スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 男子バレーVプレミアリーグ’14’15シーズンファイナル

<<   作成日時 : 2015/04/29 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 4月5日東京体育館で男子バレーボールリーグのシーズンファイナルが行われ、JTサンダースがサントリーサンバーズにセットカウント3−0(41−39、25−19、25−19)で下して初優勝を果たした。
 JTは専売時代から歴史のあるチームであったが、未だに優勝がないチームであった。
 第1セットは41−39と競り合いとなりJTが制すると、第2・3セットはその勢いを結果的に維持できて制したことになった。サントリーは阿部がフル出場できず満足にプレーできなかった影響もあったかなぁ。第1セットが凄かったこともありサンデーモーニングでも結構な取り上げられ方をしていたなぁ。
 個人賞はMVPは越川優(JTサンダーズ、8年ぶり2度目)、敢闘賞はエバンドロ・グエッラ(サントリーサンバーズ、初)、得点王(最多得点)はイゴール・オルムチェン(豊田合成トレフェルサ、583点、初)、スパイク賞(アタック成功率)は松本慶彦(堺ブレイザーズ、57.80%、3年ぶり3度目)、ブロック賞(セットあたりブロック決定本数)は鈴木寛史(サントリーサンバーズ、0.82本、初)、サーブ賞(サーブ効果率)はヴィソット・レアンドロ(JTサンダーズ、19.60% 初)、サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)は酒井大祐(JTサンダーズ 74.60% 初)、レシーブ賞も酒井大祐(2年連続2回目)、最優秀監督賞はヴゴヴィッチ・ヴェセリン(JTサンダーズ、初)、ベスト6は越川優(3年連続7度目)、ヴィソット・レアンドロ(初)、栗山雅史(サントリーサンバーズ、初)、松本慶彦(3年ぶり3度目)、町野仁志(JTサンダーズ、初)、深津旭弘(JTサンダーズ、初)、ベストリベロ賞は古賀幸一郎(豊田合成トレフェルサ、2年連続2回目)、最優秀新人賞は鶴田大樹(サントリーサンバーズ)、最優秀GMは河野克巳(サントリーサンバーズ、初)となった。
 最終順位は1位はJTサンダーズ、2位はサントリーサンバーズ、3位は豊田合成トレフェルサ、4位は堺ブレイザーズ、5位はジェイテクトSTINGS、6位はパナソニックパンサーズ、7位は東レアローズ、8位はFC東京となった。また入れ替え戦は東レ、東京ともに残留を決めて来シーズンも今季と同じ8チームで行われる。

採点はNHKオンデマンド
実況:吉松欣史。特になし。 6.0
解説:植田辰哉。特になし。 6.0
リポート:山本隆弘、刈屋富士雄。特になし。 5.5
インタビュー:アーは刈屋富士雄。撮影に気が行っていたなぁJTの選手は。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 4月5日午後3時からBS1で生放送された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男子バレーVプレミアリーグ’14’15シーズンファイナル スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる