スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ野球2014 ライオンズ対イーグルス20回戦 坂信一郎NACK5実況ラスト

<<   作成日時 : 2014/09/14 22:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 西武ドームでライオンズ対イーグルス20回戦が行われ11−2でライオンズが勝利した。
 ライオンズ・野上、イーグルス・菊池の先発で始まり、ライオンズは1回に中村の犠牲ライナーで先制、2回には中村の3ランを含め6点を挙げて試合を決めた。その後も4回に浅村の一発等で得点を重ねた。
 野上はプロ初の完封が期待されたが、9回2死からジョーンズに一発(2ラン)を浴びてプロ初完封を逃した。後一人のところで逃したが、完投勝利を収め西武ドームでは初めての完投勝利を達成した。
 またライオンズの捕手は森、イーグルスの松井はレフトでスタメン出場したが序盤で退いた。

採点はNACK5
実況:坂信一郎。今日でNACK5最後の実況といううことで昔話やメール(読まれたものには寒い親父ギャグが良かったというのが多かった)、リクエストの多かった親父ギャグ、元祖とも言えるグダグダ実況等楽しめた。何度も聴いた駒沢球場で野初プロ野球観戦(昭和33年7月19日、ライオンズ・西村貞朗が完全試合を達成した試合)、1982年の日本シリーズでのライオンズ日本一のベンチ裏(田淵らが泣いていた)の話を今日も話していた。ライオンズファンクラブ会員という話とそのくせイベントの司会等には呼ばれないという話まで。またかつて行ったという何センチ外れた等の実況も復活させた。
 4回には麻・坂(あさ・ばん)コンビも復活した。吉野麻子はスコア係として坂の隣にいたという。 5.5
解説:平尾博嗣。吉野が喋っていた4回は吉野に代わりスコア係をしていた。 5.5
リポート:工藤むつみ。先週から続いて怪獣呼ばわりをおかわり君にされていた。 5.5
インタビュー:されたいたのは栗山と野上。野上は完封を逃し悔しさかみ締めていたなぁ。 5.5
 坂はNACK5が平成元年にライオンズ戦を開始してからずっと実況していたが、今日をもってNACK5での最後の実況となった。これはNACK5の実況に今年から上野智広が加入したことによるものと思われる。テレ玉とかではまだ続けるのかなぁ?坂がいなくなるということでボイス・オブ・ライオンズという人がいなくなるなぁ。まぁ坂しか昔から言わないが。
 NACK5の中継では今年からライオンズ主催ゲームには解説者(主に平尾)をつけるようになった。
 吉野麻子は初代のリポーターのイメージがあるが2代目(初代は菅野晃子)。途中外れた時期もあったが、通算で10年以上務めた。その後はスタジオ担当を経て今ではディレクターのようだなぁ。今日はスコア係だし。NACK5の初代アナウンサーではあった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ野球2014 ライオンズ対イーグルス20回戦 坂信一郎NACK5実況ラスト スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる