スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成26年度天皇杯・皇后杯バレーボール全日本選手権大会

<<   作成日時 : 2014/12/28 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 12月10日から14日まで東京体育館でバレーボールの全日本選手権が行われ、男子はJTサンダースがパナソニックパンサーズにセットカウント3−0(25−22、25−16、25−18)で下して優勝、女子は久光製薬スプリングスが日立リヴァーレにセットカウント3−0(25−19、25−13、25−22)で下して優勝した。
 しかし男女とも一方的な感じの試合であった。所々負けたチームも意地といいますか見せたときもありましたが...
 男子は中島美嘉と結婚した清水邦広は存在感がなくパナの負けに繋がっていたなぁ。それとJTの外国人でやたらデカイのがいて目立っていた。
 女子は選手個人で見ればどうみても久光であるが、日立もいいときもあったが、長く通続かず。岡山を辞めた栗原恵は日立に移籍したが、膝の悪さは相変わらずで見ていて痛々しいものがあり、昔のいいときのようなプレーは出来なかった。
 ただ久光は長岡は活躍したが、新鍋や岩坂はもっと活躍しても良かったんじゃないのか?岩坂は代表外されて今のフォーメーションの原因を作っているだけになぁ。まぁ長岡を生かす目的があるのであるが。
 ちなみにこの日立は大林や中田のいた日立とは別系統である。

採点はNHKオンデマンド
実況:広坂安伸(男子)、田中崇裕(女子)。特になしであるが、田中はこの前のアイスホッケーはアレであったが、こちらは良かったのではないか。 6.0
解説:大竹秀之(男子)、大林素子(女子)。試合が試合だったこともあったのかなぁ。 5.5
リポート&インタビュー:刈屋富士雄(男子)、冨坂和男(女子)。特になし。 5.5
カメラワーク:特に無し。 6.0
 放送はBS1で14日午後6時から9時05分までの放送で、プレー自体のカットはなかったが、タイムアウト、セット間はカットされた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成26年度天皇杯・皇后杯バレーボール全日本選手権大会 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる