スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS アジアカップ女子2014 決勝トーナメント

<<   作成日時 : 2014/06/08 11:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 5月にベトナムで行われた女子のアジアカップですが、グループリーグは既に取り上げましたのでここでは決勝トーナメントの2試合を取り上げます。
 準決勝は5月22日に中国と対戦し2−1で勝利した。
 日本は後半6分に澤のヘッドで先制した。まるでワールドカップでの宮間から澤へのゴールを髣髴とさせた。
 しかしハンドでPKを与えてしまい35分に同点とされて延長戦へ突入した。
 後半終了直前に岩清水のゴールで勝ち越して勝利を収めた。
 しかし中国に苦戦した。グループリーグに参戦していた大儀見がいなくなったとはいえ、五輪の予選の中国を見る限り心配はしていなかったが、中国の体を張ったプレー等に苦しんでいた。
 それと審判のレベルに問題があり佐々木監督の指摘で訂正することもあった。

 25日に行われた決勝の相手はグループリーグ初戦と同じオーストラリアとなった。
 前半28分に岩清水のゴールが決まり、結果的にこの1点が決勝点となり勝利した。
 準決勝で120分も戦ったなでしこはコンディション面で90分で準決勝を済ませた豪州に比べてどうかと思ったがそれは苦しかったがクリアしていた。

 意外であるが、初めてアジアカップを制した。3年前のワールドカップで優勝したからアジアは軽いと言う印象はあるかもしれないが、前回大会は豪州に準決勝で敗れて3位決定戦で中国に勝ち何とか出場権を得た。 
 アジア大会も4年前の前回大会で初めての優勝であったくらいである。アジアは男子に比べるとレベルが高く前回のワールドカップでもオーストラリアはベスト8入りした強豪である。ワールドカップで言うと昔中国は準優勝の経験がある。北朝鮮もかつて世界ランク1桁だった時もあった。
 課題の若手等に関しては中堅選手の底上げは成果があったと思われるが、最後は宮間、岩清水というワールドカップ制覇メンバーの力が大きかったなぁ。若手は活躍がチョットなぁ。本当は澤は要らないというくらい底上げが必要になるのであるが、まだそこまでは難しいかなぁ。

 大会前の5月8日のキンチョウスタジアム(長居)で行われたニュージーランドとの壮行試合でニュージーランドと対戦して2−1で勝利した。
 仮想オーストラリアとして行われたが、ニュージーランドも北京五輪以前の楽勝相手ではなくなったなぁというのが正直な感想である。

採点はアジアカップはテレビ朝日、壮行試合はTBSテレビ
アジアカップ
実況:進藤潤耶(決勝)、吉野真治(準決勝)。まぁなんといいますか。 6.0
解説:松木安太郎、大竹七未。予想通りうるさく応援モード丸出しで、東京新聞の芸能テレビ投稿欄に批判の投書が複数掲載されていた。 4.0
リポート&インタビュー:吉野真治(決勝)、進藤潤耶(準決勝)。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
スタジオ:川平慈英、竹内由恵。出番少ない中途半端だったなぁ。 5.0
 決勝のセレモニーはやべっちFC内で行われたのでこちらは採点しませんでした。

壮行試合
実況:佐藤文康。昔よりかは落ち着いてきたというかむやみやたらにということは減ってきたなぁ。ライバル?(早大長距離チームの同期)の新谷保志もアジアチャンピオンズリーグの実況をするようになって佐藤の領域に入り込んできた影響なのか? 6.0
解説:川上直子。変に普通になったというか以前ほど女性らしい情報が減った感じに思えた。現役から離れて時間がたってきた影響なのか?それとも別の理由なのか? 5.5
リポート&インタビュー:新タ悦男。特になしであるが、悦男はラジオのワールドカップのコロンビア戦の実況を担当するそうだなぁ。TBSは新タとは。まぁ北京五輪等で経験があるからアレだけれど。この日の登場は今思うとワールドカップのためのアレだったのかなぁ?単に井岡の試合と連チャンだっただけだと思ったが、京都出身だし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
直前等:新タ悦男、枡田絵理奈、西島秀俊。西島はドラマの宣伝での出演であるが、この枠要らない。宣伝枠は不要。しかもこの西島主演のドラマは数字が良くないらしいなぁ。 4.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジアカップ女子2014 決勝トーナメント スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる