スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドカップブラジル大会 開幕戦

<<   作成日時 : 2014/06/15 10:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 現地時間の12日、日本時間13日にFIFAワールドカップブラジル大会が開幕した。
 開幕戦前には開会セレモニーが行われた。五輪のミニチュア版といった風の感じであったが、演出は地元ブラジル人ではなく何故かベルギー人であった。
 カポエイラもあったが、ブラジル人サッカー選手はカポエイラが出来る人が多く、サッカーに応用しているのもいるという(藤田俊哉がそう言う発言をしていた)。確かに足を使う格闘技だからなぁ。
 開幕戦は地元ブラジルとクロアチアと対戦して3−1でブラジルの勝利。
 ブラジルの完勝を予想した人が多かったと思われうが、先制したのはクロアチア、しかもオウンゴールであった。オウンゴールでのワールドカップ大会初得点は史上初だという。
 前半のうちにネイマールが決めてブラジルが同点にして前半を1−1で折り返した。
 後半運命のPKを貰うプレーがあったが、巧妙であった面は否めないが、手で引っ掛けているのでシュミレーションは取りにくいしなぁ。
 この判定にクロアチアが怒るのは当然であったが、世界中で賛否両論カンカンガクガクになっている。
 主審は西村雄一、副審も2人日本人という日本サッカー界にとっては栄えある名誉なことである。ブラジルでは当初、西村が主審ということで前回大会オランダに負けたときの主審で判定に不満があって負けたような印象を持たれたのでブーイングモノであったが、試合後は評価が変わったと思われる。
 でも快勝という報道があったが決して快勝といえるほどの内容ではなく、ブラジルが勝ち越したとはいえ、クロアチアも攻め込み、いつ同点になってもおかしくはないという状態であった。最後は3点目を決めたから快勝という報道がなされたと思われるが...
 ブラジルも学習能力をすぐ発揮する場面も見られ、ディフェンスではペナルティーエリア内では手を後ろに組んでディフェンスする場面も見られた。

採点はフジテレビ
実況:西岡孝洋。特になしであるが。 6.0
解説:藤田俊哉。開幕セレモニーでの上記発言は面白かった。 6.0
カメラワーク:ややファールなどでなぁ。 5.5
東京スタジオ:ジョン・カビラ、本田朋子、田中マルクス闘莉王、ピース、ナオト・インティラミ。闘莉王についてはいいとして、サポーターと称して出演しているピースとナオトはいらんだろう。しかしナオト・インティラミはまだ芸能界で生き残っているのかぁ。もう今頃はあの人は今になっていると思ったが。 4.0
会場特設スタジオ:中村光宏、ジョルジーニョ、大島優子。ジョルジーニョはいいとして、大島優子は出てくること自体ダメだろう、リポートまでしていたがそれ自体いらない。まぁ試合は出てこなかったのでアレだけれど。 セレモニー4.0 試合5.5
 13日午前3時から4時半までが開会セレモニー、4時半から7時10分までが試合という構成であった。当然生中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
W杯開幕!ついに日本の初戦!コートジボワール戦目前!
サッカー好きにとって待ちに待った4年に1度のサッカーのお祭り「2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会」がついに始まりましたね! ...続きを見る
マチルダベイビー!
2014/06/15 10:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールドカップブラジル大会 開幕戦 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる