スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 交流戦2014 ファイターズ対ジャイアンツ3・4回戦

<<   作成日時 : 2014/06/13 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月11・12日に札幌ドームで行われたファイターズ対ジャイアンツの3・4回戦を取り上げます。
 11日の3回戦はファイターズ・大谷、ジャイアンツ・大竹の先発で始まり、ジャイアンツが亀井のタイムリーで先制するもミランダの一発で同点となり延長戦へ突入、10回に片岡のタイムリーで勝ち越しジャイアンツが2−1で勝利を収めた。
 大谷はストレートを狙い撃ちされ先制を許す結果となったが、2順目からカーブを有効に使いジャイアンツ打線を抑えた。だが7回表の投球で足をつったのか降板、前回の走塁での影響がまた出たのかなぁ?
 増井がファイターズでは誤算になるのかなぁ?

 12日の4回戦はファイターズ・浦野、ジャイアンツ・笠原の先発で始まり、3回以降は笠原が途中で降板するなど点の取り合いの様相となった。
 しかし6回にジャイアンツは近藤のファンブル、長野が走り挟まれる間に亀井がホームを踏むというプレーがあったが、この前に中田が阿部がランナーということで緩慢なプレーをして単打なのに阿部を1塁から3塁まで行かせてしまうという出来事があった。
 6回裏に久保が捕まりピンチとなったが、無失点に何とか抑えると以降はジャイアンツの一方的な展開となり11−2でジャイアンツが勝利した。
 しかしこの2連戦はファイターズは小谷野が元々いないという事情があったことに加えて陽が11針縫う怪我で登録抹消ということで不利になったなぁ。それだけでなく4回戦はファイターズの捕手である市川が若手ゆえのミスが出てしまったのも痛かった。
 でもジャイアンツがファイターズに4連勝するとは主っても見なかったなぁ。

採点は3回戦は6回表までと10回はTBSラジオ、間はテレビ朝日、4回戦はTBSラジオ
3回戦ラジオ
実況:林正浩。特になし。 6.0
解説:佐々木主浩。さすがに最後の原采配(10回裏2死から山口から香月にスイッチ)は首を捻っていたなぁ。 6.0
リポート:ファイターズ・川畑要一(北海道放送)、ジャイアンツ・新タ悦男。特になし。 5.5
インタビュー:されたのは片岡。特になし。 5.5 

3回戦テレビ
実況:三上大樹。清水だと思っていたら三上が出て来るとは思わなかった。思ったよりかは良かった。 6.0
解説:工藤公康、前田智徳。二人の息が噛み合っているのかいないのか。 5.5
リポート:ファイターズ・谷口直樹(北海道テレビ)、ジャイアンツ・斉藤康貴。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0

4回戦
実況:新タ悦男。特になし。 6.0
解説:元木大介。市川の若さゆえの動きと元木自身が鈍足ゆえの中田の緩慢プレーの指摘は良かった。元木が得意とする捕手の読みは当たったかなぁ。 6.0
リポート:ファイターズ・渕上紘行(北海道放送)、ジャイアンツ・林正浩。特になし。 5.5
インタビュー:されたのは亀井、勝利監督のアーは林正浩。特になし。 5.5
 
 昨日の12日にNEWSポストセブンの記事で永谷脩の死去を私は知りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
交流戦2014 ファイターズ対ジャイアンツ3・4回戦 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる