スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014大学女子駅伝

<<   作成日時 : 2014/12/31 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 10月26日に宮城県で行われた第32回全国大学女子駅伝と12月23日に静岡県で行われた富士山女子駅伝を取り上げます。
 第32回全国大学女子駅伝は1区で今年も転倒があったが、立命館の大森菜月が今年も区間賞を獲得した。1区でトップに立った立命館は2区から4区まで2位以下を引き離した。最長の5区で津田真衣が久しぶりのレースということもあったのか給水に失敗するなどして本来の走りが出来ずに、大阪学院大学や大東文化大学に追い上げられた。大阪学院大学と大東文化大学の追い上げは6区最終区でも続き、距離が短かったから何とか立命館大学が逃げ切った印象が強かったが長かったら抜かれていたなぁ。
 ということで立命館大学が2時間04分36秒で4年連続9回目の優勝を果たした。21秒差の2位には大東文化大学。大東文化大学は5年で優勝と意気込んだが、5年目で目標は達成できなかったが2位に入った。
 3位は大阪学院大学、4位は松山大学、5位は鹿屋体育大学、6位は京都産業大学、7位は名城大学、8位は福岡大学となった。福岡大学は初シード。また2年前のこの大会に出場した選手がその後の火災で亡くなるという事件もあったが、日テレの中継ではほぼ触れなかった。フジでは触れていたが。

区間賞は以下の通りです。
1区(6.4キロ) 大森菜月(立命館大学) 20分55秒
2区(5.6キロ) 太田琴菜(立命館大学) 17分29秒 区間新
3区(6.8キロ) 鍋島莉奈(鹿屋体育大学) 21分54秒 区間新
4区(4.8キロ) 菅野七虹(立命館大学) 15分40秒 区間新
5区(9.2キロ) 野田沙織(大阪学院大学) 29分40秒 区間新
6区(5.2キロ) 森智香子(大東文化大学) 17分06秒 区間新

 12月23日の富士山女子駅伝こと全日本大学女子選抜駅伝は富士山本宮浅間大社前をスタートし富士総合公園陸上競技場をゴールとする全7区間43.4キロの駅伝である。
 大学選手権での感じからもしかしたら大東文化大学や大阪学院大学にもチャンスがあるのかなぁと思ったが、立命館大学が結局優勝した。
 1区では本命の立命館大学の大森菜月は大学の駅伝生活で初めての区間賞を逃したが、2位に1分44秒差をつけてのゴールインであった。タイムは2時間22分20秒。立命館はとにかくキャプテンの津田にいい気持ちで走らせようという一心だったかなぁ。
 2位争いは激戦で今度は大阪学院大学が大東文化大学を制した。4位は名城大学、5位は松山大学、6位は福岡大学、7位は全日本9位でシード権を逃した東農大、8位は京都産業大学であった。全日本5位の鹿屋体育大学は18位と低迷、参加チームではこれより下が東西の選抜しかないので事実上のビリであった。

区間賞は以下の通りです
1区(6.6キロ) 飯野摩耶(東京農業大学) 20分23秒
2区(3.5キロ) 森智香子(大東文化大学) 10分48秒
3区(4.4キロ) 松山芽生(名城大学) 14分20秒
4区(9.4キロ) 鍋島莉奈(鹿屋体育大学) 29分59秒 区間新
5区(5.0キロ) 福内櫻子(大東文化大学) 15分50秒
6区(6.8キロ) 太田琴菜(立命館大学) 21分37秒 区間新
7区(7.7キロ) 津田真衣(立命館大学) 27分42秒

採点は全日本大学女子駅伝は日本テレビ、富士山女子駅伝はフジテレビ
全日本大学女子駅伝
実況&リポート:センター・蛯原哲、1号車・田中毅、2号車・加藤智也(ミヤギテレビ)、バイク・佐藤義朗、スタート地点&第1中継地点・山本紘之、第2中継地点・安藤翔、第3中継地点・鈴木沙喜代(ミヤギテレビ)、第4中継地点・外賀幸一(ミヤギテレビ)、第5中継地点・後藤晴菜、ゴール・町田浩徳。エビや中継車はいいとして中継地点は特に女性は平板というかリポートとしてみれば特になしであるが、実況としてみると棒読み風に感じた。繰上げが日テレらしい好物さは出ていなかった。 中継地点実況と全般リポート5.5 その他6.0
解説:センター・金哲彦、1号車・高橋尚子。特になし。 5.5
インタビュー:杉野真実。特になし。 5.5 
カメラワーク:特になし。 6.0
ゲスト:岩田裕子。大東大OG。特になし。 5.5
 放送は10月26日正午から午後2時35分まで生中継された。

富士山女子駅伝
実況&リポート:センター・森昭一郎、1号車・竹下陽平、2号車・福永一茂、バイク・谷岡愼一、第1中継地点・奥寺健、第2中継地点・鈴木芳彦、第3中継地点・丸山勝義(福井テレビ)、第4中継地点・塩原恒夫、第5中継地点・西山喜久恵、第6中継地点・鈴木敏弘(テレビ静岡)。らしいといえばそれまでであるが、奥寺とかキクちゃんは千葉国際に続いて借り出されていたが、倉田とかアナウンサーに復帰した小穴とかまだいるだろうに、タブチの息子は使えないのかもしれないが。 6.0
解説:センター・金哲彦、1号車・高橋尚子、2号車・赤羽有紀子。赤羽が解説に挑戦であったが、第2中継車でメインでなかったしなぁ。 5.5
インタビュー:アーは宮澤智。特になし。 5.5
OP:佐野瑞樹、宮澤智、高橋尚子、赤羽有紀子。佐野はここでしか登場がなかったなぁ。静岡出身ということで登場だろう。元嫁(戸塚喜久子)は静岡の系列局(テレビ静岡)に以前勤めていた。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
ゲスト:藪下明音。立命館大学OG。で特になし。 5.5
 放送は12月23日午後2時から4時50分までの録画であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014大学女子駅伝 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる