スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第69回全日本体操選手権

<<   作成日時 : 2015/04/28 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 4月24日から26日まで代々木第一体育館で世界選手権等の代表選考会を兼ねた体操の全日本選手権が行われた。
 男子は内村航平が182.700点で8連覇を達成し、史上最多の8度目の優勝を果たした。2位は田中佑典、3位は加藤凌平、4位は早坂尚人、5位は野々村笙吾、6位に山室光史と萱和磨、8位に田中和仁が入った。白井健三は11位、兄でアジア大会代表の勝太郎は21位であった。
 女子は寺本明日香が57.350点で2位の内山由騎に0.05点差で初優勝を決めた。3連覇を狙った笹田夏実は段違い平行棒の落下もあり4位、復活の優勝を狙った鶴見虹子は平均台で2度の落下もあり5位に終った。3位は杉原愛子、6位は湯元さくら、7位は宮川紗江、ベテランの美濃部ゆうは9位に終った。
 男子は内村は決勝で疲労等で難易度を下げたが得点を重ね2位以下を寄せ付けず、2位の田中に2.150点もの差をつけた。野々村は昨年の故障の影響が出たのかなぁ。
 女子は笹田は落下で早々と後退し、鶴見も平均台での落下で脱落し、寺本と内山の争いとなったが、僅かに寺本が勝ったというところか。女子は男子と異なり決勝一発で優勝が決まる(予選は予選で行われていた)ルールも幸いしたなぁといいたかったが、寺本は予選3位、内山は予選6位だったからなぁ。ちなみに予選1位は笹田、2位は鶴見であった。

採点はNHK総合テレビ
実況:稲垣秀人(男子)、船岡久嗣(女子)。稲垣は昨年よりか上達した感があったが、船岡のほうがまとまっていたかなぁ。 6.0
解説:斉藤良宏(男子)、上村美揮(女子)。上村は昨年よりかは普通っぽくなったかなぁ。 6.0
リポート&インタビュー:廣瀬智美。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 放送は26日午後1時55分から4時までの生放送であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
船岡アナは相撲中継などでは聞かれない大声が出てましたね
気持ちはわかりますが頑張って抑えてほしいものです
そら
2015/05/27 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
第69回全日本体操選手権 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる