スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成26年夏場所4日目から6日目

<<   作成日時 : 2014/05/27 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大相撲夏場所パート2は4日目から6日目まで取り上げます。
 4日目は稀勢の里が初場所に続いて碧山に敗れる一番があり、これは横審に悪印象を抱かせ、場所後にこの一番はといわれていた。
 鶴竜も遠藤に敗れて横綱として初黒星となり、初の金星供給となった。
 また前半最後には豊真将と栃乃若の一番が物言いがつき結局栃乃若が勝ったが、審判長の井筒親方の説明がメチャクチャで、その後のいい訳として豊真将を応援していると発言、同じ一門どころか弟の部屋の力士だからなぁ、いい訳として何とかなるだろうということなのかなぁ?
 5日目は4連勝できていた安美錦が稀勢の里に敗れて、5連勝で序盤を終えたのは白鵬ただ一人となった。安美錦は稀勢の里に敗れたことで大関・関脇全員から白星はなくなった。初日に栃煌山、2日目は豪栄道、4日目は琴奨菊と下していたのに。初日は変化での白星ということであったが、観客席の女性から安美錦は悪くないという声が出ていた。
 白鵬は宝富士にあわや?という場面があり、ラジオで解説してた北の富士が冷や汗をかくということがおきた。でも白鵬が勝ったので九州場所の吉田賢&琴錦のようなことは起きなかった。
 6日目は行司がすっぽかして東の力士の入場が遅れるというアクシデントがあった。関脇以上の上位は安泰であった。またテレビ中継では琴欧洲が出演していた。

採点はNHKラジオ第一(後半戦のみ)
4日目
実況:吉田賢。特になし。 6.0
解説:竹縄親方(元関脇・栃乃洋)。ラジオ初解説であったが、春日野部屋の智恵袋だけあったかなぁ。 6.0
リポート:向正面・厚井大樹、花道・太田雅英。特になし。 5.5
インタビュー:刈屋富士雄。安美錦に遠藤のことを聞いていた事が色々とあったが、NHKアナと安美錦ということもあるのかなぁ?それと安美錦は日馬富士が4月から大学院に通い始めたことで若手も見習って勉強しないとというコメントを残した(ただしオチとして安美錦は俺はもう無理、勉強したくないと発言していたらしい)というのはないかぁ。 5.5

5日目
実況:佐藤洋之。何とか北の富士を取りまとめたなぁ。 6.0 
解説:北の富士勝昭。宝富士は絶対勝てない発言をしてあわやということで冷や汗ものであったなぁ。 5.5
リポート:向正面・沢田石和樹、花道・三瓶宏志。特になし。 5.5

6日目
実況:刈屋富士雄。特になし。 6.0
解説:舞の海秀平。特になし。 6.0
リポート:向正面・厚井大樹、花道・沢田石和樹。特になし。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成26年夏場所4日目から6日目 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる