スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ野球2014 巨人対広島2回戦

<<   作成日時 : 2014/04/09 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 巨人対広島2回戦が東京ドームで行われ5−1で巨人で勝利した。
 巨人・セドン、広島・大瀬良の先発で始まった。2回にロペスの2ランで巨人が先制、その後のチャンスで追加点はならなかった。
 広島は6回1・3塁のチャンスを逸すると、7回に橋本の一発で巨人は3点目、8回は今村からアンダーソン、村田と連続アーチが出た。
 9回は広島はセドンに相性がいい菊池のヒットを足がかりに廣瀬のタイムリーで1点返し、セドンの完封&完投を阻止したのが精一杯だったかなぁ。最後は西村が井端の好守もあり抑えた。
 セドンは昨シーズン韓国で14勝を挙げて最多勝投手になったことで注目を浴び、今季初登板となった。オープン戦ではよろしくなかったようであったが、遊び球もなくポッポ投げて9回2死まで投げていた。
 15奪三振を奪い金田正一と桑田真澄の持つ巨人投手の最多奪三振16には及ばなかったが、毎回奪三振を奪った。
 大瀬良はルーキーで昨年は大学生ながら侍ジャパン入りして投げていたことでも話題となった投手でもある。今村との同級生かつ長崎県でしのぎを削った間柄にあった二人のリレーとなったが、仲良く?2発を浴びた。
 2時間半チョイで試合が終わってしまった。

採点はニッポン放送
実況:煙山光紀。序盤は探り探りだった感じであったが、途中で石田アナからのリポートを受けるなどして大瀬良を理解していったようであった。 6.0
解説:若松勉。特になし。 6.0
リポート:巨人・山内宏明、広島・石田充(中国放送)。石田が大瀬良の投げる球のリポートがあったおかげで何とかなった部分があった。RCC向けには石田は3連戦リポートということでいいのかなぁ? 山内5.5 石田6.0
インタビュー:ヒロインのアーは田辺研一郎(日本テレビ)。セドンは降板には納得していたようだったなぁ。勝利監督のアーは新谷保志(日本テレビ)。 5.5
 今季初めてのショーアップナイターの採点であったが、ヤギはビック・マサの登板の実況のためまだアメリカにいるんだなぁ。明日LFでは田中の登板試合をデビュー戦に続いて中継するという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ野球2014 巨人対広島2回戦 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる