スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ボクシング9・5 WBC井上&八重樫Wタイトル戦

<<   作成日時 : 2014/09/09 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 9月5日に国立代々木競技場第二体育館でWBCフライ&ライトフライ級タイトルマッチ等が行われた。
 なんといってもこの日のハイライトはWBC世界フライ級タイトルマッチで王者の八重樫東が軽量級最強と謳われるローマン・ゴンザレス(ニカラグア)に9R2分24秒TKO負けを喫し王座から陥落した。
 井岡ですら逃げたゴンザレス戦を受けた八重樫は真正面から打ち合う選択を早いうちからしていたようで、それに向けた特訓をしていたという。その結果打ち合いを演じた。
 当然ゴンザレスのほうがポイントを稼いでおり、八重樫は中盤で1ランドだけ獲得しただけのようであった。
 この八重樫のファイトぶりには村田や井上の試合がかすむほどであり、八重樫は負けたにもかかわらず賞賛を浴び男を上げていたが、テニスの全米OPの錦織の活躍で報道量が少なかったのが残念でならない。
 八重樫は引退をせず、3階級制覇を目指すためライトフライ級転向も噂されている。
 専門家の間には八重樫を止めるのが遅かったという意見も出ていたが、今のところこの試合で選手生命を脅かすという話は出ていないのであれでよかったのかなぁと現時点では俺は思う。
 しかし八重樫はエリートボクサーであったというのが完全に忘れ去られているなぁ、トランクスに拓大の文字があったくらいしか名残りがなくなっていた。もちろんいい意味で。
 井上尚弥はサマートレック・ゴーキャットジム(タイ)を11R1分08秒TKO勝利して初防衛に成功した。
 日本人最短での世界王座獲得となった井上の初防衛戦であったが、優位に進めたがなかなかKOまでには至らなかった。八重樫の試合を見てしまうとそういう感想しか浮かばないくらい印象が薄くなった。
 井上は将来ゴンザレスと対戦して勝たなければいけない存在だからなぁ。後は任せたぞ!
 村田諒太はメキシコのアドリアン・ルナにプロ初となる判定に持ち込まれ判定勝利したが、こちらも物足りなかった。
 村田はこの試合前に所属が三迫から帝拳に移籍した。
 中継には触れていなかったが、前座でデンカオーセンが登場しKO負けを喫していた。

採点はフジテレビ
実況:森昭一郎(八重樫戦)、鈴木芳彦(井上戦)、福永一茂(村田戦)。まぁファイト中に香川に振るのはどうかと思ったが、八重樫で全て忘れさせてくれたかなぁ。 6.0
解説:西岡利晃(八重樫戦、村田戦)、川島敦志(井上戦)。香川に振る時間がなければもっと良かったなぁ。 6.0
ゲスト:香川照之。今日この時点(たぶん11日の朝刊に出る可能性がある)で新聞の投書には出ていないが、出演するとよく批判の投書が掲載される。マニア振りがパンピーに受けない部分もあるのかなぁ。どうせコメントを求めるのならばラウンド間や試合前後に絞るべきである。 5.5
キャスター:三宅正治、宮澤智。特になしであるが、宮澤はバレー、世界柔道と動き回ったなぁ。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
リポート&インタビュー:福永一茂(八重樫、井上)、鈴木芳彦(ゴンザレス)、木村拓也(村田、ゴーキャットジム)、森昭一郎(ルナ)。特になし。 5.5
 放送は5日の午後9時半から2時間の予定であったが、村田は判定、井上は11Rでの決着ということもあり6日午前0時12分までの放送となった。録画である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ちなみに…竹下陽平アナは、ゴルフのフジサンケイクラシックの中継班に入っていたため、今回はこの中継班から外れました…。
ラクスポ。
2014/09/11 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボクシング9・5 WBC井上&八重樫Wタイトル戦 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる