スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本シリーズ2014 ホークス王手

<<   作成日時 : 2014/10/29 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 日本シリーズ第4戦がヤフオクドームで行われ、ホークスが5−2で延長10回サヨナラ勝ちし、ホークスが3勝1敗として3年ぶりの日本一にリーチをかけた。
 ホークス・中田、タイガース・岩田の先発で始まり、1回表2死から3連続四球があるも福留が三振でチャンスを逸すると、裏のホークスは満塁から松田、中村この日本シリーズ調子が出ていなかった二人に安打が出て、松田の2点タイムリーで、中村のほうは内川がホームタッチアウトということであった。
 中田は3回にも3四球を出して同点に追いつかれ降板した。小久保がNHKBS1で解説をして怒っていたというが、分かる気もする。
 お互いその後全くチャンスがなかったわけではないが、得点を挙げることなく延長戦へ。
 10回表タイガースは1死1・3塁というチャンスでゴメスがゲッツーでチャンスを潰すと、裏のホークスは中村がオ・スンファンから3ランを放ちサヨナラ勝利。
 当っていなかった松田・中村を起こしてしまったのがダメ、もうひとつはまさか予想のところで書いた福留が長崎になれるかという場面(満塁。長崎は29年前の日本シリーズで満塁ホームランを放っている)が1回で本当に来るとは思ってみなかった。
 結果は三振でなれませんでした。3回の第2打席で同点打を放ったが、2塁で余裕のタッチアウトということでアップアップしていた中田をイニング終了で退かせるというミスもしていた。4回からは東浜が好投し、がっぷり四つの展開にさせてしまったなぁ。

採点は2回裏1死までは文化放送(制作は九州朝日放送)、以降はフジテレビ
ラジオ編
実況:近藤鉄太郎。特になし。 6.0
解説:西村龍次。相変わらず行間からイラつきが見て取れる場面(リポート内容等)が見られた。 6.0 
リポート:ホークス・小林徹夫、タイガース・清水次郎(朝日放送)。試合前のリポートで小林が出来ないアクシデントがあった。結局清水が先にリポートをすることとなった。これだから西村となんていわれてしまうんだよ。 5.5

テレビ編
実況:竹下陽平。下げなくてもいいが、CMの関係もあるのか見切りが早いとか、テレビですぐばれるのに大げさだとか細かいのが目立つところがあった。ラジオだと大げさは許容範囲は広がるが... 5.5
解説:池田親興、片岡篤史。池田はボケた面もあったが、挽回したところもあるのかなぁ。 5.5
ゲスト:稲葉篤紀。特になしでいいかなぁ。 6.0
リポート:ホークス・大谷真宏(テレビ西日本)、タイガース・若田部克彦(関西テレビ)。特になし。 5.5
カメラワーク:タイガースが同点に追いついた場面でのCM前の表示が間違えていたというのは失策だなぁ。 5.0
インタビュー:今年はインタビューが最後まで放送しなくていいのかなぁ?4戦目も途中で終わっているし。 5.0
 
 フジは系列局に任さなかったんだなぁ、昨年の世界柔道には大谷とかに実況させたくせに。
 ラジオでは九州朝日放送制作ものは東京で唯一流れる日であった。3・5戦目はQRが自社制作するからなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本シリーズでの竹下アナの実況は初めてでしたが…個人的には落ち着いた感じでよかったと思います…。

竹下アナの声とTNCの大谷アナの声の感じが少し似ているなぁと思ったのは私だけでしょうか!?…(笑)

たしかに…TNCの大谷アナも柔道中継FNS派遣アナや今年7月のソフトバンク−楽天戦(会場:福岡・YOD)で関東エリア限定での実況をしているので、実況するのではと思ってはいましたが…。
ラクスポ。
2014/10/30 09:26
幻に終わった第6戦は関テレ制作で実況は大橋が予定されていたようですが、rkb毎日OBの石田一洋がどのような形で中継に携わる予定だったのか、若干気になりました(笑)。
ナベチン
2014/11/09 18:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本シリーズ2014 ホークス王手 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる