スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS アメフト Xジャパンボウル&甲子園ボウル

<<   作成日時 : 2014/12/31 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1月3日にライスボウルが行われますが、その出場権を懸けた戦いである学生日本一決定戦である第69回甲子園ボウルが14日甲子園球場で、社会人日本一を決める第28回ジャパンXボウルが15日東京ドームでそれぞれ行われた。
 甲子園ボウルは関西学院大学と日本大学という昨年と同じカードで行われ、55−10(14−0、17−10、14−0、10−0)で関西学院が圧勝しての優勝となった。
 タッチダウンは関西学院が7つ、日大は1つあったが、全てランでのタッチダウンであった。
 関西学院の防御や攻撃が群を抜き、日大は防戦一方かつ真ん中から抜けたところから関西学院が攻めるということが目立ち、日大は修正できないまま終った。
 ジャパンXボウルは5連覇を狙ったオービックシーガルスが準決勝で富士通フロンティアーズに敗れた。
 決勝は富士通フロンティアーズとIBMビッグブルーとの対戦となり44−10で富士通が勝利して初優勝を果たした。
 どちらが勝っても初優勝、QBは外国人対決ということで注目を浴びたが、QBは途中で両チームとも交代し日本人同士となっていた。
 いきなり富士通がインターセプトからタッチダウンを奪うと富士通ペースとなった。第2クォーターでIBMも守備でいい流れをつかんだが、富士通も逆にいい守備で流れを戻し富士通の流れを変えることは出来なかった。
 この試合は観客が多く入り、東京ドームの3階席も開放された。

採点はNHKオンデマンド
実況:星野圭介(甲子園ボウル)、船岡久嗣(ジャパンXボウル)。特になし。 6.0
解説:古橋由一郎(甲子園ボウル)、有馬隼人(ジャパンXボウル)。特になし。 6.0
ゲスト:古庄直樹(ジャパンXボウル)。オービックスの選手で日本代表のキャプテンを務めた経験のある選手である。特にないが無念さは出ていた。 6.0
リポート&インタビュー:早瀬雄一(甲子園ボウル)、杉岡英樹(ジャパンXボウル)。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0 
 ともにBS1で放送された。ジャパンXボウルでは日本のアメフト中継では珍しくハーフタイムショーの一部が流れてMAXがパフォーマンス(新曲である情熱のZUMBA等)をしていた。MAXは今は3名でレイナが結婚後活動休止中のためらしいなぁ。有馬が3人でもMAXだの、船岡はMAXは同世代ともいったりとしていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメフト Xジャパンボウル&甲子園ボウル スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる