スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューイヤー駅伝2015

<<   作成日時 : 2015/01/01 16:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
 ということで今年も1回目の記事はニューイヤー駅伝です。
 群馬県庁を発着点とする全7区間、100キロで行われ、トヨタ自動車が4時間51分41秒のタイムで4年ぶり2度目の優勝を果たした。
 3連覇を狙うコニカミノルタ、トヨタ自動車九州、日清食品グループ、トヨタ自動車、Hondaといったあたりが優勝候補といわれていた。
 1区では日清食品グループの大迫傑が中心となったが、すぐさま目立つことなく自重し、最後の方で抜け出すか立ちだったかなぁ。優勝候補のトヨタ自動車九州の渡邊竜二が区間23位と遅れ、悲願の優勝から早くも赤信号がついた。
 2区は外国人選手が出場出来る唯一の区間であるが、1位で襷を受けた日清食品グループが2区でもそのままトップをキープして3区へ。昨年ゴボウ抜きで話題となったDeNAのカロキはゴボウ抜きとはいかなかったが、3位まで押し上げる快走を見せた。
 3区は3強の日清食品グループ、コニカミノルタ、トヨタ自動車が3位までに入る。DeNAがこの区間終了時でも4位と健闘を見せていた。この3区は旭化成の鎧坂の快走が目立っていた。
 4区はエース区間といえる最長区間。設楽兄弟対決が実現し弟の悠太(Honda)が区間新記録をマークする走りで順位を押し上げた。Hondaが遅れていたためツインズの並走は見られなかったが...
 ここで日清食品グループからコニカミノルタに首位が変わる。日清食品グループの窪田忍も悪かったわけではなかったが、足がおかしくなりながらも執念を見せた設楽啓太がコニカミノルタを首位に押し上げた。
 関係ないが、設楽ツインズは東上線沿線が縁があるなぁ。啓太はコニカミノルタだから社会人になって離れたが、寄居町出身、しかも男衾らしい。男衾(おぶすま)と読めるのはどれだけいるか?高校は武蔵越生高校(東上線ではないが、東上線の支線といっていい越生線沿線)だし、大学は東洋大と工学部のある川越というか鶴ヶ島に駅伝の拠点があるんだろう。これも東上線沿線だし、Hondaも和光市にある施設が本拠地だし。
 5区は上位3チームが争う形で決着はまだつかなかったが、トヨタ自動車が大石港与の快走でトップを奪った。
 6区は襷を受け取った時はトヨタ自動車がトップで2位の日清食品グループとは4秒差、3位のコニカミノルタとは9秒差であったが、トヨタ自動車の田中秀幸(声優と同じ名前であるが全くの別人)がコニカミノルタの松宮隆行、日清食品グループの佐々木寛文らを引き離して事実上この区間で優勝争いは決着がついた。コニカミノルタと1分半、日清食品グループとは1分42秒と引き離した。
 7区は東海大出身で昨年は走れなかったトヨタ自動車の早川翼がさらに後続に戦意喪失させる走りをして4時間51分41秒のタイムで4年ぶり2度目の優勝を果たした。
 2位は3連覇を狙ったコニカミノルタで4時間53分20秒のタイムは優勝した昨年よりかはいいタイムであった。3位は日清食品グループで4時間55分00秒。
 4位はHonda、5位は中国電力、6位は初入賞のDeNA、7位は富士通、8位はNTN。7位から9位までは最後激戦となり、7位と8位が1秒差、8位と9位のトヨタ自動車九州は3秒差であった。
 大阪ガス、トーエネック、重川材木店は襷がつなげず、最後は繰り上げスタートとなる屈辱を味わった。

区間賞は以下の通りです。
1区(12.3キロ) 大迫傑(日清食品グループ) 34分47秒
2区(8.3キロ) バルソトン・レオナルド(日清食品グループ)、ビタン・カロキ(DeNA) 22分39秒
3区(13.6キロ) 鎧坂哲哉(旭化成) 38分26秒
4区(22.0キロ) 設楽悠太(Honda) 1時間02分47秒 区間新記録
5区(15.8キロ) 大石港与(トヨタ自動車) 47分19秒
6区(12.5キロ) 田中秀幸(トヨタ自動車) 36分59秒
7区(15.5キロ) 早川翼(トヨタ自動車) 47分41秒

採点はTBSラジオ
実況&リポート:メイン・椎野茂、第1中継地点・清水大輔、第2&第5中継地点・林正浩、第3&第6中継地点・石井大裕、第4中継地点・角上清司(CBC)、情報リポ・熊崎風斗、沿道リポ・小西杏奈、天気・大野治夫。中継地点実況はテレビと共同。特になしであるが、沿道リポでは年末の高校女子駅伝の常磐高校のアンカーを勤めた女性が登場したりボランティアで警備をしている人が出ていたりしていた。大野は最初の時と2度目の時のテンションがあからさまに異なり2度目の登場のときは悪化した天候に恨み節?な感じであった。 実況6.0 リポート5.5
解説:高尾憲司、寺田辰朗。特になし。 5.5
スタジオ:石川伸子。アナウンサーとしての仕事は今やこれだけまた来年だなぁ。 5.5
 放送はテレビと同じ午前8時半から午後2時半までの6時間であり、椎野が閉めた午後2時15分頃までの採点となります。優勝インタビューはよって流れなかった模様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビの実況解説体制は昨年と変わり無しでしたが、レポーターは第1第4地点佐藤(渚)、第2第5地点が2年ぶりの出水、第3第6地点古谷(スタート前群馬県庁レポート兼務)、群馬県庁に小林(由)、ラジオの熊崎もスタート前テレビに出てました。勿論天気予報担当で自身の会社に番組出演を降ろされた予報士を二人抱える森田さんが出てました。因みに途中のJNNニュースで昨年レポーターの一員だった林(み)がニュース読んでました。
本年も宜しくお願い申しあげます。
ナベチン
2015/01/02 09:57
+rkbエリアでは中継後今日感テレビの新春版スペシャルのような番組を生放送していました・・・。

宮脇憲一アナが群馬県庁前からトヨタ自動車九州の情報を中心にリポートしていましたよ・・・。
らくすぽ。
2015/01/12 14:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューイヤー駅伝2015 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる