スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS J1第2ステージ最終節

<<   作成日時 : 2015/12/05 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 Jリーグの年間王者に広島が決まりましたが、その前に11月22日に行われた第2ステージの最終節を振り返ります。取り上げるのは広島対湘南戦と浦和対神戸戦です。
 降格チームは最終節を待たずして決まった。ステージ優勝と年間勝ち点1位についても広島で事実上決まっていた。残るは3位にどのチームが入るか、つまりチャンピオンシップ準決勝で浦和と対戦するのは東京かガンバかであったがウチでは見ることが出来なかった。
 広島はホームで湘南と対戦。5-0の圧勝であった。湘南に苦戦する時間帯もあったが、得点を決めると以降はすいすい行く感じであった。湘南は4連勝中だったらしいが、その勢いはそがれたというか飲み込まれたといったほうが良いか。
 浦和はホームで神戸と対戦、開始早々浦和が先制し楽勝かと思われたが、3−2と追い上げられた。その後2点入れて浦和が5-2で勝利。
 浦和は退団が決まった鈴木啓太の退団挨拶が試合後に行われ、そこで引退を宣言した。鈴木はこの試合にベンチ入りはしたが出場しなかった。
 3位争いは東京は引き分け、ガンバは勝利で、ガンバが逆転で3位に滑り込み、東京は逃した。昔東京はACL出場なるかというところで逃して、翌年だったかなぁ?降格ということがあったが、来シーズンはそんなことがないように。

採点は広島戦はNHK総合テレビ、浦和戦はテレビ埼玉。
広島戦
実況:吉松欣史。特になし。 6.0
解説:戸田和幸。特になし。 6.0
リポート:ベンチ・下境秀幸、カシマスタジアム・杉岡英樹、埼スタ・曽根優、得点情報・酒井博司。特になし。 5.5
インタビュー:特になしであるが、最初は下境、途中から女性に代わっていた。チャンピオンシップ2戦目(男性は吉松であったが)でも同様であった。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 11月22日午後1時20分から3時44分までの生放送。カシマスタジアムは鹿島に第2ステージ優勝の可能性があったため、埼スタは浦和の年間1位の可能性があったから現地から切り替えてもいいようにおいたと思われる。茨城は県域のテレビ局がないため鹿島の試合を中継したと思われるが。

浦和戦
実況:上野晃。特になし。 6.0
解説:福永泰。特になし。 6.0
リポート:中島そよか。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 11月22日午後1時半から4時までの生中継。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J1第2ステージ最終節 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる