スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第68回福岡国際マラソン

<<   作成日時 : 2014/12/08 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 昨日の7日に平和台陸上競技場を発着点とする福岡国際マラソンが行われた。来年の世界陸上北京大会の選考会を兼ねたレースでもあった。
 レースはペースメーカーが外れたあたりから事実上始まり、牽制となってしまい、その後モンゴル人でNTNに所属しているセルオド・バトオチルが抜け出し、元世界記録保持者のパトリック・マカウが抜いて2時間08分22秒というタイムで今でも世界歴代4位に相当する持ちタイムからすると不本意だろうが、復帰戦といわれているのでまぁ勝負に勝ったということではいいのかなぁ。
 2位は26秒差のエチオピアのラジ・アセファ、3位はバトオチルが入った。
 4位にようやく日本人最高位となった藤原正和で2時間9分06秒、5位が足立知弥で2時間09分59秒のギリギリ10分を切った形で、これからもマラソンは続けられそうだ。藤原は第2グループから34キロ当たりで日本人トップとなりゴールしたけれど、タイム的にアレだからなぁ候補になったとはいえ...
 期待された宇賀地強は国内初マラソンであったが、2時間10分50秒で3回目のマラソンで自己ベストをマークしたが物足りなかった。ロンドン五輪入賞の中本健太郎は12位と故障の影響があったとはいえ、初めてマラソンで上位10名には入れなかったという。

採点はニッポン放送(制作は九州朝日放送)
実況:メイン・小林徹夫、スタート&ゴール(平和台陸上競技場)・近藤鉄太郎、10キロ地点・三澤澄也、22.8キロ地点・細谷めぐみ、筥崎宮・山内宏明(ニッポン放送)。久しぶりのラジオでの採点となったが、小林が以前よりもまして安定していたかなぁ。ヤマノがゴールから地点実況に変更されていた。 6.0
解説:宗茂、井手何とか。井手は移動車から。双子の兄弟間の話題は関心なしを装っていた。 6.0
インタビュー:アーは本間智恵。テレ朝はどうだったか知らないが優勝者へのインタビューはなかった。 4.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビで中継を見ていたのですが…、

ギタウ選手の優勝インタビューが聞けなかったのは少し残念ではありました…。

世界記録保持者もロンドン五輪では故障でケニア代表になれず…、

その後も回復が遅れたとのことで大丈夫かな…と思いましたが…、

粘り強さを見せつけ、復活の優勝を果たしました…。

あと、バートゥチル選手は、勝負をかけるのが少し早すぎた感じがしました…。

日本勢では久しぶりに藤原正和選手がいい走りをしていましたが…、

中本健太郎選手の失速にはちょっと驚きました…。

調整がうまくいかなかったのでしょうか…。
らくすぽ。
2014/12/16 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
第68回福岡国際マラソン スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる