勝を飾った。  高橋は3度の転倒があったが、演技構成点が85点を超えるほど滅茶苦茶高かったこと、小塚も転倒が1回あったことも手伝ったこと、そしてショートプログラムの貯金を生かして逃げ切った。  2位は小塚崇彦(250.97点)で連覇は達成できなかった。3位... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/25 00:15
グランプリファイナル2011 エキシビジョン
 フィギュアスケートのグランプリファイナルのエキシビジョンがカナダで行なわれ、12日午後11時15分から1時間放送された。  羽生結弦、アレーナ・レオノワ、各優勝者、鈴木明子、高橋大輔の8組の演技が放送された。  全般的にしっとり目の演技が多く、衣装もしっとり目であった。道具を使ったのはパトリック・チャンがモップを使ったのが目立った程度であった。  何故レオノワが放送されたのかは不明であるがみょうに巨乳をスタッフが拝みたかったのかなんなのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/13 21:26
全日本ジュニアフィギュア2011
 11月25日から27日まで青森県八戸市のテクノルアイスパーク新井田で第80回全日本ジュニアフィギュアが行なわれ、12月12日未明に1時間フジテレビで放送された。  女子は連覇を狙った庄司理紗はSPでミスが目立ち7位と出遅れ、フリーで巻き返したが合計151.69点の3位に終わった。優勝したのはジュニア1年目の西日本優勝の宮原知子で172.17点で、SP・フリーともに1位であった。2位には友滝佳子で153.42点。  男子は日野龍樹が188.74点で初優勝、世界ジュニア銀メダルの田中刑事は18... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/12 20:44
グランプリファイナル2011 男女フリー
 フィギュアスケートの前半戦の締めくくりであるグランプリファイナルのフリー演技がカナダで行なわれ、男子シングルはカナダのパトリック・チャンが優勝、高橋大輔は2位、羽生結弦は4位であった。  女子はカロリーナ・コストナー(イタリア)が優勝、鈴木明子は2位に終わった。  男子は高橋も羽生も多少のミスは出たがいい演技をしていた気がした。チャンは前半を中心にジャンプが乱れたりしたが、フリーでも1位で260.30点で優勝。なんというか解せない得点だなぁチャンは。フェルナンデスは全般的に良かったが途中ジ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/11 21:31
グランプリファイナル2011 男女ショートプログラム
 フィギュアスケートの前半戦の締めくくりであるグランプリファイナルがカナダのケベックで行なわれていて、男子ショートプログラムではパトリック・チャン(カナダ)が86.63点でトップ、ジェレミー・アボット(アメリカ)が82.66点、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が81.26点、羽生結弦は79.33点、高橋大輔は76.49点、ミハル・ブレジナ(チェコ)が75.26点とのスタートとなった。  男子は大きなモノから細かいミスまで皆どこかでしていた印象で、チャンですら4回転の後の3回転で飛んだ直後に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/10 21:58
ドリーム・オン・アイス2011
 フィギュアスケートのシーズン前半戦の締めくくりであるグランプリファイナルがもうすぐ始まりますが、その前にシーズンオフの間に行なわれた恒例のドリーム・オン・アイスを取り上げます。  浅田真央、高橋大輔を除いた日本の主力選手が揃ったアイスショーであったが、町田樹、石川翔子といった今季グランプリシリーズに出場していた選手もそういえば出ていなかったというか放送されていなかった。  シーズンオフだけあってジャンプが抜けたりしていた選手もいたがのびのびしていた感じが見て取れた。トリを務めた安藤美姫は千... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/08 21:51
NHK杯フィギュア2011 ペア&アイスダンス
 フィギュアスケートのグランプリシリーズもファイナルを残して終わりましたが、4戦目のNHK杯から取り上げていなかったペア&アイスダンスを取り上げます。  ペアはSP5位の川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が177.51点で逆転優勝を飾った。SP1位のアリョーナ・サブチェンコ&ロビン・ゾルコビー組(ドイツ)は終盤ミスを連発して優勝はおろか3位となってしまった。  2位には高橋成美&マーヴィン・トラン組であった。  アイスダンスは激戦でアレックス&マイアのシブタニ兄妹(アメリカ)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/28 21:59
フィギュアスケートGPシリーズ2011 男子フリー
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ、第6戦ロシア大会の男子フリー演技が行われ、羽生結弦が241.66点をマークしてSP2位から逆転で初優勝を果たした。2位にはカナダ大会2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)、3位にはSP1位だったジェレミー・アボットが入った。4位にはミハル・ブレジナ(チェコ)であった。  羽生は4回転で転倒、ステップに入るときにも転倒したが、スピン等で高評価されるなどして技術点でトップの点数をもらったこともありフリーは2位でSPの貯金もあってフェルナンデスにわずか0... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/27 10:20
フィギュアスケートGPシリーズ2011 女子フリー&男子SP
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦、ロシア大会の女子フリーと男子ショートプログラムが行われ、女子ではSP1位の浅田真央がフリーでも1位となり183.25点で優勝した。グランプリシリーズでの優勝は3季前のNHK杯以来だという。2位はSP2位のアリーナ・レオノワ、3位はアデリナ・ソトニコワが入った。今井遥は6位であった。  男子のショートプログラムはジェレミー・アボットが83.54点でトップに立った。羽生結弦は4回転で手をついたが、加点等もあったのか、SBをマークし82.78点の2位に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/26 22:06
フィギュアスケートGPシリーズ2011 ロシア大会女子SP
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ、第6戦、ロシア大会の女子ショートプログラムが行われ、浅田真央が64.29点でトップスタート、GPシリーズでは3年ぶりのショートプログラムでトップに立ったという。  2位にはアレーナ・レオノワ(ロシア)が63.91点で続いた。3位はアデリナ・ソトニコワ(ロシア)、4位にソフィア・ビリュコワ(ロシア)、5位はキーラ・コルピ(フィンランド)、6位は今井遥、7位はアグネス・ザワツキー(アメリカ)、8位はレイチェル・フラット、9位アメリー・ラコステ(カナダ)、1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/25 22:50
NHK杯フィギュア2011 エキシビジョン&豊の部屋
 11月11日から13日まで札幌でNHK杯フィギュアが開催されましたが、まだ取り上げていないエキシビジョンを取り上げます。  今年のエキシビジョンは地上波の放送はなく、BS1で午後3時から5時50分まで生放送された。  BS再編があったこともあるのか、ハイビジョンでのお楽しみであった「豊の部屋」がBSに進出するという快挙を成し遂げた。ネットでは話題になってはいたが、実際に見るのは初めてであった。  しかしNHKにしては脱力系のゆるさ満開な「豊の部屋」で今年から会場にも流れたというが会場の意... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 19:45
フィギュアスケートGPシリーズ2011 フランス大会 男女フリー
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ2011、第5戦、エリックボンバール杯がフランスで行なわれた。  男子フリーではパトリック・チャン(カナダ)がジャンプでミスを連発するも演技構成点が高かったこともあるのか240.60点で優勝、2位は中国の宋楠、3位はミハル・ブレジナ(チェコ)。  織田信成はジャンプが全くといっていいほど上手く行かず、フリーでは100点を越すのが精一杯という感じで合計167.20点の7位に終わりファイナル出場を逃した。その後左ひざの状態が思わしくなく、全日本も欠場するか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/21 23:14
フィギュアスケートGPシリーズ2011 フランス大会男女SP
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ第4戦、フランス大会ことエリック・ボンバール杯の男女のショートプログラムが行われ、男子はパトリック・チャンが84.16点で2位以下に差を広げてトップに立った。女子はエリザベータ・トゥクタミシュワ(ロシア)が62.04点でトップに立った。  男子はチャンはミスはあったもののモノともせず唯一の80点超えをはたした。織田信成はジャンプでのミスが響いて62.95点と7位スタートとなった。男子の2位は宋楠、3位はミハル・ブレジナ(チェコ)、リッポン、アモディオ、レ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/19 23:36
NHK杯フィギュア2011 男子フリー
 NHK杯フィギュア最終日に男子フリー演技が行われ、高橋大輔がフリーでもトップを取り合計259.75点で4度目の優勝を果たした。2位は小塚崇彦で235.02点、3位はロス・マイナー(アメリカ)で212.36点、町田樹は195.45点の7位に終わった。高橋はグランプリファイナル出場が決まった。小塚は微妙な位置で標準を全日本に切り替えたようである。  高橋は4回転を失敗するなどあったが、スピン・ステップでまとめあげて高い演技力でプログラムを演じきった。小塚は4回転を両足着氷となったり、抜けたジャン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/14 22:34
NHK杯フィギュア2011 男子ショートプログラム
 NHK杯フィギュア、2日目男子ショートプログラムが行われ、高橋大輔が90.43点という驚異的な点数でトップ、小塚崇彦が79.77点で2位につけた、3位は4回転ルッツを決めたブランドン・ムロズで74.83点であった。日本人では町田樹が72.26点の5位につけた。  高橋は4回転を回避したが、加点のあるものが多かったらしく、90点に乗せてきて会場・本人・コーチともども驚いていた。小塚に10点差以上も差をつけていた。  小塚も4回転は回避で特に大きなミスはなく80点近く取ってきたが、高橋が凄すぎ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/12 23:16
NHK杯フィギュア2011 女子フリー
 NHK杯フィギュア2日目、女子フリー演技が行われ、鈴木明子がトータル185.98点でフリー1位の浅田真央を1.79点差でかわして優勝を果たし、3年連続のグランプリファイナル出場を決めた。  鈴木は完璧であったショートプログラムのようにはフリーは行かなかったが、これは途中でジャンプが抜けた位ではあったが、本人は納得がいかなかったようである。  浅田は最初のトリプルアクセルはダブルアクセルとしたが、他のトリプルの5種類は全て入れて成功させたこと等もあり、フリーでは125.77点という高得点であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/12 21:58
NHK杯フィギュア 女子ショートプログラム
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦、NHK杯が開幕し、女子ショートプログラムが行われた。  注目の浅田真央はトリプルアクセルが抜けてしまったのが残念であったが、それ以外はマイナスされたジャンプがあったがとそれほどマイナスされたわけではないし。ただその割には他が良かったのか、58.42点の3位スタートとなった。  一番で気がよかったのは鈴木明子でとにかく決める決めるでノーミスといっていいだろう。前の大会よりもSPは全然いい。しかも得点は66.55点でもちろんシーズンベストである。し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/11 22:39
フィギュアスケートGPシリーズ2011 中国大会フリー
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦、中国大会の男女のフリー演技が行われ、男子はジェレミー・アボット(アメリカ)が228.49点でSP3位から逆転で優勝をした。織田信成は227.11点で2位、中国の宋楠で226.75点が3位、羽生結弦は226.53点の4位に終わった。SP1位のアルトゥール・ガチンスキー(ロシア)は222.54点の5位に終わった。  男子のフリーは演技を完璧というか事実上のノーミスという人はいなかったといっていい。優勝したアボットですらジャンプで幾つかミスをしていたし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/05 23:20
フィギュアスケートGPシリーズ2011 中国大会男女SP
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ第3戦目、中国大会の男女のショートプログラムが行われ、女子では村上佳菜子は53.09点の4位スタートした。  トップはカロリーナ・コストナー(イタリア)の61.88点、長洲未来が60.96点で2位に続いた。この上位2名はコストナーは手を付く場面が見られたが、それ以外はこれと言ったミスはなかった。長洲もこれと言った大きなミスはなかった。  村上は靴がなかなかいいのが見つからないなどして色々あったことが影響したのかは不明であるが、演技直前は異様に緊張してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/04 23:37
フィギュアスケートGPシリーズ2011 カナダ大会男女フリー
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ2011、第2戦、スケートカナダの男女フリー演技が30日に行なわれた。  男子ではSP3位のパトリック・チャン(カナダ)が合計253.74点で優勝した。2位にはSP1位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)、高橋大輔は3位に終わった。  女子は今年の世界ジュニア銀メダリストで、グランプリシリーズ初出場のエリザベータ・トゥクタミシュワ(ロシア)が177.38点で優勝を飾った。鈴木明子は172.26点の2位、アシュリー・ワグナーが3位、アリーナ・レオノワが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 21:20
フィギュアスケートGPシリーズ2011 カナダ大会男女SP
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ2011、第2戦カナダ大会のシングルのショートプログラムが行なわれた。  男子シングルはパトリック・チャンと高橋大輔の直接対決が注目されたが、チャンはジャンプにミスが出るなどしたが、83.28点の3位スタート、高橋大輔は4回転を回避したこともあり84.66点の2位スタート。トップに立ったのはスペインのハビエル・フェルナンデスで84.71点という自己ベストを大きく上回る点を出した。上位3名に優勝の目があるといっていい。4位はアメリカのアダム・リッポンの72... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 00:03
フィギュアスケートGPシリーズ2011 スケートアメリカ
 フィギュアスケート2011〜2012シーズンの前半戦であるグランプリシリーズが開幕した。初戦はアメリカ大会で、男子はSPで2位以下に差をつけたミハル・ブレジナ(チェコ)が216.00点で優勝した。小塚崇彦はSPでもフリーでも4回転を失敗したのが響き212.09点の3位に終わった。2位はフリーで4回転を決めフリー1位になった29歳のベテラン、ケビン・バンデルペレン(ベルギー)の212.48点であった。  村上大介は193.32点の6位に終わった。  女子は夏に骨折したという今井遥は4位に終わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/25 22:42
カーニバルオンアイス2011
 フィギュアスケートのジャパンオープンのエキシビジョンとも言うべきカーニバルオンアイスが翌日2日に放送された。  ジャパンオープンがあまり盛り上がりに欠けていたように思えたが、観客は全般的に大人しめだったのかなぁ?でも高橋大輔がマンボに合わせてステップをすると一番の盛り上がりを見せていたから、盛り上がるときは盛り上がっていたんだなぁと感じた。  小道具系ではロシェットはステッキを使った演技、チャンは箒(モップに近かったが)を使った演技があった。  出場選手はジャパンオープン出場選手のほかに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/02 22:16
フィギュアスケート ジャパンオープン2011
 フィギュアスケートの2011〜2012シーズンの始まりともいえるジャパンオープンがさいたまスーパーアリーナで1日行なわれた。  連覇を狙った日本は高橋大輔と今季休養の安藤美姫が男女それぞれで6人中最下位ということもあり479.57点の3位に終わった。  優勝は北米の518.64点で初優勝、2位は欧州で517.94点であった。  北米はジェフリー・バトル(カナダ、138.33点)、パトリック・チャン(カナダ、159.43点)、アリッサ・シズニー(アメリカ、107.64点)、ジョアニー・ロシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/02 01:12
世界フィギュア2011 エキシビジョン&アイスダンスフリー
 世界フィギュア2011、最終日の1日はエキシビジョンが行なわれ、日本からは女子シングル優勝の安藤美姫、男子シングル銀メダルの小塚崇彦、5位の高橋大輔の3名が参加した。各部門5位以内の選手と地元枠の7組を合わせた27組が参加した。  一番驚かせたのはロシアのペアの銀メダリストのタチアナ・ボロソジャー&マキシム・トランコフ組で「スーパーマリオ」でコミカルに演じ。効果的に音にあわせていたのも面白かった。  それ以外はしっとり目のプログラムが放送上では多かった気がした。キム・ヨナは俺個人としては面... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/02 00:09
世界フィギュア2011 安藤美姫が4年ぶり2度目の女王
 世界フィギュア2011、女子シングルのフリー演技が行われ、SP2位であった安藤美姫がフリーでキム・ヨナを逆転してトータル195.79点をマークして4年ぶり2度目の優勝を果たした。安藤はジャンプの着地で危ないのはあったが、それ以外は問題なく滑り、フリーで130.21点をマークしてフリートップで合計でキム・ヨナを抜いた。  銀メダルはキム・ヨナで194.50点。キム・ヨナはジャンプがシングルになるのが2つあった。それでも最初のジャンプ等では高さもありこれは加点されたと思われる。そして終盤はいい演... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/01 00:01
世界フィギュア2011 女子ショートプログラム&ペアフリー
 世界フィギュア2011、29日の女子シングルのショートプログラムと28日に行なわれたペアのフリー演技を取り上げます。  女子のショートプログラムはジャンプでミスのあったキム・ヨナ(韓国)が何故か65.91点でトップ、僅差の2位に完璧とも言っていい演技をした安藤美姫が65.58点で続いた。3位には昨年の世界選手権でブレークした地元ロシアのクセーニャ・マカロワ61.62点、4位はアリッサ・シズニー、5位が地元ロシアのアリーナ・レオノワ、6位が6点方式の世界選手権に出場した経験のあるカロリーナ・コ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/30 00:40
世界フィギュア2011 小塚崇彦、銀メダル獲得
 世界フィギュア2011、モスクワ大会、28日に男子シングルのフリー演技と27日はペアのショートプログラムが行われた。  男子シングルはSPで世界歴代最高をたたき出したパトリック・チャンがフリーでも1位で合計280.98点の世界歴代最高をマークして初優勝、小塚崇彦が258.41点で銀メダルを獲得、地元ロシアのアルトゥール・ガチンスキーが241.86点で銅メダルを獲得した。  昨年優勝の高橋大輔は232.97点で5位、織田信成は232.50点で6位。よって日本勢の来年の世界選手権の出場枠3を確... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/28 23:51
世界フィギュア2011 男子ショートプログラム
 世界フィギュアがモスクワで開催されていますが、男子ショートプログラムを取り上げます。  結果から言うとパトリック・チャン(カナダ)が93.02点というシンジラレナ〜イ得点でダントツのトップで2位以下に大差をつけているので優勝はチャンで今回は間違いないであろう。  日本勢は最終滑走であった織田信成が多少のミスはあったが影響されないほどであったので81.81点の2位、前回王者の高橋大輔はジャンプでマイナスがあったらしく80.25点の3位、全日本フィギュア王者の小塚崇彦はジャンプでお手つきがあっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/27 23:47
世界Jrフィギュア2011
 先週、韓国の江陵でフィギュアスケートのジュニアの世界選手権で行なわれた。東京では7日の午前1時5分から2時35分までの時間でフジテレビで放送された。ちなみに前週のこの時間はブンデスリーガのフランクフルト対シュットガルト戦が放送されていた。  女子のシングルはSP7位の庄司理紗がフリーで順位を挙げて151.27点の5位入賞を果たした。大庭雅は148.62点で8位入賞、3年ぶりに出場した西野友毬は121.14点で12位であった。  優勝はSP、フリーともに1位であり、ジュニアグランプリファイナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/07 21:48
四大陸フィギュア2011 男子ショートプログラム
 四大陸フィギュアも終了しましたが、大会2日目、金曜日に行われた男子のショートプログラムを取り上げます。  知ってのとおり高橋大輔が唯一の80点越えをマークして2位のアボットに6.76点差をつける83.49点でトップを取った。羽生もアボットにわずかに及ばす3位につけた。小塚崇彦はジャンプが抜けたりコンビネーションがなくなったりとして70点をきっていた。フリーで挽回したからいいものの...  男子のショートプログラムはGPファイナル優勝のチャンがいないこと、冬季アジア大会金メダルのデニス・テン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 21:52
四大陸フィギュア2011 女子フリー
 四大陸フィギュア最終日が台湾・台北で行なわれ、SP1位の安藤美姫がフリーで134.76点を出して合計201.34点をマークして、200点の大台を唯一超えて優勝、浅田真央は196.30点の2位、3位は長洲未来、4位にレイチェル・フラット、5位にアリッサ・シズニー、6位はシンシア・ファヌーフ(カナダ)、鈴木明子は7位であった。  最終グループから行くと、レイチェル・フラットは赤の衣装で登場し、マリリン・モンローぽい感じであった。バランスが崩れたことはあったが、大きなミスはなく会場を沸かせた。フリ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/20 21:35
四大陸フィギュア2011 男子フリー&女子SP
 四大陸フィギュア2011、大会3日目、男子シングルのフリー演技が行われ、SP1位の高橋大輔がフリーでも160.51点を出して合計244.00点のシーズンベストを出して3年ぶりの優勝を飾った。2位は羽生結弦、3位にジェレミー・アボット、4位に小塚崇彦、5位にはアダム・リッポンが入った。  男子フリーはショートプログラムで出遅れた小塚であったが、最初の4回転は失敗したもののショートに比べればよかったのかなぁ、フリーだけで見ると高橋に次ぐ2位(157.27点)であったから、総合4位に押し上げること... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/19 23:54
フィギュアスケート ジャパンスーパーチャレンジ2011
 1月7日金曜日に日本ガイシアリーナでフィギュスケートのエキシビジョンの団体戦と銘打ったジャパンスーパーチャレンジ2011が行なわれ、2月13日午後4時5分から5時20分までフジテレビ系列で放送された。  メンバーはブルーが織田信成がキャプテンで、浅田真央、村上佳菜子、木原龍一、町田樹、加藤利緒菜の6名、レッドが安藤美姫がキャプテンで高橋大輔、鈴木明子、羽生結弦、宇野昌磨、庄司理紗の6名の編成で行なわれ、審査は一般審査員と特別審査員4名(荒川静香、本田武史、小谷実可子、熊川哲也)で行なわれ、ど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 22:59
スターズオンアイス2011
 フィギュアスケートのショーである、スターズオンアイスのジャパンツアーの模様が16日午後7時54分から2時間放送された。今回のツアーは25周年のツアーだという。それと昨年のツアーで映像を差し替えたことが問題となったことからなのか、大阪で行われた浅田真央と羽生結弦の演技については別撮りを公言していた。それ以外は代々木第一体育館で行なわれていた模様を放送していた。今年は代々木でのシーンに差し替えはあったかは不明。  エヴァン・ライサチェクの開会宣言から始まり、エキシビジョンでもない以下にもショーら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/16 22:15
世界フィギュア2010 ペア&アイスダンスフリー
 今日で2010年もおしまいと言うことで、録画を見忘れていた世界フィギュアのペア&アイスダンスのフリー演技を取り上げます。  ペアは中国の龐清、佟健組が金メダル、2位がドイツのアオリナ・サフチェンコ&ロビン・ゾルコビー組、3位は川口悠子&アレクサンドル・スミルノフのロシアペアが入った。川口組は先頃行なわれたロシア選手権で2位に終わったという。  アイスダンスはカナダのテッサ・ヴァーチュ&スコット・モイア組が優勝、2位にはアメリカのメリル・デイヴィス&チャーリー・ホ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 09:55
メダリスト・オン・アイス2010
 全日本フィギュアのエキシビジョンであるメダリスト・オン・アイスが行なわれ、放送された。  放送は全日本のシングル男女4位以上の選手、女子5位の庄司理紗、全日本には出場はしなかったが、男子の全日本ノービス優勝者(全日本ジュニア4位)である宇野昌磨、ペア優勝者(出場は1組だけだけれど)のマーヴィン・トラン&高橋成美組、アイスダンス優勝者(出場2組しかいないけれど)であるキャシー&クリスのリード姉弟の12組14名の演技が放送された。世界選手権出場者へのインタビューやアンコールがあった選手も結構いた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/27 22:44
全日本フィギュア2010 女子フリー 安藤が6年ぶりの優勝
 第79回のフィギュアスケートの全日本選手権の最終日、女子フリー演技が行われ、安藤美姫がトータル202.34点でSP2位から逆転で6年ぶり3度目の優勝を飾った。5連覇を狙った浅田真央は193.69点の2位に終わり、3位に村上佳菜子が入った。SP7位の鈴木明子は4位に終わり、以下庄司理紗、西野友毬、村主章枝と続いた。  14番滑走の鈴木明子はステップアウトや回転不足気味なのはあったが、それを感じさせない演技で119.10、トータル175.96点で暫定トップに立ち暫定トップで最終組に突入した。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/26 23:11
全日本フィギュア2010 男子フリー 小塚が初優勝
 フィギュアスケートの全日本選手権2日目が長野市のビックハットで行なわれ、女子のショートプログラムのあとに男子シングルのフリー演技が行われ、SP1位の小塚崇彦が251.93点でフリーでもトップで初優勝を果たした。  2位には織田信成、3位には高橋大輔が入り、男子の世界選手権代表は小塚・織田・高橋の3名で事実上決まったといっていいだろう。選考の3条件を満たす選手がこの3選手しかいないからなぁ。  SP2位で3強に挑んだ世界ジュニア覇者の羽生結弦は4位に終わった。今大会が最後の全日本となる南里康... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/26 17:57
全日本フィギュア2010 女子ショートプログラム
 フィギュアスケートの全日本選手権2日目が長野市のビックハットで行われ、女子のショートプログラムでは浅田真央が66.22点でトップに立ち5連覇へ向けて好スタートを切った。2位には安藤美姫、3位は村上佳菜子、4位には今年の全日本ジュニアチャンピオンの庄司理紗、5位に村主章枝、6位に世界ジュニア代表経験のある西野友毬が入りここまでが最終グループ入り、鈴木明子は7位。  浅田真央は最初3回転アクセルをどうするかに注目がいったが、やや着地に怪しかったが決め、以降は今季では最高の演技を見せてくれた。安藤... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/25 21:43
全日本フィギュア2010 男子ショートプログラム
 フィギュアスケートの全日本選手権が長野市のビックハットで開幕し、男子ショートプログラムでは小塚崇彦が87.91点でトップに立った。  小塚はこれといった減点なく完璧に滑っていてと言っていいだろう。国内基準だから得点は高いが、国際基準でも80点は軽く超えているといっていいだろう。  2位には78.94点で羽生結弦がつけたが、羽生もいい演技をしていた。3位は織田信成で今季はこれまでショートプログラムでミスはなかったが、今回はジャンプとステップ時に転倒があった。これが響いたかなぁ。77.48点。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/24 23:13
全日本Jrフィギュアスケート2010
 11月の26日から28日まで茨城県のひたちなか市の笠松運動公園屋内プール兼スケート場で行なわれた第79回のフィギュアスケートの全日本ジュニア選手権を取り上げます。放送は12月12日の深夜というか13日の午前1時5分から1時間の放送、関東と東海地区での放送だったようである。  男子はジュニアが今季限りという中村健人が意地を見せてミスもあったが、トータル176.00点で優勝、SP1位、フリーは2位であった。2位にはフリー1位の木原龍一、3位には木原と同じ中京大中京高校の日野龍樹、4位に昨年の大会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/13 23:43
フィギュアスケートGPファイナル エキシビジョン
 フィギュアスケートの前半戦の山場であるグランプリファイナルの最終日はエキシビジョンが行なわれていた。俺は不覚にも帰りが遅くなり、録画をし忘れたので45分くらい見れず、つけたらサブチェンコ、ソルコビー組のエキシビジョンであった。という事で鈴木明子のエキシビジョンは見られなかった。  高橋大輔は芸術家のような服装での演技、小塚崇彦も演技をし、織田信成はJAZZで決めたが、ジャンプで怪しいのはあった。村上佳菜子はちょいと大人風の内容といった感じであった。安藤美姫は5位であったために出場できず。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/12 21:22
フィギュアスケートGPファイナル 男女フリー
 フィギュアスケートの前半戦の山場、グランプリファイナルのフリー演技が中国で行われた。  男子はカナダのパトリック・チャンがSP2位からの逆転で優勝、SP1位であった織田信成は2度の転倒があり2位、3位には小塚崇彦、4位はやや精彩を欠いた高橋大輔、5位にトマシュ・ベルネル(チェコ)、6位にフローラン・アモディオ(フランス)が入った。  しかし男子はチャンが優勝するのは良いとしても、点数つけすぎだろう、完璧とまで行かなかったのに、チャンが中国系カナダ人だからと見てしまう疑念が生まれてしまったな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/11 23:35
フィギュアスケートGPファイナル2010 ショートプログラム
 フィギュアスケートの前半戦の山場である、グランプリファイナルが中国で開幕し、ショートプログラムが行われた。  男子は織田信成が86.59点でトップ、2位に世界選手権銀メダリストのパトリック・チャン(カナダ)で85.59点、ステップで止まった時があった高橋大輔は82.57点の3位で止まったにもかかわらず80点を超えた。  小塚崇彦はジャンプは失敗したわけではないが、なめらかに行かない気がしたということで77.79点の4位。トマシュ・ベルネル(チェコ)はジャンプで抜けたりして65.37点の5位... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/10 23:00
フィギュアスケート GPシリーズ フランス大会2010 男女フリー
 フィギュアスケートのGPシリーズ、フランス大会のフリー演技が行われ、男子では小塚崇彦が、女子ではキーラ・コルピ(フィンランド)が優勝した。浅田真央は5位、今井遥は6位、村主章枝は8位に終わった。  男子ではブライアン・ジュベールが体調不良によりフリー演技を棄権した。小塚崇彦はアモディオが前にいい演技をしてその後という嫌な条件下で行なわれるはずであったが、そんなの関係なく落ち着いた演技をして170.43点をマークしてトータル248.07点で優勝を飾ったが、このフリーの得点は今季最高だという。 ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/28 21:18
フィギュアスケート GPシリーズ フランス大会2010 ショートプログラム
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ第6戦、フランス大会のショートプログラムが行なわれ、男子では小塚崇彦がトップに立ち、女子ではキーラ・コルピがトップ、今井遥が3位、村主章枝は5位、浅田真央が7位スタートとなった。  男子は小塚が安定した演技をして77.64点でトップ、2位にはいい演技をしたフローラン・アモディオ(フランス)が75.62点、3位にブランドン・ムロス(アメリカ)が72.46点で今回は演技が地上波でも放送されていた。今年の世界選手権銅メダルのブライアン・ジュベール(フランス)は... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/27 23:15
フィギュアスケート GPシリーズ ロシア大会2010
 フィギュアスケートGPシリーズ、第5戦、ロシア大会が19日から21日まで行なわれ、女子ではSP5位の安藤美姫が174.47点逆転優勝、SP1位の鈴木明子は172.74点の2位になった。安藤と鈴木はGPファイナル出場が決まった。  男子はトマシュ・ベルネルが230.31点で優勝、2位にはパトリック・チャン(カナダ)で227.21点、3位は寿アンプで失敗が目立ったジェレミー・アボット、羽生結弦は7位、町田樹は11位でに終わった。優勝のベルネルと2位のチャンはGPファイナル出場が決まった。  女... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/11/22 00:15
フィギュアスケート GPシリーズ アメリカ大会2010
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦、アメリカ大会が行なわれ、男子シングルは高橋大輔がSP2位から逆転で優勝し、GPファイナル出場を決めた、2位はSP1位の織田信成。村上大輔は5位。  女子は村上佳菜子が164.93点で逆転でGPシリーズ2戦目で初優勝、ついでにGPファイナル出場を決める、2位はレイチェル・フラット、3位はSP1位のカロリーナ・コストナーでコストナーもNHK杯優勝しているのでこちらもGPファイナル出場が決まる。  村上は抜けたのがあったがそれ以外はミスが特になかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 00:16
フィギュアスケート GPシリーズ 中国杯2010
 フィギュアスケートのグランプリシリーズも4戦目となるアメリカ大会が行なわれようとしていますが、その前に3戦目となる中国大会を取り上げます。  女子シングルでは安藤美姫が172.21点でSP3位からフリー1位となり合計点で逆転して優勝、男子では小塚崇彦がSP、フリーともに1位で233.51点で優勝ということで男女アベック優勝を飾った。  女子では安藤はSPは3位であったが、フリーはミスをする選手が多い中ミスなくすべり、ただ本人はジャンプで回避だったかなぁ?あったから満足はしていないようではあ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/13 00:17
フィギュアスケート NHK杯2010 ペア&アイスダンスフリー
 フィギュアスケート2010〜2011シーズンのグランプリシリーズ初戦、NHK杯が行なわれたが、今回はペア&アイスダンスのフリー演技を取り上げます。  アイスダンスはルール改正があり、ショートダンスとフリーダンスの合計で争われることになったという。  アイスダンスはメリル・デービス&チャーリー・ホワイト(アメリカ)組が165.21点で2位以下に大差をつけて五輪銀メダルの実力を見せつけた。2位はケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ(カナダ)組で141.57点。3位は日系アメリカ人兄弟の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/27 22:59
フィギュアスケート NHK杯2010 男子ショートプログラム
 フィギュアスケート2010〜2011シーズン、グランプリシリーズの初戦も終了しましたが、大会2日目の23日に行なわれた男子ショートプログラムを取り上げます。  ショートプログラムは優勝した高橋大輔が78.04点でトップに立ち、SPはラテン音楽2曲の合体で後半のステップが見所であり、この部分はエキシビジョンのアンコールでも滑っていたくらい評判が良かった。  2位はSPの最終滑走者のジェレミー・アボットで74.62点であったが、スピンの得点が低かったようで、スピンが普通に取れていれば高橋にショ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/25 22:52
フィギュアスケート NHK杯2010 エキシビジョン
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ初戦、NHK杯のエキシビジョンが行なわれた。  BSハイビジョンでは生でやっていたのだろうと思われるが、総合テレビだと生ではなく午後9時50分から45分間の放送であった。  一応成績上位者によって行なわれるのであるが、女子シングルで8位に沈んだ浅田真央も登場していた。案の定浅田は白衣装で登場して演技をしていたが、表情が暗く精彩を欠いていた、ジャンプもエキシビジョンでも抜けていた。出すだけ酷で見ているだけでかわいそうな気がした。  放送のトップバッター... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/24 23:29
フィギュアスケート NHK杯2010 男子フリー
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ初戦のNHK杯、最終日、男子シングルフリー演技が行われ、高橋大輔が234.79点で3度目の優勝を飾った。羽生結弦は4位、無良崇人は6位。  高橋は最初に4回転ジャンプを決めていいスタートを切った。しかし後半のジャンプで転倒があったりしてしたものであるから本人は満足していなかったようであるが、それでもフリーで唯一150点(156.75点)を超えたから良かったんでしょう。  2位はジェレミー・アボット(アメリカ)で後半のトリプルアクセルがシングルになった他... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/24 19:18
フィギュアスケートGPシリーズ NHK杯2010 女子フリー
 フィギュアスケートの2010〜2011シーズン、グランプリシリーズ初戦のNHK杯2日目、女子シングルのフリー演技が行われ。SPトップのカロリーナ・コストナー(イタリア)が164.61点で3年ぶり2度目の優勝を果たした。2位は全米チャンピオンのレイチェル・フラット、3位にシニア初参戦の村上佳菜子が入った。  注目の浅田真央はSPに続いてジャンプでミス連発、133.40点とシニア転向後最低の点数で終わった。つまりフリーで90点も行かず、演技終了後ですら暫定トップに立てなかった。浅田終了時点の暫定... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/24 00:18
フィギュアスケート NHK杯2010 女子ショートプログラム
 フィギュアスケートの2010〜2011年シリーズ、グランプリシリーズの初戦となるNHK杯が開幕し、女子のショートプログラムが行なわれた。  女子ショートプログラムの順位は以下のとおりです。  1位 カロリーナ・コストナー(イタリア、57.27点)  2位 村上佳菜子(56.10点)  3位 レイチェル・フラット(アメリカ、53.69点)  4位 アシュレイ・ワグナー(アメリカ、52.93点)  5位 キーラ・コルピ(フィンランド、52.60点)  6位 キャロライン・ジャン(アメ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/22 21:35
フィギュアスケート カーニバルオンアイス2010
 フィギュアスケートのジャパン・オープンのエキシビジョンともいうべきカーニバルオンアイスがジャパン・オープン終了後に埼玉スーパーアリーナで行なわれ、今年も地上波では翌日に放送された(関東地区)。  メンバーはジャパンの・オープン出場選手プラスαというメンツ。高橋大輔はアンコールで今季のショートプログラムを披露した。浅田真央はジャパン・オープンではジャンプをミスしまくり散々であったが、カーニバルオンアイスでは最初のジャンプで抜けたもののあとは良かったようである。  あとはエキシビジョンらしい感... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/10/03 22:18
フィギュアスケート ジャパンオープン2010
 フィギュアスケートの2010〜2011シーズンの前哨戦ともいえるジャパンオープンが行われ、日本が2大会振りの優勝を飾った。  日本は小塚崇彦、高橋大輔、安藤美姫、浅田真央。北米はジェフリー・バトル(カナダ)、アダム・リッポン(アメリカ)、シンシア・ファヌーフ(カナダ)、ジョアニー・ロシェット(カナダ)。欧州はミハル・ブレジナ(チェコ)、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、ユリア・セベスチャン(ハンガリー)、サラ・マイヤー(スイス)の1チーム男女2名ずつの合計4名で構成され、フリー一発の得点の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/02 21:24
スターズオンアイス2010
 スターズオンアイスのジャパンツアーが行なわれておりますが、4月9日から11日までは東京の代々木第一体育館で行なわれた。  11日に行なわれた模様がテレビ東京で放送され、完全版は18日午後8時からBSで放送されるという。  テレビ東京版ではカットがあったようで映されない選手も出たみたいである、ただオープニングは紹介されていた。  面白かったのはカート・ブランニングとジェフリー・バトル、スコット・モイヤー、荒川静香によるマイケルの曲かなぁ。あとはプロでない現役選手はフリーの短縮版やショートプ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/11 22:16
世界フィギュア2010 エキシビジョン
 世界フィギュア2010が既に終わり、日本人選手も既に帰国し、スポンサーを公募した村主章枝はスポンサーが集まった模様で現役を続行するようである。俺はもう引退したほうがいいと思うのであるが...でもやるやめるはは本人が最後は決めるものだからなぁ。  そんなこんなでようやくエキシビジョンの放送がされた。  エキシビジョンは女子4位の安藤美姫、女子優勝の浅田真央、男子優勝の高橋大輔が滑った。もちろんロシア国籍であるペア銅メダルの川口悠子も滑った。  ショートでもいいんでないのかという選手の演技も... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/01 22:27
世界フィギュア2010 浅田真央が2度目の世界王者に
 世界フィギュア2010、女子のフリー演技が行われ、SP2位の浅田真央がフリーで129.50点をマークして合計197.58点で逆転優勝、日本人が2度目の優勝を果たすのは初めてで男女アベック優勝も初めて。ただフリーはトリプルアクセルで1回回転不足を取られた影響があったのかフリー1位を取れず、キム・ヨナにフリーだけならわずかに及ばずそこだけが残念だったかもしれない(五輪で金・ヨナがマークした点数を抜くことが出来なかったのも残念だったかもしれないが...)。  2位にはSPで沈んだキム・ヨナがフリー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/28 22:02
世界フィギュア2010 女子ショートプログラム
 世界フィギュア2010、女子のショートプログラムが行われ注目の対決は浅田真央が68.08点の2位、キム・ヨナは60点を超えた程度の7位、トップは長洲未来で70.40点で唯一の70点超えをマークした。安藤美姫は11位、鈴木明子は20位となった。  五輪後1ヶ月であったが、女子は男子と違い入賞8名のうち銅メダルのジョアニー・ロシェット(カナダ)以外は参加してきた、が、しかし、五輪後ということもあり演技にキレがある選手は少ないように思えた。  そんななか浅田真央はトリプルアクセルは成功したかに見... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/27 23:18
世界フィギュア2010 高橋大輔金メダルの偉業
 イタリアのトリノで行なわれている世界フィギュア、男子シングルで高橋大輔がトータル257.70点をマークして優勝、欧米選手以外では初めての優勝となる。2位にはパトリック・チャン(カナダ)、3位にはブライアン・ジュベール(フランス)、小塚崇彦は10位に終わった。これで100回目で快挙を達成、来年の日本での世界選手権の男子の枠も3を獲得した。  高橋は最初の4回転フリップを怪しい気がしないでもないが決めて、以降は特別ミスがなく次々と技を決めて最終演技を終えた。  チャンは順調に行っていたがジャン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/26 07:08
世界フィギュア2010 男子ショートプログラム
 世界フィギュア2010がイタリア・トリノで行なわれていますが、男子ショートプログラムが行われ、高橋大輔が89.30点でトップ、小塚崇彦が84.20点のシーズンベストで4位、織田信成はジャンプ全てで失敗するなどして28位となりフリーに進めずとなった。  2位には五輪16位に沈んだブライアン・ジュベール(フランス)、3位には地元開催の五輪で5位となったパトリック・チャンがつけた。  五輪の金メダリストであるエヴァン・ライサチェク(アメリカ)、銀メダリストであるエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/25 22:30
バンクーバー五輪選 アイスダンス・フリーダンス
 バンクーバー五輪選、今回は23日からフィギュアスケートの世界選手権が行なわれるということで、フィギュアスケートのアイスダンスを取り上げます。  最初のコンパーソナリーダンスでトップに立ったロシアのドムニナ、シャリバン組であったが、次のオリジナルダンスでは自分の国の民族性を出すということであったが、ロシアペアはいい印象を与えず3位に転落して結局で銅メダルに終わった。  金メダルは地元カナダのバーチュー、モイヤー組で欧州以外では初となるアイスダンスでの金メダルとなった。銀メダルはアメリカのデー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/22 21:38
世界ジュニアフィギュア2010 男女シングルアベック優勝
 世界ジュニアフィギュアスケート選手権がオランダのハーグで行なわれ、男子で羽生結弦が合計216.10点でSP3位からの逆転で優勝、女子では村上佳菜子が合計165.47点でSP2位から逆転で優勝、日本の男女がアベック優勝するのは2005年に男子で織田信成、女子で浅田真央が優勝して以来5年ぶり2度目。女子は浅田真央以来となる優勝、男子は2006年の小塚崇彦以来となる優勝であった。  またペアでも高橋成美、マービン・トラン組が合計157.23点で2位の銀メダルで川口悠子、マルクンツォフ組以来となる9... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/15 23:19
バンクーバー五輪 フィギュアスケート エキシビジョン
 バンクーバー五輪も終了しましたが、今回は16日目に行なわれたフィギュアスケートのエキシビジョンについて行きます。  男女のシングル、ペア、アイスダンスの5位以内に入賞した選手と5位以内には入れなくてもカナダ代表で出た選手は出られるという。  という事で日本人選手で出られたのは浅田真央、高橋大輔のメダリストと女子5位の安藤美姫の3名。ロシア国籍をとったペア4位の川口悠子も出ていた。  1,2年前のエキシビジョンと比べるとカラフルな印象であり、曲が全般的にノリノリというのがあまり無かった。ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/01 23:26
浅田真央惨敗、キム・ヨナ圧勝の原因
 バンクーバー五輪の一番の注目競技といっていい女子フィギュアが終了し、キム・ヨナが浅田真央に圧勝して幕を閉じた。  ということでこの差はナンなのか素人の私なりに探っていきたいと思います。    はっきり言ってしまえば、現採点システムへの理解度というか対等力の差が出た。    現在の採点システムだと男子シングルを見ても分かるとおり高難度の技よりも高難度には至らないがそれなりの技をいかに完璧にこなして加点を狙っていくほうがいい得点がもらえるというシステムである。  だから男子は4回転をハ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/26 23:21
バンクーバー五輪 女子フィギュア、キム・ヨナ圧勝の金、浅田は銀
 バンクーバー五輪14日目、フィギュアスケート女子フリー演技が行われ、キム・ヨナがフリーで150.06点を出し合計228.56点の世界最高得点をマークして金メダル、浅田真央は205.50点の自己新ながら銀メダル、銅メダルは地元カナダのジョアニー・ロシェットの202.64点。  4位に最終滑走の長洲未来(アメリカ)、5位に安藤美姫、6位はラウラ・レピスト、7位にレイチェル・フラット、8位に鈴木明子で日本人3名共に入賞、日本は男女ともシングルは3名ずつ出場して全員入賞という快挙を達成はした。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/26 22:00
バンクーバー五輪 フィギュアスケート 女子ショートプログラム
 バンクーバー五輪12日目、フィギュアスケートの女子ショートプログラムが行われ、韓国のキム・ヨナが78.50点という世界歴代最高SP得点をマークした。2位に浅田真央が73.38点で入り、3位に直前に母親が亡くなった地元カナダのジョアニー・ロシェットが71.36点で入った。  日本勢は安藤美姫が64.76点の4位につけ、鈴木明子は11位。  1・2グルールはともかく、第3グループに長洲未来が出ると空気が変わり、得点も63.76点と初めて60点を超す演技が出てきて第4グループが終わり、浅田真央の... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/24 23:59
バンクーバー五輪 フィギュアスケート男子フリー 高橋大輔、銅メダル
 バンクーバー五輪7日目、フィギュアスケート男子フリーが行われ高橋大輔が男子では欧米選手以外では初となる表彰台となる銅メダルを獲得、織田信成は7位、小塚崇彦が8位と日本人3選手が全て入賞する快挙となった。  金メダルは昨年の世界選手権金メダルのエヴァン・ライサチェク(アメリカ)、トリノ五輪金メダルのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)は銀メダルに終わった。  第2グループ終了時点でジェレミー・アボット(アメリカ)がトップ。ブライアン・ジュベール(フランス)はフリーでもジャンプに失敗があったとい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/19 23:17
バンクーバー五輪 フィギュアスケート男子SP
 バンクーバー五輪5日目、フィギュアスケート、男子シングルのショートプログラムが行なわれ、トリノ五輪金メダルのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が90.65点でトップに立ち、2位には昨年の世界王者であるエヴァン・ライサチェク(アメリカ)が90.30点で続き、高橋大輔が90.25点で3位につけていて、演技構成点ではプルシェンコに勝っていた。  日本勢は織田信成が84.85点の4位、小塚崇彦は79.59点の8位。  そのほかではトリノ銀で今季復帰したステファン・ランビエール(スイス)は84.63... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/17 23:16
バンクーバー五輪 フィギュアスケート・ペアフリー
 バンクーバー五輪、フィギュアスケートのペアフリーが行なわれ、中国の申雪、趙宏博組が合計216.57点で金メダル、中国勢の同種目での金メダルは初めてでロシア勢の13連覇を阻止した。  銀メダルは龐清、佟健組であり、フリーだけならばこのペアが141.81点で1位であったが、ショートプログラムで優勝したペアに5点差をつけられていたからそれが大きかったな。でもフリーの得点は歴代最高であり、唯一フリーで失敗がなかった。  銅メダルはアリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/16 23:01
フィギュアスケート四大陸選手権2010 男子フリー
 フィギュアスケートの四大陸選手権が韓国で行なわれ、男子は世界ジュニア2連覇したアダム・リッポン(アメリカ)がフリーで156.22点を稼いでトータル225.78点で初優勝、日本の町田樹が217.48点で2位。南里康晴は171.36点で12位、小塚崇彦が辞退して代わりに出場した中村健人は152.69点の15位。  SPダントツ1位(81.60点)のケヴィン・レイノルズ(カナダ)は転倒2回あったこともあり212.09点の3位に終わった。4位はブランドン・ムロズ(アメリカ)、5位はライアン・ブラッド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/01 23:23
フィギュアスケート 四大陸選手権 浅田真央が2年ぶり優勝
 フィギュアスケート、五輪前の最後の大会となる四大陸選手権が韓国で行われ、SP3位の浅田真央がフリートップとなる126.74点を出して合計183.96点で逆転優勝、SPトップの鈴木明子は2位、今井遥は5位で日本人の表彰台独占はならなかった。3位はキャロライン・ジャン(アメリカ)、4位はSPで健闘したアマンダ・ドブス(アメリカ)。中野友加里は欠場で代わりに今井遥が繰り上げ出場した。  鈴木明子は合計180点を目標にしていたようであるが、SPも60点いかなく納得いかない様子であったようだが、フリー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/29 21:45
全日本フィギュア2009 男子フリー
 今年もフィギュアスケートの最後の記事は全日本フィギュアの男子フリーです。という事で男子フリーは既に分かっているとおり高橋大輔が2年ぶり4度目の優勝を果たし、2位には織田信成、3位には小塚崇彦が入り、高橋、小塚がこの大会での成績で五輪出場を決め既に決まっている織田を含めて予想されたとおりにこの3名が選ばれた。  五輪に選ばれた3選手とも完全には滑れていなかったな。五輪本番でできればいい事ではあるが。  4位以下でいうと町田樹が4位、5位には南里康晴、6位には全日本ジュニア優勝の羽生結弦、7位... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/29 21:37
メダリスト・オン・アイス2009
 フィギュアスケートのバンクーバー五輪の代表が決定した翌日28日に全日本フィギュアのエキシビジョンが行なわれ放送された。俺は当日用事があったので録画して翌日見てアップした次第です。  今年は非常にすっきりした放送だったかなと思う。  昨年はダイジェストで終わる人もいたが、今年は映された人は一応アンコールのあった人はアンコールまで流れていた。テレ朝のGPファイナルのような過去のエキシビジョンを垂れ流すというのもなかったし。ただ競技を振り返るシーンはあったけれど。それと五輪出場者決定後であったか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/29 21:15
フィギュアスケート バンクーバー五輪代表決まる
 フィギュアスケートのバンクーバー五輪最終選考会を兼ねた全日本選手権の最終日が大阪のなみはやドームで行なわれ、女子シングルでは浅田真央が204.62点で4年連続4度目の優勝を飾った。2位には鈴木明子、3位は中野友加里が入り、既に五輪代表に内定している安藤美姫は4位に終わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/27 23:09
全日本フィギュア2009 女子ショートプログラム
 全日本フィギュア2009、2日目、いよいよ女子の競技が開始され、ショートプログラムが行なわれた。事実上の無風といわれる男子と比べると女子は既に決まった安藤美姫はともかく、残り2枠を浅田真央、鈴木明子、中野友加里、村主章枝の4名で事実上争う構図が予想される。  という事でショートプログラムの結果は浅田真央が69.12点でトップ、中野友加里が68.90点で続き、安藤美姫が68.68点で3位、鈴木明子が67.84点で4位、村主章枝は最初のジャンプで転倒したのが響いて、58.70点で6位スタート。鈴... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/26 21:30
全日本フィギュア2009 男子ショートプログラム
 バンクーバー五輪の最終予選選考会を兼ねた全日本フィギュアが25日、大阪のなみはやドームで開幕し男子のショートプログラム他が行われた。  男子のショートプログラムは高橋大輔が92.85点の高得点でトップに立ち、小塚崇彦が80.54点で続いた、五輪出場が決まっている織田信成は79.60点で3位スタート、昨年世界選手権代表の無良崇人は74.85点の5位、4位には75.35点で町田樹が入った。  高橋は完璧に決めていて国内大会だから多少点は高くついていたとはいえ、90点を越すのは凄かったが、問題は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/12/25 23:57
全日本ジュニアフィギュアスケート選手権2009
 11月21日から23日まで新横浜スケートセンターで全日本ジュニアフィギュアスケート選手権が行なわれ、その模様が12月6日深夜というか7日未明にフジテレビで1時間放送された。  結果は男子シングルは羽生結弦が194.15点で優勝、フリー1位だった中村健人が186.21点で2位、小学6年生の宇野昌磨が3位(148.04点)に入る健闘を見せた。  女子は村上佳菜子が165.85点で優勝、昨年優勝者の今井遥は143.97点で2位、藤沢亮子が135.27点で3位に入った。昨シーズンの世界ジュニア代表... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/08 23:15
フィギュアスケートGPファイナル2009 エキシビジョン 
 フィギュアスケートのグランプリファイナル、エキシビジョンが行なわれた。前日までの緊張感は薄れたが、選手は華麗に滑っていた。  シングルの選手は黒衣装の印象が強かった。ペアやアイスダンスの選手はカラフルな衣装というイメージであった。  安藤美姫は妖艶な演技であった。安藤といえば昨シーズンまでは妖艶というよりエロだったエキシビジョンであったが、競技同様落ち着いてきたのかな。織田信成は相変わらずコミカルな演技、転倒も愛嬌か。  鈴木明子は華麗に、高橋もいい滑りであった。   採点はテレビ朝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/06 21:41
フィギュアスケートGPファイナル2009 男女フリー
 フィギュアスケートのグランプリファイナル2009の男女フリー演技が東京代々木で行なわれ、男子はエヴァン・ライサチェク、女子はキム・ヨナの2009年の世界王者がSP2位から逆転優勝を果たした。  男子はライサチェクがアクセルでミスが出たが、織田に逆転で勝利。SP1位であった高橋大輔はミス連発で5位に交代。ということで織田信成がファイナル表彰台かつ日本人1位という事でバンクーバー五輪代表に内定。  女子はワグナーはまぁまぁ、鈴木は非常にいい感じで点を伸ばしていったが、ロシェットとレオノワはロシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2009/12/05 22:54
フィギュアスケートGPファイナル2009 男女ショートプログラム
 フィギュアスケート’09’10シーズン前半のトリといっていい、グランプリファイナルが開幕していますが、男女シングルのショートプログラムが4日行なわれ、男子は高橋大輔、女子は安藤美姫がトップに立った。  男子はブライアン・ジュベールが怪我のため欠場となりトマシュ・ベルネルが繰り上がり出場となったが、急遽ということもあったのか、最初のジャンプが成功してこれはいけるかと思ったが以降はダメであった。ウィアー、高橋、ライサチェク、織田といった辺りは最高の演技をして信じられない得点を出していた。  男... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/04 21:56
フィギュアスケートGPシリーズ2009 カナダ大会 男女フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2009、第6戦カナダ大会の男女フリー演技が放送されて、男子はジェレミー・アボットが232.99点で優勝、高橋大輔はフリー1位であったが、231.31点で2位。しかしグランプリファイナルに出場を決める。  女子はジョアニー・ロシェットが182.90点で優勝、鈴木明子は147.72点の5位であったが、ロシェットが優勝したためグランプリファイナル出場を決めた。  高橋はNHK杯と比べると見ていられた演技であった。4回転は直前で回避した。優勝したアボットは4回... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 22:44
フィギュアスケートGPシリーズ2009 カナダ大会ショートプログラム
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2009、第6戦カナダ大会ショートプログラムが行なわれ、男子の高橋大輔は2位、女子の鈴木明子が8位スタート、男子は昨年のGPファイナル優勝のジェレミー・アボットがトップ、女子では歴代5位となる70.00点をマークしたジョアニー・ロシェットがトップに立った。  男子は高橋大輔は本格的な復帰戦となったNHK杯よりも点数は低かったが、他の選手もこけたのがいたこともあり2位スタートとなった。他はふくらはぎの怪我でロシア杯を欠場し、今季初出場の地元のパトリック・チャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/21 23:40
フィギュアスケートGPシリーズ2009 アメリカ大会
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2009第5戦、アメリカ大会が行なわれ、女子シングルではショートプログラムで世界最高点をマークしたキム・ヨナが187.98点で優勝してファイナル出場を決めた。  男子シングルは地元のエヴァン・ライサチェクが2位以下を大きく引き離す237.72点で優勝。  ペアは復帰した中国の申雪、趙宏博組が201.40点で優勝、アイスダンスはタニス・ベルビン、ベンジャミン・アゴスト組が195.85点で優勝。  実を言うと15日放送分である男子フリーと女子ショートはグラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/16 21:55
フィギュアスケートGPシリーズ2009 NHK杯 ペア&アイスダンスフリー
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦、NHK杯の記事も最終回となります。最終回はペア&アイスダンスのフリー演技の中継からです。  ペアは中国の佟健、龐清組が199.65点で優勝しファイナル出場を決めた。SPトップであったアレクサンドル・スミルノフ&川口悠子組は最初のスロー4回転ジャンプの転倒し、川口が治療のために音楽を止めて中断して再開した事もあるのか中国ペアに逆転を許した。しかしフリーの得点は124.15点をマークして合計193.05点の2位であった。3... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 23:24
フィギュアスケートGPシリーズ2009 NHK杯 エキシビジョン
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ2009、4戦目の最後を飾るエキシビジョンが放送されました。  成績の悪かった(つまり6位以下)の小塚崇彦やリード姉弟までもエキシビジョンに出ていたな、何故か。中野、ウィアー、ワグナー、レオノワ、井上怜奈&ジョン・ボールドウィンの他に各優勝選手も当然出てきて、安藤がトリを務めた形に放送上はなっていた。  安藤のエキシビジョンといえばエロさを強調する感じが多かったが、今日のは妖艶さを出す感じで今迄のエロという感じではなかった。ウィアーは通常の演技でも顔に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/08 23:42
フィギュアスケートGPシリーズ2009 NHK杯男子フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2009、第4戦NHK杯の男子フリーが行なわれ、SPトップであったブライアン・ジュベールがフリーでもトップで合計232.70点で優勝。唯一4回転成功させたからな。  2位にはジョニー・ウィアー(アメリカ)が217.70点で入った。SP、フリーとも3位であったが...  3位にはミハエル・ブレジナ(チェコ)で合計217.48点。フリー2位で順位を押し上げた。  高橋大輔は214.29点の4位、小塚崇彦はジャンプにミスが相次いだために186.00点の7位、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/08 00:29
フィギュアスケートGPシリーズ2009 NHK杯 女子フリー
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦、NHK杯の女子フリー演技が行われ、安藤美姫が初優勝、今季2勝目でグランプリファイナル出場を決めた。  安藤は前半ジャンプで着氷の乱れと後半お手つきがあったために得点は伸びなかったが、フリーを2位(106.33点)にして合計162.55点で優勝。2位にはフリートップであったアリーナ・レオノワ(ロシア)で合計160.85点、SPトップであったアシュリー・ワグナー(アメリカ)は155.99点の3位、中野友加里は転倒もありフリー3桁届かず合計152.35... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/07 23:19
フィギュアスケートGPシリーズ NHK杯 男子ショートプログラム
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦、NHK杯、男子ショートプログラムが行なわれ、2007年の世界王者のブライアン・ジュベールが83.35点の高得点でトップ、ジェレミー・アボットが83.00点で続いた。ジョニー・ウィアーが78.35点で3位につけた。  日本勢は手術後本格的な国際大会復帰となる高橋大輔はジャンプでミスも出て78.18点の4位、小塚崇彦もジャンプで失敗して74.05点の5位、シニアデビューの村上大介は66.78点の9位。  ジュベールが唯一の4回転を決めてトップ、アボ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/06 23:15
フィギュアスケートGPシリーズ2009 NHK杯 女子ショートプログラム
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦、NHK杯が長野・ビックハットで行なわれ、女子のショートプログラムは、アメリカのアシュリー・ワグナーが56.64点でトップに立ち、安藤美姫は転倒もあり56.22点の2位、中野友加里は最初のジャンプでミスが出たりして54.92点の3位、以下ローラ・レピスト(フィンランド)が53.64点、アリーナ・レオノワ(ロシア)が52.34点、劉艶(中国)が47.64点、シニアデビューの石川翔子は44.28点の10位。  トップですら56.64点と60点を超えない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/06 22:12
フィギュアスケートGPシリーズ2009 中国大会
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ2009、第3戦中国大会が行なわれ、男子では織田信成が、女子では鈴木明子が優勝した。  男子は織田がSPでもフリーでもトップで合計239.58点で優勝、しかし演技後にモロゾフコーチから注意を受けていたという。でも織田信成はグランプリシリーズ2戦2勝でグランプリファイナル出場一番乗りを決めた。  世界選手権優勝のエヴァン・ライサチェクはSP3位から2位(232.17点)に順位を上げた。3位はSP2位であったロシア選手権2連覇中のセルゲイ・ボロノフで220... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/01 22:56
フィギュアスケートGPシリーズ2009 ロシア大会 エキシビジョン
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ2009、第2戦、ロシア大会のエキシビジョンが放送された。  放送されたのは男子シングル4位のジョニー・ウィアー、ペア2位の川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ組、男子シングル2位の小塚崇彦、女子シングル5位の浅田真央、男子シングル優勝のエフゲニー・プルシェンコ、女子シングル優勝の安藤美姫の6組7名、エキシ前には小塚と安藤のフリーのリピート放送、演技終了後には浅田のインタビュー、グランドフィナーレの順序で放送された。  ウィアーはメイクが面白かった。小... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/26 20:39
フィギュアスケートGPシリーズ2009 ロシア大会フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2009、第2戦ロシア大会のシングルフリー演技が放送された。  男子はSP1位であったエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)がフリーでも1位で合計240.20点でトリノ五輪以来となる復帰戦を優勝で飾った。SP2位の小塚崇彦はフリーでも2位で214.63点で2位、3位には地元ロシアのアルテム・ボロドゥリンが201.55点で入り、ジョニー・ウィアー(アメリカ)は198.55点で4位に終わった。5位にはケビン・バンデルベレン(ベリギー)が入った(189.33点)。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 23:18
フィギュアスケートGPシリーズ2009 ロシア大会 ショートプログラム
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ2009第2戦、ロシア大会のショートプログラムが放送された。  男子はトリノ五輪金メダルのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が82.25点でトップ、小塚崇彦が75.50点で続き、3位にはジョニー・ウィアーが72.57点でつけた。世界ランク5位のケビン・バンデルペレン(ベルギー)は63.15点の7位と出遅れた。  女子は2週連続の出場の浅田真央がなんと51.94点の6位とシニア転向後最低点と最低順位でのスタート、安藤美姫は57.18点で3位スタート。トッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/25 00:10
フィギュアスケートGPシリーズ2009 フランス大会フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2009、フランス大会が終了しましたが、フリー演技中継がまだでしたので記事にします。  結果は知ってのとおり、男子は織田信成が、女子はキム・ヨナが210.03点の新記録をだして2位の浅田真央を36.04点を引き離し大差の優勝を飾った。  男子はSPで表現力が評価されず泣いた織田でしたが、フリーでは評価されたようで、SPフリーともノーミスで終わり合計242.53点で逆転で優勝、SP1位であったトマシュ・ベルネル(チェコ)はジャンプ等で失敗したりして229.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/20 23:23
フィギュアスケートGPシリーズ2009 フランス大会エキシビジョン
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2009、フランス大会のエキシビジョンが放送された。  放送時間は昨日の月曜日の午後7時から1時間テレビ朝日で放送された。  1時間だからかどうかは知らないが7組放送、テレ朝としては良くやったほうになるのかな?  中野友加里は今まではSPやフリーの延長のイメージしかなかったが、セクシー系のエキシを滑り驚いた。トマシュ・ベルネルは今年もマイケルメドレー、織田信成はオースティンパワーズのコミカル系、井上怜奈、ジョン・ボールドウィン組(ペア4位)も滑っていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/20 07:15
フィギュアスケートGPシリーズ2009 フランス大会ショートプログラム
 フィギュアスケートの’09’10シーズンの前半戦であるグランプリシリーズが開幕しました。今季はフランスが初戦ですということでフランス大会のショートプログラムが放送されました。  女子は2008年の世界選手権の1位から4位まで集まり他の選手にも有力な選手が10名集まり、キーラ・コルピですら前半滑走という事態になりました。  だからといって優勝争いはもう決まったも同然で、キム・ヨナが200点をどれだけ超えるかというのが注目される展開になった。  キム・ヨナはミスがなく加点項目もいくつかあった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/10/17 23:37
カーニバルオンアイス2009
 10月4日日曜日に、さいたまスーパーアリーナでジャパンオープンのエキシビジョンとも言うべきカーニバルオンアイスが行なわれた。  メンバーは前日行なわれたジャパンオープンの出場者12名に加えて安藤美姫、高橋大輔、荒川静香、織田信成、アレクセイ・ヤグディンが加わった。荒川は前日もゲストとして参加していて滑っていたが、さすがに2日連続同じのは滑らずフラメンコ調のプログラムで滑っていた。  日本勢は今季のショートプログラムの初披露というのが高橋・織田・中野・安藤の4名で小塚はヒップホップ調のプログ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/07 23:15
フィギュアスケート ジャパンオープン2009
 10月3日の土曜日にフィギュスケートのジャパンオープンがさいたまスーパーアリーナで行なわれた。  放送は当日録画放送(テレビ東京系で3日午後6時半から8時54分)されたがようやく見れたのでここで記事をアップします。  この大会は欧州・北米・日本の3チームに分かれて、男女2選手ずつフリー演技を行い4名の合計点数を競う。男子の一人はプロ選手が入る。  昨シーズンは世界選手権後に国別対抗戦が行われたためにもう用無しとして終了かと思ったら時期をシーズン開始前というかGPシリーズ開始前にもってきて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/07 23:01
ドリーム・オン・アイス2009
 6月19日から21日までフィギュアスケートのショー、ドリーム・オン・アイスが行なわれました。五輪シーズンと言うこともあるのか、浅田真央、高橋大輔ら有力選手の一部が欠場した。  放送は浅田真央が欠場したこともあるのか、昨年までのゴールデンタイムではなく、27日土曜日の午後の放送であった。  放送された分は鈴木明子、リード姉弟、中野友加里、太田由希奈、トマシュ・ベルネル、村主章枝、藤澤亮子、織田信成、A・サフチェンコ&R・ソルコビー、安藤美姫。ダイジェストで武田奈也ら。  織田とリード姉弟は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/28 00:20
フィギュアスケート国別対抗戦 エキシビジョン
 フィギュアスケート国別対抗戦のエキシビジョンが放送された。大会に出場しなかったゲストも含めてエキシビジョンが行なわれた。世界選手権のエキシビジョンとの違いは、衣装が明るくなった印象である。それでも黒は多かったけれど。  ジョアニー・ロシェットは007から変えてきて明るい感じなエキシビジョンであった。安藤美姫は絢香の「I believe」を久しぶりに演じた。これは絢香に対して結婚おめでとうというのと病気との闘いに対するエールと受け取った。肩を痛めたということなので出てこないかと思ったが滑ってき... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/19 23:06
フィギュアスケート国別対抗戦 浅田真央200点超え&日本は3位
 フィギュアスケートの国別対抗戦3日目が代々木第一体育館で行わた。3日目は女子シングルとペアのフリー演技が行われた。  女子シングルでは浅田真央が合計で200点を超えて女子では世界選手権でのキム・ヨナについで2人目となる200点超えを達成したがキム・ヨナの持つ記録は抜けなかった。これは2つ目のトリプルアクセルが認定されなかったことも影響したかな。安藤美姫は4回転を回転不足の上に転倒と言うこともあって順位を下げて結局5位、安藤の演技前にアメリカの優勝が決まっており、2位になれるかが注目されたがな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/19 00:28
フィギュアスケート国別対抗戦2009 男子フリー
 フィギュアスケート国別対抗戦の2日目、男子シングルのフリー演技、アイスダンスのフリーダンス、ペアのショートプログラムが行なわれた。  男子シングルですが、世界選手権金メダルのエヴァン・ライサチェク(アメリカ)がフリーでトップとなる154.86点を出して合計238.56点で1位、SP1位であったブライアン・ジュベール(フランス)は2度目の4回転が抜けたこともあり237.09点の2位に終わった。  日本勢ですが小塚崇彦はSPよりかはマシでしたが合計で190.93点と順位を2つ上げた8位で終わる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/17 23:57
世界フィギュアスケート国別対抗戦2009 男女SP&アイスダンス・オリジナル
 初の試みとなるフィギュアスケートの国別対抗戦が代々木で開幕した。3地域対抗戦のジャパン・オープンと言うのはあったが、これは男女のシングルでの対抗戦であり、今回のはペアやアイスダンスも含むという。テレ東がソフトを1つ失い、テレ朝が1つ得たことになる。  シングルは2名ずつ、ペアとアイスダンスは1組ずつで構成、得点の合計ではなく、ポイントの合計で争うという。出場参加国は6カ国で争う。1位が12点、シングルの最下位12位は1点、ペアとアイスダンスは最下位の6位でも7ポイントもらえるから、シングル以... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/16 23:28
世界フィギュア2009 ペア&アイスダンス
 世界フィギュア2009、最終記事はペア&アイスダンスです。  ペアはドイツのアリオナ・サフチェンコ、ロビン・ソルコビー組に中国勢がどこまで迫るか、川口悠子は表彰台を狙うかが注目された。  結果はアリオナ・サフチェンコ、ロビン・ソルコビー組がフリーで転倒があったものの2位以下に大差をつけて優勝(SP72.30点、フリー131.18点、合計203.48点)、2位は張丹、張昊組が合計186.52点で入り、川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組はスロー4回転にチャレンジして4回転自体は成功扱いされ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/31 23:26
世界フィギュア2009 エキシビジョン
 世界フィギュア2009のエキシビジョンが放送されました。日本人は浅田真央、安藤美姫、それとロシア代表ででていた川口悠子が出場していた。残念だったのはペア優勝コンビが欠場したことです。  GPファイナルのところでも書いたが、出場選手は黒尽くめの感じであったから、川口悠子が黄色を基調としたファッションで出てきたのが目立つ格好になった。黒尽くめ衣装の選手が多いから世の中景気が悪いのがあからさまにでた格好である。  演技自体は楽しめたが、特筆すべきなのはないかな。大体以前見たのが多かったし。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/30 23:24
世界フィギュア2009 女子フリー
 世界フィギュア2009、女子フリー演技が行われ、SPトップだったキム・ヨナがフリーでも1位(131.59点)で合計207.71点で国際大会では初めて200点台の大台に乗せた。2位はカナダのジョアニー・ロシェットで191.29点、3位はフリー2位であった安藤美姫で190.38点、浅田真央は188.09点の4位でシニアの試合で初めて表彰台を逃した。村主章枝は164.58点の8位でSPから1つ順位をあげた。  キム・ヨナは初優勝で3年連続の表彰台、ロシェットは初の表彰台(過去は五輪同様5位が最高)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/29 21:29
世界フィギュア2009 女子ショートプログラム
 世界フィギュア2009、女子ショートプログラムが行なわれ、キム・ヨナが76.12点を出して歴代トップをさらに更新した。もう浅田真央との対決というよりもう独走状態だなこりゃ。  2位にはカナダのジョアニー・ロシェットで67.90点、3位に浅田真央でルッツがトリプルでなくダブルになるなどミスが出て66.06点、4位は安藤美姫で64.12点のSB、5位には昨年大会銀のカロリーナ・コストナー(イタリア)で63.10点、6位は今年の欧州女王、ラウラ・レピスト(フィンランド)で59.66点。以上の6選手... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/28 22:10
世界フィギュア2009 男子フリー 日本男子、バンクーバー五輪3枠獲得
 世界フィギュア2009の男子シングルのフリー演技が行なわれ、地元アメリカのエヴァン・ライサチェクがSP2位から逆転で初優勝。2位にはカナダのパトリック・チャン、3位はSP1位であったブライアン・ジュベール。日本勢は小塚崇彦が6位、織田信成が7位、無良崇人が15位という事で上位2人、小塚と織田の順位をあわせると13という事でギリギリではあるが来年のバンクーバー五輪&来年の世界選手権の出場枠3つを獲得した。  無良は転倒もあったし合計194.97点で初参加15位に終わった。織田は4回転は決めたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/27 22:35
世界フィギュア2009 男子ショートプログラム
 バンクーバー五輪の出場枠を懸けた世界フィギュア2009ですが、男子のショートプログラムが行なわれた。  トップは欧州王者で2年前の世界王者のフランスのブライアン・ジュベールで84.40点、4回転で転倒こそなかったが完璧ではなかったのであるが、点はそんなに影響しなかった模様でトップに立った。  2位につけたのは地元アメリカのエヴァン・ライサチェクでこちらはミスも特になく完璧な感じであったが、82.70点の2位。  3位は優勝したら史上最年少となる18歳になったカナダのパトリック・チャンでこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 19:57
世界ジュニアフィギュア2009
 この週末に世界ジュニアフィギュアスケート選手権が行なわれていた。日本人選手は女子は今井遥が合計113.24点で16位、鈴木真梨はSP25位(38.50点)であったためにフリーに進めずという成績、男子は羽生結弦が161.77点のシーズンベスト(以下SBと表記)をマークしたものの12位に終わり、男女とも次回大会の出場枠は1となった。ペアも出場してこちらは7位だったそうです。男はカナダ人だけれど。  女子はジュニアとはいえ、シニアの大会でも実績のある選手が出ていて、3年連続アメリカ勢が表彰台を独占... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/02 23:22
四大陸フィギュア2009 エキシビジョン
 フィギュアスケートの四大陸選手権が終了して1週間が経ちましたが、ようやくエキシビジョンの放送がありました。何故エキシだけこんなに間が開いたのか意味不明ですが...  日本人選手は表彰台に上った浅田真央と小塚崇彦の模様だけが放送されました。織田は4位だから通常ならば滑っているはずなんだけれどどうしたのでしょうか?  他はシングル、ペア、アイスダンスの優勝者の他はアイスダンスの3位選手と女子シングル2位のジョアニー・ロシェット、4位のキャロライン・ジャンの計9組が放送されていました。1時間で9... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/16 22:45
四大陸フィギュア2009 男子はチャンが優勝
 フィギュアスケートの四大陸選手権2009の男子フリー演技が行われ、SP1位だった地元カナダのパトリック・チャンがフリーでも1位の演技を見せてトータル249.19点で優勝、2位はSP2位のエヴァン・ライサチェクが237.15点、3位には小塚崇彦が221.76点で入り、男女とも表彰台は3イながら確保した。織田信成は4位、南里康晴は怪我の影響もあって12位(157.91点)に終わった。  点差が離れていたこともあり、チャンの優勝は堅く、演技では多少のミスはあったもののフリーでは160.29点を出し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/08 22:05
四大陸フィギュア2009 女子はキム・ヨナが優勝
 フィギュアスケートの四大陸選手権2009の女子フリー演技が行われ、ショートプログラム1位のキム・ヨナがフリーでは3位だったもののトータル189.07点で優勝。2位には地元カナダのジョアニー・ロシェット(183.91点)、浅田真央はフリーで安全策を取ったこともあり118.66点であったもののフリーで1位だったともあって176.52点で3位、これでシニア転向後表彰台を逃す危険にあったが免れた。  他の日本勢は村主章枝は167.74点で5位、7年ぶり出場の鈴木明子は160.36点で8位に終わった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/07 23:42
四大陸フィギュア2009 男女ショートプログラム
 プレ五輪大会と位置づけられている、フィギュアスケート四大陸選手権がカナダのバンクーバーで行なわれていますが、男子のシングルを除くアイスダンス、ペア、女子シングルは既に終わっているのでありますが、昼間に2時間かけてフジテレビが男女シングルのショートプログラムを放映した。1時半から3時半の放送時間であるが、3時にはもう女子のフリーの結果は分かってしまっていただけに間抜けな印象がある放送だったかな。それを録画してみる俺はもっと間抜けか。でも女子フリーの放送時間前に記事を書いているからな...  能... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/07 20:14
スターズオンアイス’09
 成人式の日の午後7時からテレビ東京でスターズオンアイス’09の放送が行なわれていた。俺は実を言うと裏の日テレで放送していた石田家を見てしまったと言うことで録画して1日遅れでようやく見ました。  スターズオンアイス’09はレギュラーメンバーに加えて多彩なゲストが加わって充実していたように思えた。俺が印象に残ったのが、マイケルだったかな?エッジが他の人と違うらしくそれを生かしたテクも披露していた。それだけなら別に書くほどでもないが、ノリが一番良かったかな。  それと昨年引退し、プロへ転向したジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/13 22:56
全日本フィギュア2008 男子フリー
 全日本フィギュアも終わって日が経ちますが、男子フリーの記事がなかったのでここで書いておきます。  男子は織田信成がフリーも1位で合計243.70点で優勝、小塚崇彦は225.94点で2位、3位争いは昨年ほどではありませんでしたが熾烈で無良崇人が追いすがる南里康晴らを振り切り200.48点で3位にはいる。織田・小塚・無良の3人は来年の世界選手権の代表に選ばれ、織田と小塚は四大陸選手権の代表も兼ねる。4位にSP6位の南里康晴(197.69点)が入り、2年連続の世界選手権の代表は逃したが、四大陸選手... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/30 15:51
全日本フィギュア2008 エキシビジョン
 全日本フィギュアの激闘が終わり、エキシビジョンが放映されました。世界選手権&四大陸選手権出場者が中心であったが、中野友加里、村上佳菜子といったあたりのエキシビジョンも流していた。ダイジェストで終わったのもいたけれど。  全体的に非常に気になったのは、選手が黒の衣装を身にまとっていたことである。最年少出場者(14歳)である村上佳菜子くらいしか黒でなかったのはいなかったといっていいくらい黒づくしの衣装でありました。  黒尽くしだったからライトもそういう当て方のようであったし、日本の世の中が暗い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/28 21:11
全日本フィギュア2008 浅田真央が逆転で3連覇
 全日本フィギュア2008、3日目、女子シングルのフリー演技が行われ、浅田真央が合計182.45点でSP2位から逆転して優勝、3連覇を達成した。女子シングルでの3連覇は6年前の村主章枝が達成した以来だそうです。2位にはその6年前に3連覇を達成した村主章枝が178.59点で入り、フリーだけなら1位であった。3位には安藤美姫が入り、浅田・村主・安藤の3人が世界選手権の代表に選ばれた。  4位には鈴木明子、5位にSPトップであった中野友加里、6位に武田奈也が入り最終グループの6人が6位までに入った。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/27 23:32
全日本フィギュア2008 男子ショートプログラム
 全日本フィギュア2008初日、男子ショートプログラムが行なわれ、織田信成が86.45点でトップ、小塚崇彦は77.40点で2位、無良崇人は75.50点で3位、村上大介が71.30点で4位、町田樹が70.33点で5位、昨年の世界フィギュア代表の南里康晴は69.15点で6位につけてこの6人が最終滑走グループに入った。南里と昨年世界フィギュア代表を争った中庭健介は67.80点で7位。  高橋大輔が欠場する中、織田と小塚により優勝争いが期待されているがショートで小塚にミスが出たとはいえ9.05点も離れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/26 23:01
全日本フィギュア2008 女子ショートプログラム
 全日本フィギュア2008、2日目、女子ショートプログラムが行なわれ、中野友加里が67.26点でトップ、浅田真央が65.30点で2位、安藤美姫が65.02点で3位、武田奈也が57.82点で4位、村主章枝は57.32点で5位、鈴木明子は57.02点で6位となりこの6人がフリーの最終滑走グループに入った。3位までとと4位以下で開きました。  他の注目選手を見ると浅田舞が44.50点、今年のジュニア王者の今井遥は43.86点、澤田亜紀も50点行かずでありました。  特にミスがなく、上手くもっていけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/26 22:02
解説者列伝R トリプルアクセル・伊藤みどり
 先週のフィギュアスケートグランプリファイナルで浅田真央がトリプルアクセルを1つのプログラムで女子選手として初めて2度成功しましたが、女子選手として初めてトリプルアクセルを成功させた伊藤みどりを解説者列伝19回で取り上げます。  選手としての活躍はここでは述べないが、解説者としては色々変化のあるというかなんと言うかという感じです。  俺がブログで初めて採点したのは3年前のトリノ五輪選考会を兼ねた全日本選手権でゲスト解説扱いで出てきて八木沼純子、佐藤有香という後輩に対して仕切りまくるという印象を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/18 07:19
フィギュアスケート GPファイナル2008 エキシビジョン
 フィギュアスケートのグランプリファイナル2008のエキシビジョンが行なわれました。昨年の放送はあまりにもひどく東京新聞の芸能投稿欄に批判の投稿が掲載されるという出来事がありました。  演技は全部で12組が放映され、男女のシングルは4人ずつでペアとアイスダンスは2組ずつであった。一番の見せたのはトマシュ・ベルネル(チェコ、男子4位)だったかな。今回はマイケル・ジャクソンメドレーで滑り、ムーンウォークまでしていて、SPやフリーよりもジャンプやステップが決まっていた。ムーンウォークを20数年前に流... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/14 23:03
フィギュアスケート GPファイナル2008 浅田真央が3年ぶり優勝
 フィギュアスケートグランプリファイナル2008、男女のフリー演技が行われ、女子は浅田真央が3年ぶり2回目の優勝、男子は小塚崇彦は2位に終わった。昨日ペアのSPも行なわれていましたが、抜けていました。  女子は浅田真央が大会では史上初となるトリプルアクセル2度成功という快挙を達成したが、転倒もあったたためか点数自体は123.17点と浅田真央にしてはあまり高くはなかった。  キム・ヨナは浅田の点数を見てこれは勝てると思ったのか安全策をとり最初は上手くいっていた感じであったが、終盤で転倒やトリプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 21:58
フィギュアスケート GPファイナル2008 男女SP
 フィギュアスケート2008/2009シーズン前半戦の最後を飾るグランプリファイナルが韓国・高陽で開幕し、男女のショートプログラムとアイスダンスが行われた。  男子のショートプログラムは小塚崇彦がただ一人80点を超える点数を出して、2位のジェレミー・アボットを5点差以上突き放して首位に躍り出た。3位以下はジャンプでミスがあったブライアン・ジュベール、ジョニー・ウィアー、トマシュ・ベルネルときて最下位はGPシリーズポイントトップであったパトリック・チャンで2度の転倒もあってか点数も70点に届かな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/12 22:10
フィギュアスケート 第30回NHK杯ペアフリー&アイスダンスフリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第6戦NHK杯の記事も最終回です。最終回はペアのフリー演技とアイスダンスのフリーダンスの模様に行きます。  ペアは4組(1〜4位)放送した。注目したのは井上怜奈&ジョン・ボールドウィン組でジョンがジャンプで転倒したり、スロートリプルアクセルがダブルになったりと言うのはありましたが、それなりにやった方なのかなと思います。合計161.49点で2位ということで初めてのNHK杯での表彰台だそうです(今までは4位だったらしい)。  優勝は中国の龐清・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 22:48
フィギュアスケート GPシリーズ2008NHK杯 エキシビジョン
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2008NHKもエキシビジョンももって幕が下りました。  今年のエキシは無良崇人から始まり浅田真央で終わる構成でありました。男子3位のヤニック・ポンセロはスキーの格好をして出てきて最後は夏の服装になっていました。ペア優勝の中国ペアはポニョで滑っていました。  浅田はエキシ用の曲を滑ったあとにフリーでの最後の場面を再びすべり昨日と違い最後は手をつくことなく滑り終えました。  井上怜奈、ジョン・ボールドウィン組(ペア2位)はジョンが今シーズンも続けたいとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 23:13
フィギュアスケート GPシリーズ2008NHK杯 男子織田が3年ぶりに優勝
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2008NHK杯男子シングルのフリー演技が行われ、織田信成がトータル236.18点を出してNHK杯3年ぶり2回目、GPシリーズは3度目、謹慎後初の優勝(GPシリーズでない国際大会での優勝はあったけれど)を飾る。今回は3年前のような号泣はありませんでした。  2位にはジョニー・ウィアー(アメリカ、224.42点)、3位にはヤニック・ポンセロ(フランス、217.24点)が入る。  日本勢は織田以外では無良崇人が198.07点でSP4位から順位を下げたが5位、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 18:22
フィギュアスケート GPシリーズ2008 NHK杯女子 日本勢が表彰台独占
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2008NHK杯の女子シングルのフリー演技が行われ、浅田真央がフリーでも1位を獲得合計191.13点で2年ぶりの優勝、2位にはグランプリシリーズ初出場の鈴木明子が167.64点で入り、3位に中野友加里が166.87点で入って日本人選手3人が表彰台を独占した。  4位にはSP2位のアシュリー・ワグナー(アメリカ)、5位にはラウラ・レピスト(フィンランド)、6位にカトリーナ・ハッカーで最終組の6人が6位までに入る。長洲未来はフリーでも精彩を欠いたようで8位。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/29 22:30
フィギュアスケート GPシリーズ2008NHK杯 男子SP
 フィギュアスケートグランプリシリーズNHK杯、男子のショートプログラムが行われ、織田信成が81.63点でトップ、2位には世界選手権銅メダルのジョニー・ウィアーが78.15点、3位にヤニック・ポンセロ(フランス)が74.39点、他の日本勢はシニアデビューの無良崇人は69.70点で4位スタート、南里康晴は63.87点のSBであるが8位、南里は1週間前に出場が決まったというのもあってか動き自体は鈍く感じたが、決めるところは決めてきたこともあってこの点数。  他の選手は2位以内に入ればGPファイナル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/29 10:07
フィギュアスケート GPシリーズ2008 NHK杯女子SP 
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2008第6戦、今年で30回の記念大会となったNHK杯が開幕し、女子のショートプログラムが行われた。  新聞で浅田真央と中野友加里しか有力選手がいないような感じで書かれていたが、それなりに他にもいたじゃんというのが出場選手のメンツを見て思った。  1位は浅田真央で64.64点でありSBであるが、キム・ヨナの出した69点台には遠く及ばずと言ったところで、今回は2週間前の悪夢から自信を取り戻すと言うのを主眼としてみればいいのかもしれないが...  中野友加... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/28 21:05
フィギュアスケート GPシリーズ2008 ロシア大会
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第5戦、ロシア大会が行なわれ、女子シングルではSPトップであった村主章枝はジャンプで転倒こそはなかったが回転不足等が重なり合計162.04点で3位に終わり、ポイントランキングは5位であるが、NHK杯で浅田真央、中野友加里がいて他に有力な選手がいないそうなのでファイナル進出が難しい位置になった。  優勝したのはカロリーナ・コストナーでSP2位から逆転で合計170.72点であった。なおコストナーはグランプリファイナル出場を決める。  2位には世界ジュニア優勝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 20:35
フィギュアスケート GPシリーズ2008 フランス大会フリー
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ2008、フランス大会のシングルフリー演技が行われ、女子では浅田真央がジャンプのミス3つ(抜けたのと転倒と3回転−3回転が、3回転−1回転になった)があったために点が伸びずフリーは109.47点という浅田真央にしては信じられない点数で合計167.59点で2位に終わる。優勝はカナダ大会に続いてSP1位であったジョアニー・ロシェットでフリーでも121.19点を出して合計180.73点で優勝、3位にはキャロライン・ジャン、4位には地元フランスのキャンディス・ディ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/16 21:48
フィギュアスケート GPシリーズ2008 フランス大会SP
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ2008第4戦、フランス大会の男女のショートプログラムが行われ、男子は小塚崇彦がスピンでの転倒もあって77.00点で2位、トップはカナダ大会優勝のパトリック・チャンで81.39点のPB、2季前の世界王者の地元ブライアン・ジュベールは最初のジャンプで抜けてしまったのが影響したのか73.75点の3位につけた。  男子は4位に一昨年のGPファイナル出場者の地元フランスのアルバン・プリオベール(73.24点)、5位にはライアン・ブラッドリー(アメリカ)が入る。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/15 22:40
フィギュアスケート GPシリーズ2008 中国大会 ダンスフリー&エキシビジョン
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2008、第3戦中国大会の男子フリーとエキシビジョンが放映された。  男子フリーはジェレミー・アボットがトータル233.44点でGPシリーズ初優勝を飾る。高橋が欠場したために日本男子唯一の出場選手となった中庭健介は転倒連発でトータル169.94点で10位、ブービーに終わる。  エキシビジョンはキム・ヨナが意外と見せてくれました。フリーの延長くらいにしか考えていなかったこともあるのだが、いい意味で裏切ってくれたと言うことです。安藤美姫は「ボレロ」を滑ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/10 22:16
フィギュアスケート GPシリーズ2008 中国大会
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦、中国大会が行われ、女子シングルではキム・ヨナがトータル191.75点(SP63.64点、フリー128.11点)でアメリカ大会に続いて2位以下に圧倒的な差をつけて優勝、グランプリファイナル出場決定第1号選手となる。  2位には安藤美姫がトータル170.88点、3位には今年の世界選手権8位のラウラ・レピスト(フィンランド)が159.42点、4位にアシュリー・ワグナー(アメリカ)で155.59点、スザンナ・ポイキオ(フィンランド)は148.03点で5位、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 23:59
フィギュアスケート GPシリーズ2008 カナダ大会女子フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦、カナダ大会が行われ、女子はジョアニー・ロシェットが188.89点(SP64.74点、フリー124.15点)という高得点をたたき出して2位以下を大きく引き離して圧勝。2年ぶりの優勝となる。男子でパトリック・チャンが優勝しているからシングルはカナダ勢がアベック優勝したことになる。男子はエバン・ライサチェクが3位に入り、もうファイナル進出しなければGPシリーズはもうおしまいということになる。  2位には村主章枝が入り(SP57.92点、フリー105.94... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/02 23:49
フィギュアスケート GPシリーズ2008アメリカ大会 女子フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ2008アメリカ大会最終日、女子のフリー演技等が行われ、SP1位だったキム・ヨナがフリーでも1位(123.95点)で193.45点という高得点で優勝。2位にはSP3位から逆転で中野友加里で172.53点、3位は安藤美姫で168.42点、4位はレイチェル・フラット155.73点、5位は長洲未来142.90点、6位スザンナ・ポイキオ142.14点、キミー・マイズナーは8位で135.92点。  女子フリーもキム・ヨナが1位でトータルで中野に20点以上もの大差で圧... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/27 21:20
フィギュアスケート GPシリーズ2008アメリカ大会 男子は小塚崇彦が優勝、女子はキム・ヨナが首位
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ2008アメリカ大会2日目、男子シングルのフリー演技で、小塚崇彦が226.18点(SP80.10点、フリー146.08点)でSP3位から逆転で優勝を飾る。なお日本人男子では4人目となるGPシリーズ優勝者となる。アメリカ大会は3年連続(’06織田、’07高橋、’08小塚)で日本人が優勝。  女子ショートプログラムは2年連続GPファイナル優勝のキム・ヨナ、世界選手権優勝経験のある安藤美姫、キミー・マイズナー、世界選手権4位の中野友加里、今年の全米選手権優勝者... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/26 22:02
フィギュアスケート GPシリーズ2008アメリカ大会 男子SP
 フィギュアスケート、グランプリシリーズ2008の初戦であるアメリカ大会が開幕しました。初日は男子シングルのショートプログラムとペアが行われ、男子シングルは小塚崇彦が80.10点で3位につけ好スタート、1位は2008全米選手権優勝者のエバン・ライサチェクで81.30点、2位は今年の世界選手権銅メダルのジョニー・ウィアーで80.55点、2007年の世界ジュニア&ジュニアGPファイナル優勝のアダム・リッポンは59.60点で5位以内にも入れず。  小塚は世界選手権8位入賞で自信をつけたすべりを披露、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/26 10:09
ドリーム・オン・アイス2008
 フィギュアスケートのショー(フジテレビは開幕と言うていますが...)である、ドリーム・オン・アイス2008がこの週末に行われ、いろんな話題を提供してくれました。  一番ニュースになったのは昨シーズン飲酒運転でシーズンを棒に振った織田信成が1年ぶりに日本で滑りました。ニコライ・モロゾフにコーチしてもらえるようになったからかそういった面がプログラムにも現われていたように思える。一方ライバル?の高橋大輔は宮本賢二が振付けたというプログラムで滑っていましたが既に気合が違っているように思えた。世界選手... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/30 22:33
カーニバルオンアイス
 GWの最終日5月6日にテレビ東京で「カーニバルオンアイス」が放映され、どういうのかなと思ったら、出演者を見たら4月後半に行われたフィギュアスケートジャパンオープンのメンバー+αだったので、ジャパンオープンのエキシビジョンでいいのかと思ったが見終えるとそういう見方で間違いはなかったという思いであるが、そうでないものもあったことを付け加えておく。  ジャパンオープン以降ここまで、フィギュア界にも動きがあり、織田信成がニコライ・モロゾフの指導を受けることになり、ライバルの高橋大輔がモロゾフとのコー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/09 23:35
フィギュアスケート ジャパンオープン2008 日本3連覇
 フィギュアスケート、日本・北米・欧州の3地域対抗戦ジャパンオープン2008が行われ、日本が491.82点で優勝、2位には男子が健闘した欧州で488.45点、3位には北米で481.81点。  出場選手は、日本が浅田真央、中野友加里、高橋大輔、本田武史。欧州がサラ・マイアー、キーラ・コルピ、ステファン・ランビエール、アドリアン・シュルタイツ。北米(といっても全員アメリカ)はキミー・マイズナー、長洲未来、エバン・ライサチェク、トッド・エルトリッジ。全米選手権で優勝しながら年齢制限で世界選手権に出場... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/20 22:33
世界フィギュア2008 男子ショートプログラム&アイスダンス・フリー
 世界フィギュア2008が終わって日にちが経ちましたが、地上波放送未見分のアップも最終回になりました。最終回は先週土曜日の昼間に放送されていた、男子のショートプログラムとアイスダンスのフリー演技です。  男子ショートプログラムはバトルがトップに立って、高橋は手をついたのもあってか3位、昨年優勝者のジュベールが6位に沈んだ。4回転は予定ではなかったが、実際はしてきた。さすがに意地があるのであろう。大会後も優勝したジェフリー・バトルに対しても4回転しなくて優勝したことについてバトルとバトル?してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/28 23:54
世界フィギュア2008 アイスダンス・オリジナルダンス
 世界フィギュア2008、まだアップしていない2つのうちの一つであるアイスダンスのオリジナルダンスを取り上げます。  結果はもう分かっていますが、優勝したフランス組はCDから勢いに乗り、オリジナルダンスでも好調を維持していたことが分かる。この時点で抜けつつあったなと感じた。ベルビン・アゴストはCDの悪さを引きずることはなかったが、メダルに届かなかったのはうなずけるかな。リード姉弟とは最終組の演技は別物と思えたのか俺だけなのか?  OD終了時点では、I・デロベル、O・シェーンフェルダー組(フラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/26 23:08
世界フィギュア2008 エキシビジョン
 世界フィギュア2008最終日、エキシビジョンが行われ、その模様が放映されました。今年は昨年の男子シングルのトマシュ・ベルネル(チェコ)のような笑いというか突っ込みをされるようなエキシビジョン(鉢巻を巻いて、しかもそれが逆であった)を行った選手はいなかったが、それなりに持ち味を出していたのではないか。  一番はじけていたのは男子2位のブライアン・ジュベール(フランス)。2連覇が出来なかったから悔しいはずであったはずなのに、そんなことを感じさせず、はじけたプログラムであった。一番悲しく感じられた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/24 23:26
世界フィギュア2008 ペアフリー
 世界フィギュア2008も残すところエキシビジョンくらいになりましたが、そこでアップしていない種目というか放映分の記事を数回に分けて上げていく予定です。その1回目は大会2日目のペア・フリーです。  優勝はA・サフチェンコ、R・ソルコビー組(ドイツ)で202.56点をマークしてSP2位からの逆転優勝を果たす。2位にはダン・ジャン、ハオ・ジャン組(中国)で197.82点、3位はカナダのJ・デューブ、B・デイビソン組で192.78点、川口悠子、A・スミルノフ組(ロシア)は史上初のスロー4回転サルコー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/23 23:36
世界フィギュア2008 高橋大輔メダルを逃す
 世界フィギュア2008、男子フリーが行われ、トリノ五輪銅メダルのジェフリー・バトル(カナダ)が245.17点で初優勝、昨年優勝者のブライアン・ジュベール(フランス)が231.22点で2位、3位にはジョニー・ウィアー(アメリカ)で221.84点、高橋大輔は220.11点で4位に終わる。小塚崇彦は205.15点で8位と健闘、南里康晴は179.88点で19位。2005、2006世界選手権優勝者のステファン・ランビエール(スイス)は217.08点で5位。今年の欧州王者のトマシュ・ベルネル(チェコ)はミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/23 08:17
世界フィギュア2008 浅田真央が初優勝
 世界フィギュア2008、女子シングルのフリー演技が行われ、浅田真央がフリーで121.46点をマークし合計185.56点で逆転優勝。日本勢の優勝は2年連続5回目で、日本人として5人目(1989年伊藤みどり、1994年佐藤有香、2004年荒川静香、2007年安藤美姫、2008年浅田真央)の優勝者となる。  2位にはSP1位だったカロリーナ・コストナー(イタリア)が合計184.68点(SP64.28点、フリー120.240点)、3位にはフリーだけなら1位ののキム・ヨナ(韓国)で183.23点(SP... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/03/21 23:29
世界フィギュア2008 女子ショートプログラム
 世界フィギュア2008、2日目。女子ショートプログラムが行われ、2005年の世界フィギュア銅メダリスト、で2年連続欧州選手権優勝のカロリーナ・コストナー(イタリア)が64.28点のSB(シーズンベスト)でトップ、2位には浅田真央が64.10点のSB、3位には中野友加里で61.10点のSB、4位にはキーラ・コルピ(フィンランド)、5位にグランプリファイナル2年連続優勝のキム・ヨナ(韓国)で59.83点、注目の昨年の覇者、安藤美姫は59.21点で8位、2006年の世界選手権優勝者のキミー・マイズナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/20 23:10
世界フィギュア2008開幕
 世界フィギュア2008がスウェーデンのイエーテボリで開幕して、今年は全部で230人くらいが滑るそうですが、最初の競技はペアのSPからで最初の滑走者は今季のグランプリファイナル、欧州選手権優勝者であるA・サフチェンコ、R・ソルコビー組(ドイツ)で幕を開けた。  SPの順位はトリノ五輪銀メダルの中国のダン・ジャン、ハオ・ジャン組が74.36点のSBでトップ、2位にはサフチェンコ、ソルコビー組(ドイツ)で72.00点、3位には川口悠子、A・スミルノフ組(ロシア)でSBの71.42点、4位はアメリカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 22:11
世界ジュニアフィギュア2008
 世界Jrフィギュア2008がブルガリアのソフィアで開かれ、女子は全米選手権2位のレイチェル・フラットが172.19点で逆転優勝、全米選手権4位、グランプリファイナル3位、昨年同大会の優勝者であるキャロライン・ジャン(マスコミによってはジャンでなくザンと表記しているところもあり)が171.84点で2位、全米選手権優勝&SP1位であった、長洲未来は失敗もあって3位(162.82点)に終る。今年も女子は表彰台をアメリカ選手が独占した。日本勢は西野友毬が139.44点で5位と健闘したが、水津瑠美は16... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/03 23:21
フィギュアスケート 四大陸選手権 高橋大輔世界歴代最高点で優勝
 フィギュアスケート四大陸選手権、男子フリーの模様をようやく見ることができました。という事で見たら、高橋大輔がショートプログラムでも88.57点を出して世界最高点であったが、フリーでも175.84点をマークして、合計264.41点でロシアのプルシェンコがマークした258.33点を抜いて歴代最高得点で大会初優勝。  2位はトリノ五輪銅のジェフリー・バトル(カナダ)で234.02点、3位は昨年優勝者のエヴァン・ライサチェク(アメリカ)で233.11点、4位は昨年の世界ジュニア優勝者のステファン・キ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/19 23:11
フィギュアスケート 四大陸選手権エキシビジョン
 フィギュアスケートの四大陸選手権も終わって、土曜日に放送された女子フリーの視聴率が20%を超えたと本日の東京新聞の夕刊は伝えていた。東京マラソンの視聴率ばかりが注目を浴びていたが、こちらも高視聴率であった。ということで、四大陸選手権のエキシビジョンの模様に行きたいと思います。  フジテレビにしては珍しく、国分太一が登場しなかったので、演技に集中できた。80分の放映時間であったが、競技のおさらいもあったためか、アイスが2組、ペアが3組、男子は3人、女子も3人で合計11組のエキシが見られた。浅田... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/18 23:23
フィギュアスケート 四大陸選手権2008 浅田が初優勝
 2008四大陸フィギュアスケート選手権、女子フリーが行われ、SP1位だった浅田真央が合計193.25点をマークしてぶっちぎりの初優勝、SP2位だった安藤美姫は最初の3回転−3回転に失敗して、2年ぶりの挑戦となる4回転サルコーもダブルで失敗に終わり、トータル177.66点で3位に沈む。2位にはSP3位だった、カナダのジョアニー・ロシェットが179.54点が入り、地元韓国のキム・ナヨンがSBを大幅に更新してトータル158.49点で4位に入る大健闘、村主章枝は145.06点で10位に終わる。  こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/17 02:27
スターズオンアイス
 スターズオンアイスのジャパンツアーの模様がテレビ東京で放映されたのでその模様から。  現役の日本人選手からかつての名選手らが揃ったのであるが、私はフィギュアスケートに関してはブログを始めてからのにわか?であり、それ以前というと伊藤みどりの現役時代に少し見た程度の記憶しかありませんから、かつての名選手に関しては知らない選手もいました。  本格的なアイスショーをテレビで見るのは初めてですが、エキシビジョンよりも制約がない感じがしたというか自由な気がした。  浅田真央は青い衣装で滑りましたが最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/14 21:59
全日本フィギュア男子フリー
 全日本フィギュアも終わり、録画分も今回が最終という事でフィギュアスケートの記事もこれが2007年最終となります。男子フリーを振り返ります。  男子最終組は小塚、高橋、南里、無良、中庭、梅谷の滑走順となりまして、中庭のところで世界選手権の代表が事実上決まる組み合わせである。  小塚は特別失敗は素人目では分からないが、フリーでは146.64点を出してトータル219.43点を出して代表内定が出た。高橋は4回転を2回決めて、織田のいない全日本フィギュアでモチベーションがどうなるかが心配されたが、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/30 17:50
全日本フィギュア男子ショートプログラム
 全日本フィギュアも終わりましたが、男子の分がまだアップされていませんでしたので、ショートを今回アップします。  男子は織田信成が欠場という事で優勝争いに関しては全く盛り上がることはありませんが、今回は世界フィギュアの代表枠が3あるということで昨年と比べると代表枠争いに関しては熾烈になっていった。代表枠争いは昨年のNHK杯3位の小塚、昨年全日本3位の南里、26歳の中庭の3者が高橋以外の2つの枠を争う形と予想された。  高橋はHIPHOPを滑り85.43点をマークして2位以下を10点以上引き離... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/30 17:33
メダリスト・オン・アイス2007
 全日本フィギュアのエキシビジョン、メダリスト・オン・アイスが行われた。昨年は引退した神埼がヨン様に扮して滑っていたのが印象的であったが、今年もなかなか魅せてくれた。  エキシらしいと思ったのはまず、世界ジュニア代表となった佐々木義生。佐々木は馬のマスクをして登場してしばらく踊り、その後はマスクは外したがマイケル・ジャクソンの曲で滑っていた。  一番印象的だったのは男子シングルで2位だった小塚崇彦。曲目は「サタデー・ナイト・フィーバー」小塚が生まれる前の曲だし、小塚のキャラに不釣合いと思われ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/30 08:36
全日本フィギュア2007 安藤逆転ならず浅田真央が2連覇
 第76回全日本フィギュアの最終日女子シングルフリーが行われ、SPで1位だった浅田真央が合計205.33点で優勝、2連覇を達成。2位にはフリーで1位だった安藤美姫、注目の3位は中野友加里、4位に村主章枝。  まず、1位争いは浅田と安藤の激突となったが、浅田真央が最初のトリプルアクセルがシングルになったが持ち直して132.41点で演技を終える。安藤は途中のジャンプでおかしいところがあったがそれ以外は特に問題が無く135.50点を出してフリーだけなら1位であったが逆転できず1.15点差で3年ぶりの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/28 23:28
全日本フィギュア2007女子ショートプログラム
 フィギュアスケートの全日本選手権、女子フリーが行われ、浅田真央が72.92点でトップ、安藤美姫が68.68点で続き、以下村主章枝63.50点、中野友加里61.16点、鈴木明子58.66点、水津瑠美53.82点が最終滑走、7位に太田由希奈50.84点、9位にNHK杯3位の武田奈也で49.04点、10位は今年のジュニアグランプリファイナル出場の西野友毬で48.94点、澤田亜紀は11位、浅田舞は13位以下で第3滑走グループにも入れず。  浅田真央はグランプリシリーズではショートを失敗しまくっていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/27 23:07
フィギュアスケートグランプリファイナル エキシビジョン
 フィギュアスケートの競技も終わり、エキシビジョンが行われその模様がテレビ朝日で放送されましたが、まず一言で感想を言ってしまうと、アサヒる番組構成だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/19 22:48
フィギュアスケートグランプリファイナル フリー
 2007フィギュアスケートグランプリファイナルフリー演技が行われ、男子はステファン・ランビエールが前半ミスがあったものの後半持ち直し、フリーで155.30点を出してトータル239.10点で逆転優勝、SP1位だった高橋大輔は最初の4回戦が3回転になるなど大きなミスは無かったが細かいミスが出てトータルで0.16点差の238.94点、3位はエバン・ライザチェックで229.78点、4位はジョニー・ウィアーで216.16点、5位はパトリック・チャンで208.13点、6位はケビン・バンデルペレンで189.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/18 23:32
フィギュアスケートグランプリファイナルSP
 2007フィギュアスケートグランプリファイナルが終わりましたが、私個人はまだ放送を見ていなかったので、これから多分3日間にわたって順次放送を見る予定ですので、見次第アップさせていただきますということで、第1弾、ショートプログラムからいきます。  男子は高橋大輔が84.20点でトップ、以下ステファン・ランビエール83.80点、エバン・ライザチェック79.70点、ジョニー・ウィアー74.80点、ケビン・ランデルべレン72.83点、パトリック・チャン63.86点。  女子はキム・ヨナ64.62点... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/17 23:28
フィギュアスケートNHK杯アイスダンス・オリジナルダンス
 フィギュアスケートグランプリシリーズNHK杯地上波放映も残すところアイスダンス・オリジナルダンスのみとなりました。NHKでの放映は一番最初で、アイスダンスはこれだけの放映です。すっきりしないけれど。  しかし衣装もばらばらで民族性が出ている組も多く、シングルのような派手さは無いが芸術性があふれているのかな?リフトが特徴みたいでなかなか見られないだけに面白い試みに思えた。  イギリスのカー姉弟はエキシビジョンで姉が弟を持ち上げるということがあったがここでは弟が姉を持ち上げていますた。日本のリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/08 21:03
フィギュアスケートNHK杯エキシビジョン
 フィギュアスケートの最後のプログラムといえばエキシビジョン。今シーズンのグランプリシリーズでは初めてのエキシビジョン地上波中継。昨年はNHK杯の他はテレ朝でフランス大会のエキシビジョン中継はあった。  男子・女子のシングル、ペア、アイスダンスの各優勝者のエキシビジョンが映されたのはよかった。特に高橋大輔のヒップホップまで見れたからな。後は安藤、武田(牛タン美味かったのかな?)、リード姉弟、イギリス人ペア(女性が男性を持ち上げたから取り上げられたかと思う)ぐらいで、注目した男子シングル2位のト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/05 23:04
フィギュアスケートNHK杯男子フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第6戦NHK杯男子フリープログラムはSP2位だった高橋大輔が4回転ジャンプには失敗したものの逆転で優勝でグランプリファイナル出場。連覇で日本人選手の連覇は26年ぶり。2位にはSP1位だったトマシュ・ベルネル。3位にはスティーブン・キャリエールが入る。4位にはSP最下位(12位)(フリーだけなら4位)のジェレミー・アボットが入る。日本の中庭健介は8位、南里康晴は10位に終わる。  高橋は4回転こそ失敗したが他は決めて技術点だけで80点を超えるという滑りを見せ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/05 22:50
フィギュアスケートNHK杯男子ショートプログラム
 先週末にフィギュアスケートグランプリシリーズ第6戦NHK杯が行われましたが、女子のSPとフリーだけしか上げていませんでしたが、男子も上げますということでショートプログラムから行きたいと思います。  ショートプログラムはチェコのトマシュ・ベルネルがジャンプの失敗のあった高橋大輔を抑えてトップに立ったんだけれど、今年の世界選手権からいきなり成長してきたんだなという感じでありそのまま勢いが持続しているなと感じた。ベルネルは世界選手権での4回転ジャンプとエキシビジョンでのハチマキを締めて滑っていたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 22:39
フィギュアスケートNHK杯 女子フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第6戦、NHK杯女子フリーが行われ、SP1位であったカロリーナ・コストナーがフリーでは2位であったが逃げ切って優勝。地元イタリア・トリノで行われるグランプリファイナル出場を決める。日本人選手の連続優勝は5(2002年恩田美栄、2003年村主章枝、2004年荒川静香、2005年中野友加里、2006年浅田真央)で止まる。2位にはフリー1位のサラ・マイヤーが入り、3位には武田奈也が初の表彰台。安藤美姫は転倒3回もあってフリーはトリノ五輪並みの点数で終わって4位、4... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 23:52
フィギュアスケートNHK杯 女子SP
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第6戦、NHK杯の女子ショートプログラムが行われ、今年の欧州王者のカトリーナ・コストナーが61.24点でトップ、安藤美姫が60.52点で続き、3位は昨年のGPファイナル3位のサラ・マイアーが59.16点、4位は一昨年のGPファイナル出場のアリッサ・シズニーが58.24点、5位は武田奈也がPBで55.06点、浅田舞は35.98点で11位と最下位。6位レピスト、7位ゲテバニシエと続いていたから、順当なのかなとりあえずは。  ショートプログラムは皆今季2戦目とい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/11/30 22:47
フィギュアスケートGPシリーズ ロシア大会
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第5戦、ロシア大会が行われ、男子はジョニー・ウィアーがトータル219.96点で優勝、2位に入ったステファン・ランビエール(218.84点)とともにグランプリファイナル出場を決める。小塚崇彦は199.98点で5位。小塚は最低評価になったのがあったからそれが痛かったかな。  女子はキム・ヨナがフリーで最高得点となる133.70点を出してトータル197.20点というとんでもないスコアをたたき出してダントツの優勝、2位は中野友加里でトータル172.77点で金・中野... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/26 22:17
フィギュアスケートGPシリーズ・フランス大会 フリー
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第4戦フランス大会のフリー演技が行われて、SPでトップだった浅田真央がトリプルアクセスで失敗したものの、122.90点という高得点をマークして合計179.80点という点数で優勝これでグランプリファイナルへの出場が決定、2にはアメリカ大会優勝者のキミー・マイズナーが158.74点で入り、こちらもファイナル出場を決める。3位にはアシュリー・ワグナーが入り、4位にはサラ・マイヤー、澤田亜紀はトータルで100点にも届かず11位に終わる。  男子は16歳のパトリック... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/19 00:16
フィギュアスケートGPシリーズ・フランス大会SP
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第4戦、フランス大会は男子で世界王者のブライアン・ジュベールが体調不良により欠場して混戦状態になり、昨年のグランプリファイナル出場の地元・フランスのアルバン・プレオベール72.70点でトップ、カナダのパトリック・チャンが70.89点で続いて、3位はケビン・バンデルペレン(ベルギー)が70.60点で続く。日本の中庭健介は62.70点でPBに近い点を出して5位。  女子は浅田真央とキミー・マイズナーの一騎打ち状態になるようであるが、2人とも最初のコンビネーショ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/18 00:10
フィギュアスケートGPシリーズ・中国大会
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦、中国大会、女子フリーはSP3位のキム・ヨナがPBを出して2位以下に大差をつけて圧勝。2位にはキャロライン・ジャンが入って、ファイナル出場が微妙なポイントでシリーズを終える。3位にはSP首位だったカロリーナ・コストナーで4位にSP11位だった村主章枝、昨年優勝のユリア・シェべスチャンは5位。しかし、女子フリーはキム・ヨナを除いてミスの連発で低調だったな。100点を超えたのがキム・ヨナだけだったとは...キム・ヨナは120点を超えて立派だったが、ジャンプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/11 19:29
フィギュアスケートGPシリーズ・カナダ大会 浅田真央・中野友加里1・2フィニッシュ
 フィギュアスケートグランプリシリーズカナダ大会、女子フリーの演技を行い、SP3位だった浅田真央がトータル177.66点で逆転優勝、2位にはフリーで113.49点というパーソナルベストをたたき出した中野友加里がトータル169.43点で入って、日本勢が1・2フィニッシュ。3位は地元で昨年優勝のジョアニー・ロシェットが168.18点、4位は2週連続で4位のエミリー・ヒューズで162.42点、今年の世界ジュニア銅のアシュリー・ワグナーは150.06点で5位、武田奈也は148.05点で6位、SPトップだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/05 23:02
フィギュアスケートGPシリーズ・カナダ大会 男女SP
 フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦、カナダ大会男女のショートプログラムが行われ、男子は世界王者のブライアン・ジュベール(フランス)が78.05点でトップ、地元カナダ、トリノ五輪銅メダルのジェフリー・バトルは66.85点で3位。  女子は波乱続きで、1位はシニア初参戦のフィンランドのラウラ・レピストで59.18点、2位は2週連続の出場のアメリカのエミリー・ヒューズで58.72点、3位に浅田真央で58.08点、4位に中野友加里で55.94点、5位にジョアニー・ロシェットで55.48点、6... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/04 11:40
フィギュアスケートGPシリーズアメリカ大会 男子フリー&女子SP
 フィギュアスケートグランプリシリーズ・アメリカ大会男子フリーと女子のショートプログラムが行われ、男子では高橋大輔がフリーだけなら2位だったが、228.97点で、ライザチェックを振り切り、優勝。2位はライザチェックで220.08点。小塚崇彦は177.47点で8位、南里康晴は153.59点で10位。  女子SPはキミー・マイズナーが59.24点でトップ、安藤美姫が転倒ありで56.58点で続き、注目の14歳、キャロライン・ジャンが56.48点で3位、エミリー・ヒューズが47.66点、浅田舞が46.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 23:40
フィギュアスケートGPシリーズ・アメリカ大会 安藤美姫逆転ならず
 フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、女子フリーが行われ、SP2位だった、安藤美姫はフリー105.31点でフリーだけなら1位であったが、合計161.89点で逆転ならずで、2位に終わる。優勝は2006年の世界女王のキミー・マイズナーで163.23点、3位は今年の世界ジュニア女王・14歳のキャロライン・ジャンで153.35点、浅田舞は転倒2つもあったりして120.49点で8位。  しかし女子のフリーは全般に低調すぎたな。100点超えたのがマイズナー、安藤の2人だけで、その安藤でも10... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/29 23:04
フィギュアスケートGPシリーズ・アメリカ大会 男子SP
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ初戦アメリカ大会が開幕し、男子のショートプログラムが行われ、高橋大輔が80.04点という高得点をマークして、2位のエバン・ライザチェック(転倒があり67.70点)以下を大きく引き離してトップに立つ。日本からは日米対抗フィギュアのエキシビジョンで炎のファイターで滑った、南里康晴が57.84点で9位、昨年のNHK杯3位の小塚崇彦は転倒もあって56.25点で10位。  テレビ見ただけなんだけれど、高橋大輔のときだけが盛り上がっていたな。ライザチェックも最初に転... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/28 09:55
日米対抗フィギュア2007エキシビジョン
 日米対抗フィギュア2007は男女ともにアメリカの勝利で終わり、出場選手によるエキシビジョンが行われた。最初の30分は見れなかったが、テレビ観戦の感想から。  ハイライトで終わってしまった選手もいたが、印象に残ったのが、南里康晴。背中に闘魂の文字があり、曲も炎のファイター(アントニオ猪木の入場テーマソング)が流れ(ピアノバージョンだが)、しかも猪木の肉声のポエム入りで南里が滑ったのだが、個人的には面白かったが、フィギュアスケートファンにはどれだけ理解できたかは不明だ。アンコールもなかったし。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 21:48
日米対抗フィギュア2007
 今年で2回目を迎えた日米フィギュアは男女ともアメリカの勝利で終わる。  昨年はSP一人、フリー2人の合計で行われたが、今年はJrのフリーが1人、シニアのSPが2人、シニアのフリーが1人の合計で争われることになった。  全般で見るとシーズン初戦ということもあってか、ジャンプのミスが目立ち、観客の盛り上がりもいまひとつであった。PBを出した選手も女子で二人いたが、総じてミスも多かったこともあってか点数は低めで終わる。  男子は日本は町田樹(102.34点)、中庭健介(58.24点)、南里康晴... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 22:19
フィギュアスケート ジャパンオープン2007
 フィギュアスケート 欧州・北米・日本の3地域対抗戦、ジャパンオープン2007が行われ、日本が合計497.4点で2連覇、2位は欧州で471.11点、3位は北米で458.81点。  予定されていたキム・ヨナのエキシビジョンは体調不良で中止。  日本チームは安藤美姫、浅田真央、織田信成、小塚崇彦。欧州チームはサラ・マイアー、K・コルピ、ヤグティン、ブライアン・ジュベール。北米チームはキミー・マイズナー、ジョアニー・ロシェット、ジェフリー・バトル、T・エルトリッジ。  メンバー的に女子はベストに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 22:30
世界フィギュア2007 アイスダンスフリー
 世界フィギュア2007ネタも最終回、アイスダンスフリーです。日本の渡辺心・木戸章之組はトータル152.21点の15位で世界選手権最高順位で競技生活を終える。  優勝はブルガリアのA・デンコワ、M・スタビスキー組で201.61点、2位はM・F・デュブレイユ、P・ローゾン組(カナダ)で200.46点、3位はT・ベルビン、B・アゴスト組(アメリカ)で195.43点、4位は欧州王者のI・デロベル、O・シェーンフェルダー(フランス)組で195.19点、しかし最終滑走の5組がみな5位以内に入ったな。波乱... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/28 23:19
世界フィギュア2007 ペア フリー&アイスダンス オリジナルダンス
 世界フィギュア2007も終了しましたが、今回は録画しておいた、ペアのフリーとアイスダンスのオリジナルダンスを見ることが出来ました。  まず、ペアは中国のシュエ・チェン、ホンボー・ツァオ組が合計203.50点で優勝、2位はクィン・パン、ジャン・トン組で188.46点、中国ペアがワンツーフィニッシュ。3位はドイツのアリオナ・サフチェンコ、ロビン・ソルコビー組で187.39点、中国表彰台独占を狙った3組目のダン・ジャン、ハオ・ジャン組は163.97点で5位、井上怜奈、ジョン・ボールドウィン組(アメ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/27 23:06
世界フィギュア2007 エキシビジョン
 世界フィギュア2007もいよいよフィナーレになります。世界フィギュア記事は録画してみていないのが少しありますから、記事は今日で終了にはなりません。見次第記事にしますのでよろしくお願いします。  最初から見ることが出来ず、テレビつけたときは中国ペアのジャン・ジャン組のエキシでありました。  エキシで印象に残ったのは、男子4位のチェコのベルネル。ベルネルは途中で日本の鉢巻をして滑ったんだけれど、逆になっていたのは愛嬌なのかな。  アイスダンスの人は全般に堅苦しさが全く感じられないな。アイスダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/25 22:56
世界フィギュア2007 女子 安藤美姫が金、浅田真央は銀
 世界フィギュア2007 女子フリーが行われ、安藤美姫が195.09点のPBでSP2位から逆転で優勝、浅田真央はフリー1位であったが、SPでの失敗が響いたのか194.45点で2位。3位は韓国のキム・ヨナで186.14点でPB、アジア人が表彰台を独占するという初の快挙。4位は昨年の優勝者のアメリカのキミー・マイズナーで180.23点、5位は中野友加里で168.92点、6位はイタリアのカロリーナ・コストナーで中野と同じ点数だが、規定により中野が5位、コストナーが6位、7位はスイスのサラ・マイアーで1... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/25 00:25
世界フィギュア2007 女子ショートプログラム
 世界フィギュア2007、女子ショートプログラムが行われ、韓国のキム・ヨナが71.95点という驚異的なPBをマークして頭一つ飛び出してトップ、2位は安藤美姫で67.98点のPB、3位は今年の欧州チャンピオン、2年前の世界選手権3位のイタリアのカロリーナ・コストナーで67.15点のPB。  日本の浅田真央は3回転ー3回転ジャンプが3回転ー1回転になるというミスを犯し61.32点で5位、トップのキム・ヨナと10.63点開いた。中野友加里は60.62点のPBで7位。  その他は4位には昨年の世界王... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2007/03/23 23:24
世界フィギュア2007 男子フリー 高橋が銀&来年の出場枠3獲得
 世界フィギュア2007、男子のフリーが行われ、日本の高橋大輔がフリー1位のトータル237.95点で2位、世界選手権の日本男子では過去最高順位の銀メダル獲得。織田信成はSPで14位と出遅れたが、フリーで挽回して209.94点で7位、織田はまたもやジャンプの飛びすぎで点がつかなくなるというミスを犯す。しかし、織田が7位に入ったおかげで、来年の世界選手権の出場枠が最大の3になった。私個人は男子はメダルよりも出場枠拡大が最大の興味であったため、3を獲得するというテーマを達成できその上でメダルも獲得でき... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/22 22:57
世界フィギュア2007 男子ショートプログラム
 世界フィギュア2007、男子ショートプログラムが行われ、今季負けなし(欧州王者、GPファイナル優勝)のフランス、ブライアン・ジュベールが83.64点のPBを出してトップ、2位はカナダのトリノ五輪銅メダリストのジェフリー・バトルが79.90点のPBで続き、3位は日本の高橋大輔で74.51点、4位がアメリカのジョニー・ウィアーで74.26点、5位は全米王者のエヴァン・ライザチェックで73.49点、6位は世界選手権3連覇を狙う、スイスのステファン・ランビエールが72.70点、日本の織田信成は最初のジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/21 23:24
世界フィギュア2007開幕
 世界フィギュア2007が開幕しました。初日は開幕式があり、中野友加里による選手宣誓や橋本聖子日本スケート連盟会長の挨拶等があったが、テレビで見る限り、思ったより派手でなくて良かった。  競技はペアのSPが行われ、日本代表は出ていないが、日本人選手は2人出場している。1人目はお馴染みの井上怜奈、ジョン・ボールドウィン組、スロートリプルアクセルに失敗して59.50点で6位、もう一人は川口悠子。川口はロシアの代表として出場、ロシアは初めての外国人選手の出場、ロシア予選を経ないでの出場、ペア結成が昨... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/20 23:52
世界ジュニアフィギュア2007
 世界フィギュア2007がもうすぐ始まりますが、ジュニアフィギュアが一足先に行われて、その模様がテレビ放映されました。記事を書くのが放映後1週間近く経ち、大会自体そのもっと前だから古いネタになっているんだろうな。  女子はアメリカのキャロライン・ジャンが169.25点で優勝。2位は全米ジュニア優勝の長洲未来で163.84点。3位もアメリカの選手でアメリカが表彰台を独占。日本は水津瑠美が134.95点で5位、昨年4位の武田奈也が126.43点で9位、村元小月が123.85点で11位。  男子は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/17 23:34
フィギュアスケート 四大陸選手権2007
 フィギュアスケートの四大陸選手権のTV放送が昨晩ようやく放送された。知っての通り、女子はキミー・マイズナーが優勝、2位はエミリー・ヒューズ、3位はジョアニー・ロシェット、4位は澤田亜紀、5位はアリッサ・シズニー、6位は恩田美栄。男子はライザチェックが優勝、バトルは2位、神埼が7位、中庭が8位、南里は12位。村主は負傷でフリーは棄権。  しかし、北米は開催地がアメリカ・コロラドだから一線級揃えてきたな。中国もそうだけれど。日本や欧州は一線級出てこなかったな。  マイズナーやヒューズはグランプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/19 23:31
解説者列伝D 佐野稔
 今回の解説者列伝は現在フィギュアスケート四大陸選手権が行われていますが、それにちなんでフィギュアスケートの解説者佐野稔を取り上げてみたいと思います。  佐野は解説者としてはそれなりにまともな解説を行うことが多いが、時たまドサクサ紛れに笑える発言がある。  例えばソコロワが演技しているときにソコロワがタイプなんですと発言していた。芸能人がゲストで出てそういう発言するのはいるが、解説者でプレースタイルではなくて好きな女性のタイプを言ってしまうのはそうはいない。  だけど昨年のグランプリファイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/09 23:48
実況アナ列伝@ ポエムこと塩原恒夫
 1月23日発売の週刊「アサヒ芸能」にフジテレビ・塩原恒夫アナ、女子フィギュアセクハラ実況に大ブーイングと題した記事が載っていたため、この塩原アナについて述べてみたいと思います。  塩原恒夫、別名ポエムと言われているらしい。私はこのポエムについては何の感想もありません。別にこのくらいいいんじゃないのと思っています。塩原アナについてはポエムより国分に話を振ることのほうが問題だと思っている。これは塩原アナ一人の問題というより、国分を起用するフジテレビに問題がある。  セクハラというならGPシリー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/24 22:09
年末年始のテレビ番組の評判について
 年末年始のテレビ番組の評価について、いろんなメディアで言われていますが、その感想についてわかる範囲で述べてみたいと思います。  NHK紅白。私は見ていませんがDJオズマのバッグダンサーが裸のボディースーツを着ていたそうだな。いかにもやりそうだな。NHKの対応はフジテレビ27時間テレビでの鶴瓶の対応と大差ないな。まるでダチョウ倶楽部のギャグが聞こえてくるよ。  見たのはスポーツ中継(見たのはブログに書いています)のほかは、たけしのお笑いウルトラクイズくらいかなちゃんと見たのは。後はちらっと見... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/08 21:39
メダリスト・オン・アイス2006
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。と言うことで、今年初の記事ですが、フジテレビが放送していた、フィギュア番組についてです。K−1は2回目となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/01 01:45
フィギュアスケート 全日本選手権 男子フリー
 フィギュアスケート 全日本選手権 男子フリーを録画したのをようやく見ました。  結果は知ってのとおりですから、詳しくは書きませんが、織田はダメダメでしたね。国内大会なのに240点を超えなかったんだから、よっぽどダメだし食らったと言ってもいい。高橋は250点を大きく超えてやはり国内大会は点数のつけ方甘いなと感じたがそれでも国際大会出れば240点は軽く越す出来であることには間違いない。  織田と高橋が世界フィギュアに出場するが、2008世界フィギュア出場枠3を確保することが、最初の目標としても... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/12/31 11:44
フィギュアスケート 全日本選手権 浅田真央200点超えで初優勝
 フィギュアスケート 全日本選手権 女子フリー演技が行われ、ショートプログラムでトップだった浅田真央がフリーで140.62点、合計211.76点という参考点数ながら驚異的な点数で初優勝。2位は安藤美姫、3位は中野友加里でこの3人が来年3月に行われる世界フィギュアに出場、村主は4位、恩田が5位で、6位は澤田亜紀、浅田舞は8位。  浅田真央はジャンプで回避したのか回転不足だったのがあったが、それ以外は完璧。140点は国内参考だから行き過ぎだけど、国際大会でも120後半から130点くらいは行きそうだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/12/29 21:56
フィギュアスケート 全日本選手権 男子SP
 フィギュアスケート 全日本選手権初日 男子ショートプログラムが行われ、高橋大輔が85.55点でトップ、織田信成が81.75点で2位、南里康晴が72.30点で3位、神崎範之が70.78点で4位、小塚崇彦が70.49点で5位、トリプルアクセス失敗で転倒、フェンス激突していたが何とか最後まで演技していたな。中庭健介が68.25点で6位。  高橋と織田が抜きん出ているな。3位に誰が入るか楽しみだな。もう結果出ているんだろうけれど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/12/28 23:26
フィギュアスケート 全日本選手権 女子SP
 フィギュアスケート 全日本選手権2日目、女子のショートプログラムが行われ、初優勝を目指す浅田真央が71.14点で1位、2位は安藤美姫で69.50点、3位に中野友加里で63.34点、4位に恩田美栄で58.62点、5位に昨年優勝の村主章枝で58.55点、6位は浅田舞で55.56点、7位が太田由希奈で54.46点、8位に澤田亜紀で52.90点。  真央、美姫は文句のつけようがありません。中野はグランプリシリーズはよく失敗していたが、ノーミスでSPは今季一番良かったんじゃない。恩田はやはりGPシリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/12/28 22:38
フィギュアスケート GPファイナル
 フィギュアスケート グランプリファイナル フリー演技が行われ、男子はブライアン・ジュベールがトータル(以下同じ)233.46点で優勝、高橋大輔が224.83点で2位、織田信成が216.86点で3位、アルバン・プレオベールが201.52点で4位、SP5位のジョニー・ウィアーは棄権。  女子はキム・ヨナが184.20点で優勝、2位は浅田真央で172.52点、3位はサラ・マイヤーで170.28点、4位は村主章枝で158.78点、5位は安藤美姫で157.32点、6位はユリア・シュべスチャンで142.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/12/17 23:48
フィギュアスケート グランプリファイナル SP
 フィギュアスケート グランプリファイナル ショートプログラムが行われ、男子はブライアン・ジュベールが80.75点でトップ、以下高橋大輔が79.99点、アルパン・プレオベールが71.63点、織田信成が69.65点、ジョニー・ウィアーが67.60点、エバン・ライザチェックは棄権。  女子は浅田真央が69.34点でトップ、以下安藤美姫がSP自己新の67.52点、キム・ヨナが65.06点、サラ・マイヤーが59.46点、村主章枝が55.14点、ユリア・シュべスチャンが49.40点。  男子はジュベー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/16 23:02
西田善夫と永谷脩の見識を問う!
 今日はネタがなくなったので、私以外は多分誰も気にしない2つの話題について。    まず、1つ目は、元NHKアナウンサー、元横浜国際競技場長の西田善夫氏について。  アナウンサーとして数々の五輪中継等でおなじみの人だったんだけれど、先週の土曜日まで東京新聞でコラムを連載していたんだけれど、この連載で一つだけ気に入らないコラムがあった。約1年前だけれど、横浜マリノスは日産が出資しているチームなんだけれど、チーム名に日産と名乗れないのはおかしいと書いていたことがあった。サッカーに興味のない人間... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/05 23:17
フィギュアスケート NHK杯エキシビジョン
 フィギュアスケート NHK杯エキシビジョンが放送されましたが、その感想について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/03 22:47
フィギュアスケート NHK杯 男子も表彰台独占
 フィギュアスケート グランプリシリーズNHK杯最終日は男子のフリー演技が行われ、SP1位の高橋大輔がトータル247.93点というパーソナルベストで優勝、2位は織田信成でトータル244.56点でこちらもパーソナルベストをマーク。3位はSP4位だった小塚崇彦で208.34点をマーク。SP3位の中国選手が最初の4回転ジャンプは成功させたが、他のジャンプでミスが目立ったためか自滅で、小塚が3位に入り、日本勢が表彰台を独占した。ま、有力選手が一人辞退したから、小塚次第だろうと思っていたが、まさか本当に男... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/12/03 21:50
フィギュアスケート NHK杯 浅田真央最高得点でぶっちぎりの優勝
 フィギュアスケート NHK杯3日目 女子のフリーの演技が行われ、浅田真央がフリー130.02点、総合199.52点で優勝。現在の採点方式になってからはスルツカヤの出した198.06点をも上回り、女子の国際大会最高得点をたたき出した。2位は179.31点で村主、3位は中野で日本勢が表彰台を独占した。独占といっても海外の有力選手はもうすでにグランプリ終えているから、独占は当然なんだけれど、騒ぐほどではないな。これで浅田真央と村主章枝はグランプリファイナルの出場が確定。  浅田真央はスピードこそな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/02 23:56
フィギュアスケート NHK杯 SP 浅田真央2位以下に大差をつける
 フィギュアスケート グランプリシリーズ第6戦 NHK杯 女子ショートプログラムが行われて、浅田真央が69.50点というパーソナルベストをたたき出して、トップ。2位は村主で61.92点、3位は中野で56.86点。  中野は得意のスピンで前半失敗したのが響いたな。失敗しなかったら60点には乗せれたのにな。  村主はカナダ大会のときに荒川静香が言っていたジャンプに幅がないと言う意味が分かった様な気がした。演技は完璧といってもいいくらいだったけれど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/01 21:13
フィギュアスケート GPロシア大会 恩田3位、ジュベール圧勝
 フィギュアスケート グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会はフリー演技が行われて、男子ではジュベールがフリーで160.13点をたたき出し、合計237.83点のパーソナルベストをマークしてウィアー(フリー121.18点、合計198.28点)に40点近い差をつけて圧勝。2週連続の優勝でライザチェックに続いてグランプリファイナル進出が確定。日本の柴田は12位。  女子はSP3位のサラ・マイアーが女子唯一の100点越えをマークして(108.25点)、トータル159.17点をマークして逆転優勝、2位はS... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 23:42
フィギュアスケート GPロシア大会 SP
 フィギュアスケート グランプリシリーズ ロシア大会のSPが行われて、男子ではフランス大会優勝のジュベールが1位、ウィアーが2位につけて、日本の柴田は最下位。  女子では中国大会優勝のセベスチャンが1位、ソコロワが2位、アメリカ大会4位のサラ・マイヤーが3位、昨年グランプリファイナル出場したシズニーは4位、恩田と澤田は得点が並んだが規定により恩田が6位、澤田が7位。  セベスチャンは運がいいな。有力選手が他の大会に回されたからな。54点台でトップだからな。今大会はサラ・マイヤー、ソコロワ、シ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/25 23:17
フィギュアスケート GPフランス大会 エキシビジョン
 フィギュアスケート グランプリシリーズ 第4戦 フランス大会のエキシビジョンがテレビ朝日で放映されていたのでその感想を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/20 21:52
フィギュアスケート フランス大会 安藤美姫GPファイナル進出決定
 フィギュアスケート グランプリシリーズ第4戦フランス大会 フリーが行われ、SPトップのキム・ヨナが転倒もあったがフリーで119.32点をたたき出し合計184.54点のパーソナルベストをマークして優勝。安藤美姫はジャンプの転倒とアメリカ大会ほどかなぐり捨てるような演技が感じられなかったとこもあったのか109.42点、合計174.44点で2位、3位はマイズナー、4位はロシェット。  キム・ヨナと安藤美姫はグランプリファイナル進出決定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/19 23:36
フィギュアスケート GPシリーズ フランス大会SP
 フィギュアスケート グランプリシリーズ第4戦 フランス大会 ショートプログラムは男子で日本の南里康晴が56.80点で7位、今年のジュニア選手権優勝の小塚崇彦はジャンプの失敗が響いたのか56.04点で11位。SP1位はフランスのジュベール。風格が他の選手と違っていました。77.35点。2位は同じくフランスのプレオベールで71.38点。  女子はキム・ヨナが65.22点でトップ、安藤美姫が65.02点で続く、3位はカナダ大会優勝のジョアニー・ロシェットで58.92点、4位は今年の世界選手権優勝で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/19 01:34
フィギュアスケート GPシリーズ 中国大会 中野優勝ならず
 フィギュアスケート グランプリシリーズ 第3戦中国大会は女子で中野友加里が合計151.27点で2位、優勝はハンガリーのセベスチャンで153.80点、SP1位のエミリー・ヒューズは151.12点で3位、浅田舞は134.27点で6位、昨年ジュニアGPファイナル2位の澤田亜紀は133.33点で8位。  しかし、全般に低調だったな。フリーで100点超えたのが優勝したセベスチャンだけで、あんな失敗してよく取れたと思うような出来だったのにな。本人もびっくりしていたな。中野はジャンプに2つミスが出て本人も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/12 01:21
フィギュアスケートGPカナダ大会 高橋、村主共に2位に終わる
  フィギュアスケート グランプリシリーズ 第2戦 カナダ大会は男女のフリー演技が行われ、男子はSP7位の世界チャンピオンのランビエールが合計210.70点で逆転優勝、高橋は208.21点で2位、3位はジョニー・ウィアーで198.70点。  女子はSP5位の地元カナダのロシェットが合計173.86点で逆転優勝、村主は168.76点で2位、キム・ヨナはジャンプ等の失敗が響き168.46点で3位、恩田は盛り返したが146.97点で7位。  男子は皆失敗ばかりで低調だったな。ランビエールがあれだけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 00:40
フィギュアスケートGPカナダ大会 SP
 フィギュアスケート グランプリシリーズ第2戦、カナダ大会のSPが行われ、女子では今年の世界ジュニア優勝のキム・ヨナがシニア初参戦で62.68点をマークしてSP1位を獲得、村主は58.62点で2位で選曲はボレノ、いよいよという選曲。恩田はジャンプの失敗が響き43.16点で11位、しかし恩田は曲目が春の海という今までのイメージを覆す選曲でまだまだの完成度でした。ジャンプ前に止まってジャンプを飛んでしまうのはある意味凄いですが...、昨年優勝のアリッサ・シズニーが56.12点で4位、地元カナダのロシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/04 19:12
フィギュアスケートGPアメリカ大会 安藤が逆転優勝
 フィギュアスケートグランプリシリーズ スケートアメリカ第3日目、女子のフリー演技が行われ安藤美姫が逆転で優勝、2位はキミー・マイズナー、3位は浅田真央、浅田舞は6位。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/29 21:19
フィギュアスケートGPアメリカ大会 織田初優勝&真央SP1位
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第一戦のスケートアメリカ第二日目が行われ、男子の織田信成がフリーは2位だったものの合計231.39点で優勝を果たす。2位は合計221.09点でライザチェック、SP3位が響いてフリー1位でも逆転できず。3位はフランスのプロベール。  女子のSPは浅田真央が68.44点の自己最高をマークしてトップ、2位は安藤美姫で66.74点、この二人は飛びぬけていました。3位は今年の世界選手権優勝者のキミー・マイズナーで58.82点、やはり失敗が痛かった。浅田舞は6位だけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/28 21:56
日米対抗フィギュア2006
 フィギュアスケートの開幕戦、日米対抗フィギュアが行われ、男子はアメリカが、女子は日本が勝利した。  しかしこの大会5月に行われた日・米・欧の対抗戦が少し変化しただけといってもいいかもしれない。テレビ東京の企画をTBSがパクッタともいえる。  男子は日本の中庭、高橋は失敗が多くしょっぱいスケーティングだった。織田はいい演技で自己ベストをマークし、フリー出場4選手の中で一番いい点数だった。しかし大きな失敗のなかったアメリカに完敗。高橋は靴を替えたばかりらしく、靴との相性がしっくりきていないのが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/16 23:32
ドリーム・オン・アイス2006
 ドリーム・オン・アイス2006のテレビ中継がされたが、なんか詰め込みすぎ、といった内容である。そのくせ、スケートリンクが次々閉鎖になっている状況はひとことも触れずで困ってしまう。ただ、前日の亀田しか映さないTBSよりかは今季からシニア参戦する選手を映したり、復活した太田由希奈を映したりして好感は持てた。  出場選手は日本人が中心で海外選手の有力選手がそれに混ざるといった感じである。ショーなので採点はないが、皆のびのびしていた。  女子で今年の世界選手権で4位だったソコロワが出ていたのはびっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/08/03 22:23
フィギュアスケート ジャパンオープン 日本が優勝
 初の試みとなったフィギュアスケートジャパンオープン、日本・北米・欧州の3軍対抗戦は日本が優勝。私はK−1を見ていたので男子は見ていなかったのだが、女子は見ました。女子だけで見るとシーズンオフだったせいか、動きが五輪や世界選手権ほど良くはなかったが浅田真央は唯一の120点台をマークし、安定感のある滑りをしていた。ジュニア世界選手権のようなことはなかった。安藤美姫は五輪後初滑りであったが、五輪当時より体が絞れやせたのだが、練習でやせたのか、やつれたのかは不明。五輪の時は伊藤みどりよりパンパンになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/05/14 22:27
荒川静香、アマ引退。
 トリノ五輪女子フィギュアスケートの金メダリストの荒川静香がアマチュアを引退、プロに転向する事になった。  年齢からいっても次のバンクーバーはないだろう、また五輪後の世界選手権を欠場、来期のGPシリーズを欠場することから引退宣言は時間の問題と思われたが、今行われているアイスショーが終わった頃合を見計らって宣言ですか。無責任に発言できないことですから、このときしかないというタイミングですかな。ちょっと遅かったかもしれないが、、、  会見では競技生活を満足できた様なことを言っていました。  こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/05/07 22:08
村主章枝とテコンドーの岡本依子
 村主章枝は五輪、世界選手権が終わったせいか、テレビ・ラジオに出まくっているが、あのしゃべりはカツゼツがよくないせいもあり、間抜けな印象を与えてしまう。まあそれはいいとして、あのしゃべり方はテコンドーの岡本依子に似ているのではないかと思う。岡本も頭はいいと思うがしゃべりは頭悪そうに感じる。しかも二人とも早稲田大学の卒業生である。バラエティーでいじられキャラになっているところでも共通している。競技では顔が凄い事になっているのも共通している。競技に本格的に始めたのが遅いのも共通している。違う点は村主... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/26 21:26
荒川静香、歌声を披露
 荒川静香がロッテのCMの撮影をしそこで歌声を披露したという。テレビでその歌声を聞いていたがなかなかの歌声だと思う。私の考えていたイメージ通りである。クールに歌っている様子である。  ノリノリでかつて歌っていたことのある村主章枝とは大違いである。  荒川の歌はこれから流れるらしいが、村主の歌は来週火曜日にTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」にゲスト出演するからそこで村主のジングルが流れるから村主の歌声を聞きたい人は聞いて頂戴。でも聞けるのは関東地方中心になるのでTBSラジオが聞けない地域... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/04/14 23:30
荒川恩返し公演と安藤特別強化選手から降格
 ニュースによると荒川静香らが5月8日に新横浜プリンスホテルで恩返し公演をすると発表し、収益の一部は強化費に充てられるそうだ。出演は荒川静香の他、恩田美栄、中野友加里、高橋大輔、プロの本田武史、田村岳斗らという。村主、安藤、浅田の名はない。  荒川の希望によるものらしいが、荒川は五輪後、フィギュアスケートの環境悪化に対して胸を痛めている発言があり、今だから出来る事をと思って今回の行動に出てきたのかな?金を獲っておごったところなしですな。  フィギュアスケートの平成18年度女子の特別強化指定選... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/11 23:03
荒川静香凱旋パレード&世界フィギュアを終えて
 荒川静香が出身地の仙台で凱旋パレードを行い、7万人以上の見物客で盛り上がったという。映像で見る限り人でごったがえしていたが大きなトラブルは起きなかったが、交通規制が少なく大丈夫なのかと少し心配しました。  世界フィギュアはマイズナーの優勝に終わったが、銀と銅は私が2月6日にこのブログでトリノ五輪の予想をしたのだがその予想と全く同じになっていたのにはびっくりした。世界選手権の予想をした覚えはないのに。  村主は優勝する最大のチャンスを逃したな。しかも大沢悠里のゆうゆうワイドで村主のジングルが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/03/27 21:10
世界フィギュア2006 村主自己最高の銀メダル獲得
 世界フィギュア2006女子フリーが行われ、日本の村主が8回目の出場で自己最高の2位につけ銀メダルを獲得、中野は最終滑走で順位を一つ落としたが5位、恩田は11位。よって来年の東京で行われる世界選手権の出場枠3を確保した。優勝はSP終了時3位だったアメリカのキミー・マイズナー、マイズナーはフリーで130点近くをたたき出し、トリノ五輪での荒川よりもいい点数を出し、唯一の120点台をマークする。3位はアメリカのコーエン、今回は銀ではなく銅、やはり今回もコケマシタ。4位はロシアのソコロア、五輪での不振を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 21:31
世界フィギュア2006 女子SP
 世界フィギュア2006女子SPが行われ、五輪銀のコーエンがトップ、村主は2位、アメリカのマイズナーが3位、中野が4位、予選1位の地元カナダのロシェットはジャンプの失敗もあり5位、ロシアのソコロワが6位、恩田は11位。恩田は失敗こそ無かったもののスピード感に欠けたか。中野はほぼノーミスで笑顔も見られた。村主は着氷に失敗があったもののSPは自己ベストをマークする。コーエンは気迫がみなぎっていた。イタリアのコストナーは五輪に続きまたも失敗する。女子は日米決戦の様相になっているがロシェット、ソコロワが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/25 23:09
世界選手権にコーエンが出場へ
 フィギュアスケート世界選手権のアメリカ代表が発表になり、五輪銀メダルのコーエンが出場する事になった。メダリストではすでに荒川が出場を辞退し、銅メダリストのスルツカヤも欠場をにおわしている。このためメダリスト全員欠場は今回なくなりそうだが、コーエンは足治ったのかな?そして銀メダルコレクターという異名は返上できるか、村主は優勝できるかが楽しみになりそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/12 21:09
フィギュアスケート世界ジュニア選手権について
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権が終わり女子は韓国の金選手が優勝、浅田は2位で2連覇ならず、日本人の連勝も3でストップ。男子は小塚が優勝、昨年の織田の続き日本人2連覇となる。男女とも優勝者はジュニアグランプリファイナルの優勝者が世界ジュニア選手権を優勝したことになる。男女とも他の日本人は皆入賞している。  韓国の金は単純な比較は出来ないが、トリノ五輪に当てはめるとメダルには届かないものの村主よりは得点は上なので4位の記録になる。浅田は安藤よりも順位は上になる。  報道は浅田と金ばかり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/12 21:02
荒川静香、世界選手権出場辞退
 荒川静香が20日から行われる世界選手権を正式に辞退することになった。理由はあいさつ回りなどで忙しく大会準備が不足するからという。代わりに恩田美栄が出場する。これにより日本の出場選手は女子は村主、中野、恩田の3選手、男子は織田で望む。  荒川の辞退は予想されていたことである。金メダル獲得後取材等に時間を取られ、練習時間が確保出来なかったみたいだし、五輪の行われた年はメダリストは大体不参加である。  コーエンやスルツカヤはどうするかわからないが辞退する可能性が高いと見ている。そうすると村主が優... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/09 21:09
トリノ五輪 女子フィギュア報道について
 女子フィギュアは荒川が優勝しましたがその報道ぶりについて述べてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/26 21:07
NHKスペシャル「荒川静香・金メダルへの道」
 女子フィギュアで金メダルを獲得した荒川静香選手のトリノまでの半年間の密着取材ということであったが、中心はレベル4にいかに挑戦するかが描かれていた。  NHKらしいというかどうやって五輪での演技に持っていったかを描きたかったようであるが、技術と得点との絡みはよかったものの、どうしてコーチを変えたのか、モロゾフコーチはどういう人なのかが説明されておらず、また全日本選手権が一言も触れられていなかった事も不満である。精神面での書き方も甘く、取材不足は明らかである。ただ家族がサードストーリーに出てこな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/02/25 23:00
荒川と村主
 荒川と村主は仲が悪いといわれて、その後仲直りしたとの報道があったが実際は仲直りしていないのではないかと思う。  その理由は本日荒川が優勝したがそこに村主の姿は映し出されていなかった。佐藤夫妻、振付師上がりのコーチ、その他の関係者が荒川を取り囲んでいて優勝が決まった荒川を祝福していたが安藤や安藤のコーチは来ていて祝福していたが、そこに村主の姿は無かった。  私は二人は無理して仲良くする必要はないのではないかと思う。二人の歴史を考えると今回は二人とも出られたが、長野では荒川が村主をソルトレイク... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/25 00:02
フィギュアスケート女子 荒川が金メダル
 女子フィギュアスケートは荒川静香が191.34点を獲得し優勝。欧米以外では初の優勝者となる。銀は183.36点でアメリカのコーエン、銅メダルは181.44点でロシアのスルツカヤ、日本の村主が175.23点で4位、安藤は140.20点で15位に終わりました。今大会のフィギュアでのロシアの金独占は潰えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/02/24 20:05
女子フィギュア、フリーの見所
 女子フィギュアのフリーがいよいよ行われるが、荒川は金メダルを獲得できるのか、安藤は4回転に成功するのか注目が集まるところです。  まず安藤は直前練習で4回転ジャンプに7回挑戦して最後に成功させたという。もうメダルは無理な位置にいるため4回転ジャンプが成功するかどうかしか興味が無いといえよう。メダルは無理でも成功させて荒川や村主のお膳立てをしてくれ。  村主はメダルは難しい位置にいるがコーエンがこけるかもしれないので勝負強さを発揮してくれ。明日のゆうゆうワイドは村主のジングルがオープニングか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/23 22:59
フィギュア女子SP コーエンがトップ
 トリノ五輪フィギュアスケート女子ショートプログラムでコーエン(アメリカ)が66.73点でトップ、2位がスルツカヤ(ロシア)で66.70点、3位が荒川で66.02点、4位が村主で61.75点、安藤は56.00点で8位、昨年の世界選手権3位のコストナー(イタリア)は11位。  メダルの争いは上位3人に絞られたといってよい。3人が何色のメダルを獲るかはフリー次第であろう。村主にもメダルの可能性は無いわけではないが難しい点差である。5位以下は60点に到達していないためメダルは無理であろう。  スル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/22 22:12
男子フィギュアスケート報道について
 男子フィギュアスケートの高橋選手が8位入賞したが、高橋がメダルと取れそうだったのに取れなかったのは残念みたいな報道がなされているがおかしいのではないか。今回一番アホさが出たのは荒川強啓あーたです。ワイドショーなど見ていないのでなんともいえないが多分荒川強啓と大差が無いのではないかと思う。  たしかに高橋は昨年に比べると上達はしているがメダルに到達するレベルではないと思っている。今大会のメダリストは事前に予測された3人が取っており、予想通りの結果であるといえる。私は入賞出来ればいいと思っていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/17 21:48
フィギュアスケート女子 トリノ五輪予想
 オリンピック大会での人気種目であるフィギュアスケートの女子について予想をしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/06 21:38
フィギュアスケート クワン出場へ
 フィギュアスケートの全米選手権が行われ女子では日本勢のライバルとなるコーエンが優勝、2位にマイズナーが入り五輪代表に決定。欠場したクワンも選ばれた。  アメリカはどの競技でも一発勝負だと思っていたがそうではなかったのである。特例での代表入りを目指したクワンは認められた形となったが(正式には27日に決定)、さっそくアメリカではブーイングがおきているらしい。ブーイングの原因は平等な形で選ばれなかった事だろう。フィギュアスケートは人気種目だけにいろいろなしがらみがあるのだろうがアメリカらしくない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/16 20:33
フィギュア代表選考会報道につて
 フィギュアスケートのトリノ五輪の代表が決定し様々な報道がされているが、それについて述べてみたいと思います。  一番笑ってしまったのは、スポーツライターの永谷脩。得意分野は野球。野球に関してはいいがフィギュアスケートに対する無知振りには笑える。TBSラジオのスタンバイで選考基準に関して疑問を呈するのはいいが今回の選考ルールに関してわかっていないようである。全日本選手権だけで決まると思っているような口調であった。先々週の放送でリスナーから「野球以外のスポーツも取材した方がいいのでは」といわれフィ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/26 23:33
フィギュアスケート トリノ五輪代表決定
 トリノ五輪を懸けた全日本フィギュアスケート選手権が行われ、女子シングルは村主が優勝、以下は浅田真央、荒川、恩田、中野、安藤の順。  トリノ五輪の代表は女子が村主、荒川、安藤。男子は高橋。アイスダンスは木戸章之、渡辺心。となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2005/12/25 21:21
女子フィギュアSP 荒川が首位
 トリノ五輪出場権をかけた全日本選手権のショートプログラムが行われ、荒川がトップ、村主が2位、浅田真央が3位、以下恩田、中野、安藤と続き浅田舞は7位。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/24 21:51
フィギュアスケート 代表予想
 トリノ五輪フィギュアスケートの代表選考会が今週末に行われるが、誰が選ばれるか予想してみたいと思います。  男子  高橋と織田の一騎打ちで織田が勝つと予想。理由は高橋は五輪の出場枠をかけた世界選手権で力を発揮出来なかった過去があり、プレッシャーにつぶされる可能性があるから。そして織田の姉さんが結婚して苗字がトリノ(漢字は不明)になったから。高橋より織田の方がスター性がありそうだから。本田は論外。  女子  安藤、荒川、中野。安藤以外は横一線であるが、今期最高得点をあげている荒川と目立たな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/20 21:10
フィギュアスケート グランプリファイナル2005
ときに フィギュアスケートGPファイナルで女子で浅田真央が優勝、スルツカヤが2位、中野が3位、安藤は4位。男子はステファン・ランビールが優勝、高橋が3位、織田が4位でした。オリンピック代表選考会はますます選考が難しくなってきたという印象です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/17 21:17

トップへ | みんなの「フィギュアスケート」ブログ

スプレー日記。 フィギュアスケートのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる