スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ野球2014 広島対巨人22・23回戦

<<   作成日時 : 2014/09/17 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 15日から17日までマツダスタジアムで広島と巨人の3連戦が行われた。15日の21回戦は広島が勝利を収めた。ちなみにこの試合は関東ではラジオで放送されなかった。
 16日は7−1で巨人の勝利。
 広島・野村、巨人・菅野の先発で始まり、広島が1回に先制するも、2回以降は沈黙、その間に巨人は6回に坂本のタイムリーで同点にすると野村は降板、2番手戸田から村田の勝ち越し2点タイムリーが出る。
 7回には長野の一発、8回はまた村田のタイムリー、9回は阿部のタイムリーと得点を重ねた。
 広島は7回・8回とチャンスを得たが、8回は菅野をイニング途中で引きずりおろしたが、山口が1球で仕留めて終った。野村の交代は早すぎたのかそれともあってきたと思い交代させ結果的に失敗しただけというべきなのか?
 17日は9−7で巨人が勝利した。
 広島・ヒース、巨人・澤村の先発で始まり、澤村は1回に4点を失い2回の打席で代打を出されて1イニングで降板、2回に巨人は同点にする。広島が勝ち越し、巨人が追いつく試合となったが、8回に大田の逆転2ランと中田の暴投で3点を加えて何とか巨人が勝利した。
 巨人は勝利したとはいえ、先発の澤村、2番手の高木京、4番手の久保の内容は...それでも久保が勝ち投手となったが...
 巨人は2勝1敗と勝ち越し、広島戦の今季の勝ち越しを決めた。
 巨人が広島よりか経験値があったのかなぁ?広島は8回に鈴木が山口から長打を放ったが、3塁まで走ってしまいタッチアウトというのは広島の焦りが表れたなぁ。

採点は22回戦はTBSラジオ、23回戦は地上波中継時はTBSテレビ、それ以外はTBSラジオ、製作はいずれも中国放送
22回戦
実況:一柳信行。特になし。 6.0
解説:高橋建。何かを説明してくれればもっといいが。 6.0 
リポート:広島・長谷川努、巨人・林正浩(TBS)。特になし。 5.5

23回戦
実況:石田充(ラジオ)、坂上俊次(テレビ)。微妙な面が無かったわけでもないが。 6.0
解説:安仁屋宗八(ラジオ)、佐々木主浩、佐々岡真司(テレビ)。特になし。 5.5
リポート:広島・一柳信行、巨人・林正浩(TBS)。特になしでテレビラジオ一緒。 5.5
インタビュー:されたのは大田。特になし。 5.5
カメラワーク:特に無しであるが... 6.0
 2死まで行ったからいいとしても試合終了は仕方ないとはいえなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ野球2014 広島対巨人22・23回戦 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる