スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ソチパラリンピック

<<   作成日時 : 2014/05/08 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 3月7日から16日までソチパラリンピックが行われた。参加45カ国、5競技72種目、参加人数約550名で行われた。
 日本からは20名が参加。少数精鋭と書かれていたがバンクーバー大会で銀メダルを獲得したアイスレッジホッケーが出場出来なかったこともあり少なかったのであるが...
 日本は金3、銀1、銅2という結果であった。
 金は狩野亮がアルペンスキー男子滑降座位とスーパー大回転座位の2つ、鈴木猛史がアルペンスキー男回転座位であった。
 銀は森井大輝でアルペンスキー男子スーパー大回転座位。
 銅は鈴木猛史がアルペンスキー男子滑降座位、久保恒造のバイアスロン男子7・5キロ座位。
 入賞は19あった。
 アルペンスキーの健闘が目立ったが、五輪同様棄権も目立った。
 メダル争いはロシアがメダル総数80(金30、銀28、銅22)と地元開催とはいえダントツでトップで、2位のドイツのメダル総数15(金9、銀5、銅1)を相手にしない圧倒振り。日本は7位。
 開会式や閉会式では俺が思っていたほど障害者を使ったプログラムは少ない感じではあったが、それでもパラリンピックらしくあった。また開会式では集団行動で清原伸彦の指導のものがあった。閉会式ではテトリス開発国ということでそのプログラムもあったりと五輪と違ったロシアらしさは出ていた。
 また出来島桃子の不可解な周回騒動もスルーすることなく触れていた。サッカーでも一方に優位にしてしまった場合に他で調整するようなことがあるからなぁ。W杯予選の日本対豪州戦での例がある。

採点はNHKEテレもしくは総合テレビ
開会式(3月8日午前1時から3時12分まで生中継、NHK総合テレビ)
実況:山田賢治。この大会で初めて聞く名前であったが、Eテレの福祉番組であるハートネットTVの司会者として活躍しているアナウンサーである。開会式の中継では音声が結構抑えられていたようであるが、ハイライト番組では結構絶叫していたんだなぁということが伺えた。またハートネットTVでは日によっては毒蝮三太夫を相手にしなければいけないこともあるのか、出演者の相手はそれなりにしていた。 5.5
ゲスト:為末大、佐藤真海、宮崎恵理。しかし宮崎はメッカという言葉をここで使うのには驚いた。この15年くらいメディアではイスラム巡礼以外で使うということがはばかれたのに... 5.0
カメラワーク:特になし。 6.0
 唯一の現地からの中継であった。

ダイジェスト初日(3月8日午後3時05分から50分、NHK総合テレビ)
スタジオ:與芝由三栄、吉木りさ。與芝はバンクバー時は工藤と一緒にしていたのに、都落ち感がしていた。吉木の登場意義がよくわからん。 5.0
 開会式のハイライト、大会の見所、茂木健一郎と為末大との対話等が放送された。

2日目ダイジェスト(9日午後4時から30分間、NHK総合テレビ)
スタジオ:與芝由三栄、川端絵美、夏見円。この日から競技別のスタジオ解説者が登場した。どうでもいいが川端は偉い貫禄がついていた。 5.5

3日目ダイジェスト(10日午後8時から30分間、NHKEテレ)
スタジオ:與芝由三栄、皆川賢太郎、夏見円。特になし。 5.5

4日目ダイジェスト(11日午後3時40分から4時05分までNHK総合テレビ)
スタジオ:與芝由三栄、為末大、夏見円。為末は現地から山田ナよりも一足先に登場していた。 5.5

5日目ダイジェスト(12日Eテレ午後8時から半まで)
スタジオ:山田賢治、為末大、川端絵美、夏見円。特になし。 5.5

6日目ダイジェスト(13日総合テレビ午後3時123分から42分まで)
スタジオ:山田賢治、為末大、森真弓、夏見円。森は車いすカーリングでの解説で、スタジオ解説だけでなくハイライト解説も担当していた。 5.5

7日目ダイジェスト(14日Eテレ午後8時から半まで)
スタジオ:山田賢治、為末大、皆川賢太郎、須藤悟。アルペン鈴木のぶっちゃけインタビューがあった。 5.5

8日目ダイジェスト(15日総合テレビ午後3時05分から35分まで)
スタジオ:山田賢治、為末大、夏見円、二瓶詠一。二瓶はスノボークロスでの出演でハイライト解説も担当。この日よりエンディングで頑張れニッポンと応援丸出しがなくなった。この日で出来島の誘導ミスを取り上げていた。 6.0

9日目ダイジェスト(16日総合テレビ午後3時05分から35分まで)
スタジオ:山田賢治、川端絵美、夏見円。大会CEOによる総括インタビューが流れた。 6.0

最終日ダイジェスト(17日総合テレビ午後3時05分から35分まで)
スタジオ:山田賢治、與芝由三栄、吉木りさ。最終日ということで山田に加えて山田がいなかったときの司会である與芝も最終日だからなのか合流、吉木は式典日に登場ということでいいのかなぁ? 5.0

ハイライト実況:酒井博司(2日目、4日目)、塚本貴之(3日目、8日目、9日目)、早瀬雄一(5日目、6日目、7日目)。2日目の酒井は練習感丸出しであった以外は特になし。 2日目の酒井5.0 それ以外6.0
ハイライト解説:横澤高徳、井上真司(アルペンスキー)、佐藤志郎、長田弘幸(クロスカントリー)、長田弘幸(バイアスロン)、森真弓(車いすカーリング)、二瓶詠一(スノボークロス)、須藤悟(アイスレッジホッケー)。何でそこでという紹介があったりしたが、ハイライトだったしなぁ。 5.5
カメラワーク:6日目の車いすカーリングですイーピングが無かったのは痛い。それ以外は特になし。 車いすカーリング5.0 その他6.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
山田賢治は以前は大相撲担当(ラジオ幕内前半実況レベル)、甲子園の高校野球も何回か担当しているはずです。
ナベチン
2014/05/09 00:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソチパラリンピック スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる